訳詞の世界 ~ Godzilla – Blue Oyster Cult (和訳)

めずらしく旬のニュースに乗ろうかと。

ゴジラと言えば、私は Blue Oyster Cult を思い出します。
アメリカのハードロックバンドです。

Godzilla は1977年のアルバム Spectres に収録されています。
すごくカッコいい曲なんですよ。

実際のゴジラ映画では使われたことがないのが残念。

あ、でも松井秀喜さんが使ってた。
New York Yankees に入団した2003年の入場曲と言えば、思い出す人もいるかな。



この映像は曲とマッチしてナイスです。
2:15~日本語のナレーションが入っています。
(是非聞いてみて。)


Godzilla
Written by Donald Roeser

With a purposeful grimace and a terrible sound
He pulls the spitting high-tension wires down

何かを企てたかのようなゆがんだ顔
悍ましい音を轟かせ
火花を散らせながら高圧線をもぎ倒す

Helpless people on subway trains
Scream, bug-eyed, as he looks in on them

地下鉄にはなすすべのない人々
奴が彼らを見下ろすと
脅威におののき泣き叫ぶ

He picks up a bus and he throws it back down
As he wades through the buildings toward the center of town

拾い上げたバスを放り投げる
ビルを破壊しつつ街の中心へと向かう

Oh, no, they say he's got to go
Go, go, Godzilla (yeah)
Oh, no, there goes Tokyo
Go, go, Godzilla (yeah)

きゃあ~!ヤメテ~!
ゴジラだー!
東京に向かってるやん!
はよ逃げんと!

--- こっからなぜか日本語 ---

臨時ニュースを申し上げます
臨時ニュースを申し上げます
ゴジラが銀座方面に向かっています
大至急避難してください
大至急避難してください

--- 日本語ここまで ---

History shows again and again
How nature points out the folly of man
Godzilla

歴史は繰り返し教える
人間の愚かさを指摘するのは自然であることを

------------------------------------------------------------

特に解説は ... ないです。(笑)


訳詞の世界 ~ Godzilla – Blue Oyster Cult (和訳)_f0307478_23343424.gif

Commented by marucox0326 at 2024-03-14 22:25
おお!こんな曲があったとは。
知りませんでした。
今見るとゴジラの動きがなんか可愛いい。
映像は60年代のものですよね。
子供の頃TVでたまたま見た記憶があり、
凄く怖かったのに。
ゴジラスーツを着た人、大変だったみたいです。
Commented by ladysatin at 2024-03-17 21:49
marucox さん
こんにちは。^^

ゴジラは1954年から始まったみたいですね。
たくさんシリーズ化されていますが、中身はあまり知らないんです。
この曲を聴いたときは海外でも有名なんだなと驚きました。
初期のゴジラは動きがぎこちなくてかわいいですね。
今見ても特撮の技術が素晴らしいと思います。
Commented by Southern Man at 2024-04-01 21:39 x
ladysatin 様

邦楽・洋楽を問わず、ladysatinさんの守備範囲の広さには、いつもながら驚かされます。私はBlue Oyster Cultのアルバムは一枚も持っていないので、「Godzilla」は初めて聴きました。ただ中学生の頃、たぶんNHKだったと思うのですが、テレビで見た彼らのライブでの派手な「Born to Be Wild」は、今でも強烈な印象として記憶に残っています。

ご存知の通り、「Born to Be Wild」は映画『イージーライダー』で使用されたSteppenwolfの代表曲です。バンド名がカッコよかったで、中学生の時、その由来となったヘルマン・ヘッセの『荒野のおおかみ』を読んだのですが、当時は作品への理解が覚束ず、後年に再読してやっと、混沌の中で自己の在り方を模索していた、’60年代後半を反映したネーミングだったと分かった次第です。

バンド名に痺れた割には、「Born to Be Wild」以外の曲はあまりピンとこなかったのですが、フロントマンのJohn Kayがソロ名義でリリースしたアコースティックな2枚のアルバム、『Forgotten Songs and Unsung Heroes』(1972)と『My Sportin' Life』(1973)はとても気に入っていて、今でもよく聴きます。今回のお薦めはその中からの一曲です。ladysatinさんの遊び心溢れる怪獣「Godzilla」の選曲に倣って、密造酒を飲んだ酔っ払いの歌「Moonshine (Friend of Mine)」を聴いてみて下さい。
Commented by ladysatin at 2024-04-03 20:15
Southern Man さん
こんにちは。

Blue Oyster Cult は日本ではあまり売れませんでしたが、私は大好きでよく聴きました。
Born To Be Wild は Steppenwolf の EP 版が家にあったので幼いときからよく知っています。
YouTube の ROCKIN' 1000 というチャンネルがあるのですが、その中でもやっていました。
いかにもアメリカ的です。壮観でした。

Moonshine 聴いてみますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ladysatin | 2024-03-13 23:36 | Music & English_1 | Comments(4)