nowの意味

今さらですが now は「今、現在」という意味の副詞ですね。

Longman で調べると at the present time と説明されています。

しかし、「今」といっても「今」が示す範囲というのは主観をともなうもののようです。

これも同じく Longman に載っていた文です。
Just leave your shoes on the back porch for now.

for now = for a short time
と説明されています。

for now は口語では頻繁に用いられますね。
この for は期間を表す for ですが、これに now をくっつけて for now にすると、「さしあたって、今のところは」という意味になりますよね。

上の意味は「今のところは裏玄関のところに靴を置いときなさい。」となるでしょう。
しかし、それが30分なのか3時間なのかは言った本人にしかわかりません。

思ったのですが、英語の now と日本語の「今」という感覚がとても似ているような気がしています。

両者とも、ある一定の幅をもった時間を指していて、その時間というのは個人により考え方がまちまちなところ、ある種いい加減な感覚が now であり「今」ではないかと思いました。

ただそれだけの話なんですが、英語と日本語で発想が同じだなと思うことがときどきあるんです。

たとえば「恋に落ちる」は英語では fall in love と言いますよね。

このように全く同じ感覚が英語と日本語にあるような気がして。。。
now も似ているなと思ったのです。
そう思ったことって皆さんはありませんか?

ついでながら for now を英辞郎で調べました。

そしたら for now girl という表現が真っ先に出てきてびっくり。
意味は「とりあえずキープしておくだけの女、当面[差し当たって]の女、いっしょにいるのはいいけど結婚したいとまでは思わない女」ですとぉ。

本当にこんな言い方するんですか?
私は初めてききました。

またまたついでに表現パターンも載っていました。
(just [good, enough, good enough]) for now girl

もうええっちゅうねん、と思いつつ
for now girl があるんだったら for now boy ももちろんありかしら?

って私は思ったんだけどな。(^^)
# by ladysatin | 2013-03-19 21:52 | 語法_English Usage | Comments(0)

今日は完了形のトピックです。

下記は英検1級用の単語集に載っていた文らしいですが、油断すると解釈を間違えてしまうような tricky な文です。

It took Andy so long to pluck up the courage to ask Susan for a date that she had begun thinking that he wasn't interested in her.

見てわかる通り so…that の構文ですね。
pluck up the courage to ~ 「勇気を出して~する」

意味は以下の通りです。
アンディがスーザンをデートに誘う勇気を奮い起こすのにとても時間がかかったので、スーザンはアンディが自分に興味がないのだと思い始めていた。

そこで以下のような質問をされた方がいました。
なぜ she began thinking の過去形ではなく she had begun thinking・・・と大過去を使うのでしょうか?事柄が起こった順番から考えると、「アンディがスーザンをデートに誘う勇気を奮い起こすのにとても時間がかかった」ことの方が「スーザンはアンディが自分に興味がないのだと思い始めていた」より過去ではないでしょうか?

このご質問者は「アンディがスーザンをデートに結局誘わなかった。」と解釈したのでこういう疑問が生まれたのですね。

It took Andy so long to pluck up the courage to ask Susan for a date
この箇所はどう解釈したらよいでしょうか。。
正しい解釈は「アンディはスーザンをデートに誘った。」になります。

●It takes... の少し簡単な例で考えてみましょう。

It took me 30 minutes to solve the problem.
「その問題を解くのに30分かかった。」
結論として問題を解くことができたという解釈ですね。
30 minutes を long time に置き換えても、結論は変わりません。

次に例文でも同じように解釈できます。
It took Andy so long to pluck up the courage to ask Susan for a date
アンディはスーザンをデートに誘うのに時間がかかったものの、結果としてデートを申し込んだのです。

そして大過去になる理由は...
長いこと勇気が出ずデートに申し込まなかったのですが、例えば1月14日にデートを申し込みました。しかし、彼がデートに誘った1月14日の時点では、スーザンはすでに、彼は自分に興味がないのだと思っていました。(おそらく彼女はデートに誘われて、驚いたと思います。)つまりアンディが自分に興味がないと思い始めたのは1月14日より前なんです。だから大過去が使われているんですね。

ついでながら大過去でなく、ただの過去形だとどうなるかというと。。。
It took Andy so long to pluck up the courage to ask Susan for a date that she began thinking that he wasn't interested in her.
「アンディがスーザンをデートに誘う勇気を奮い起こすのにとても時間がかかった(結局デートに誘った)ので、スーザンはアンディが自分に興味がないのだと思い始めた。 」となり、デートに誘ったにもかかわらず、興味がないと思い始めたことになり、意味が破綻してしまいます。

やっぱり過去完了を使わなければ意味がとれない文ということになります。

-----------------------------------------
追記 & 訂正)2015年10月30日

本記事につきまして round 先生からご指摘を受けました。
私の解釈には誤りがございます。申し訳ありません。

had begun は大過去ではなく、過去完了です。

It took Andy so long to pluck up the courage to ask Susan for a date that she had begun thinking that he wasn't interested in her.

この英文はご覧の通り、so…thatの構文です。
理由 → that → 結果 という流れですから、「アンディがスーザンをデートに誘う勇気を奮い起こすのにとても時間がかかった」のが先です。その結果、「スーザンはアンディが自分に興味がないのだと思い始めた。」という解釈が正しいです。

had begun は、過去における完了なので、学校英語で習う完了形の訳し方でいうならば、「思い始めてしまった」となるでしょう。だから大過去ではありません。

-----------------------------------------

ところで、なぜ私がこんな読み間違いをしてしまったのかも、反省として書いておきたいと思います。

普通は so…that の構文であることがわかれば、どっちが先に起きたことかは明確なのです。しかし、私はそこをスルーしてしまいました。その理由は、「アンディはスーザンをデートに誘った」と早合点してしまったからです。

上の例文
It took me 30 minutes to solve the problem.
「その問題を解くのに30分かかった。」
これは、結論として問題を解くことができたという解釈になります。

そこで私は、これと同様に考えて
It took Andy so long to pluck up the courage to ask Susan for a date
この文から「アンディはスーザンをデートに誘った」と解釈してしまいました。

しかし、アンディがスーザンをデートに誘ったなどとはどこにも書いてありません。「勇気を奮い起こした」ということまでしかわからないんですね。ここは大きな見落としであったと反省しています。しかし、それでもやはり、so…that の構文だと考えたら、どういう流れかわかりそうな話なんです。恥ずかしい間違いですが、自戒を込めて記録しておきます。

この記事をお読みくださった皆様には、大変申し訳ありませんでした。

以下、round 先生のコメントも是非お読みください。
# by ladysatin | 2013-03-18 21:15 | 英文法_English Grammar | Comments(3)