訳詞の世界~Company - Rickie Lee Jones

本日の訳詞の世界は Rickie Lee Jones の曲を選んでみました。

早く大人になりたかった私が、背伸びをして買ったのが Rickie Lee Jones のデビューアルバムでした。

1979年のこと。

どの曲もカッコよくて、毎日ターンテーブルに乗っていたことを思い出します。

その中から Company という曲をご紹介します。

この曲を聴くまで、Company に「会社」以外の意味があったことを知りませんでした。

辞書を引いて新たな意味と出会うことによって、私は英語へのさらなる好奇心をかきたてられました。

こんなことの積み重ねが今の私を作っています。



このサムネイルはアルバムのジャケットの写真です。
素敵だったなあ。

----------------------------------------------------------------------------
Company
Written by Alfred Wayne Johnson / Rickie Lee Jones

I'll remember you too clearly
But I'll survive another day
Conversations to share
When there's no one there
I'll imagine what you'd say

あなたのことを忘れることはないでしょう
色あせることなく...
だけど私は日々を生きていかなくては

交わした会話
ひとりのときは
あなたの言葉に思いをめぐらすことでしょう

I'll see you in another life now, baby
I'll free you in my dreams
But when I reach across the galaxy
I will miss your company

生まれ変わってまたあなたに会いたい
私の夢の中で自由にしてあげるね

でも私が銀河を渡ってたどり着いたら
あなたがいないことを寂しく思うでしょう

Company
I'll be looking for company
Look and listen
Through the years
Someday you may hear me
Still crying for company

一緒にいてくれる人
そんな人を私は探しているでしょう
そうよ
年月が経ち
いつかあなたは聞くかもしれないわ
ひとりは寂しいって泣いている私の声を

So now you're going off to live your life
You say we'll meet each other now and then
But we'll never be the same
And I know I'll never have this chance again
No, not like you

今あなたは立ち去ろうとしている
あなた自身の人生を生きるために

また会うときもあるさって言うけど
私たちはこれまでと同じではなくなるわ
私にはもうこんな日々は訪れないとわかっているの
あなたといた日々のようには

So, I'll see you in another life now baby,
I'll free you in my dreams
But when I reach across the galaxy
I will miss your company

生まれ変わってまたあなたに会いたい
私の夢の中で自由にしてあげるね

でも私が銀河を渡ってたどり着いたら
あなたがいないことを寂しく思うでしょう

Company
I'll be looking for company
Look and listen
Through the years
Someday you may hear me
Still crying for company

一緒にいてくれる人
そんな人を私は探しているでしょう
そうよ
年月が経ち
いつかあなたは聞くかもしれないわ
ひとりは寂しいって泣いている私の声を...

----------------------------------------------------------------------------

久しぶりに聴いたら泣けた...。

さて company という単語について少し解説。

「会社」という意味の company は可算名詞なのですが、不可算名詞の用法があります。
今回の company は不可算名詞の用法で、「仲間」とか「一緒にいること」の意味で使われています。

●Longman には when you are with other people and not alone とあります。
「あなたが他の誰かと一緒にいて、一人ではない」場合を指す言葉。
それが company です。

例文
Rita’s husband is away for the week, so I thought I’d go over and keep her company (=be with her so that she doesn’t feel lonely).
リタの旦那さんが一週間留守にするから、彼女が寂しくないように一緒にいてあげようと思った。

この文の keep her company には「彼女が寂しくないように = so that she doesn’t feel lonely」という思いが含まれています。

ジーニアス英和大辞典も調べてみました。

●company 不可算名詞の用法
1. (...) と同席すること、同行、付き合い、交際
I really enjoyed your company.
ご一緒(お話)できて本当に楽しかったです

She loves the company of children. (= She loves being with children.)
彼女は子供を相手にするのが好きだ

I’m never bored with my own company. (= I’m never bored (with) being alone.)
私はひとりだけでも(だれもいなくても)決して退屈しない

2. 仲間、友達、連れ(個人をさすこともある)
as company
仲間として、連れとして

get into [keep] bad company
悪友仲間に入る(と付き合う)

He is good [poor] company
彼は付き合って面白い(面白くない)人だ

●似ている単語に accompany があります。
accompany は動詞で「一緒に行く、同行する、付き添う」という意味です。
The boy was accompanied by his parents.
その子は両親に付き添われていた。

余談ですが、昔 Bad Company というバンドがいて、私はてっきり「悪徳会社」だと思っていたんです。へんてこりんなバンド名を付けたもんだと。それが Rickie Lee Jones の Company がきっかけで Bad Company は「不良グループ」の意味なんだって知りました。

ではこのへんで。

また次回お会いしましょう。

訳詞の世界~Company - Rickie Lee Jones_f0307478_20473956.gif

Commented by Southern Man at 2022-05-23 17:39 x
ladysatin 様

Rickie Lee Jonesを取り上げられるのは二回目ですね。「Company」は“Love”や“Shine Your Light on Me”といった言葉が一度も出てこない、奥ゆかしいラブソング。“訳詞には訳者の心情が表れる”というのが私の持論ですが、ladysatinさんの“愛”対する所懐を垣間見たような気がします。

彼女がデビューして四十年余り。この曲を収録したアルバム以降は、メインストリームとは異なる場所での活動でしたが、その希有な存在感はアーティストを魅了するアーティストといわれていますね。ジャンルを問わないカバー・アルバムを四枚出していますが、私の好きなThe BandやNiel Youngの曲の解釈には驚嘆しました。

現在のお仕事の切っ掛けを作ったのが洋楽だったのですね。〈好きこそ物の上手なれ〉という諺がありますが、誰もがそうなることは出来ません。その努力に敬服いたします。お忙しいようですが、これからも細く長く、想い出の曲を取り上げてくださることを願っています。

さてお薦め曲ですが、前回気に入って頂けたので、今回もLarkin Poeにしました。十一月に発売する、『Blood Harmony』というアルバムからの先行リリース曲、「Bad Spell」です。甦り、炸裂する'70年代のリフに、肺腑を突かれます。ブルース・ハードロックを超えた、ヘビメタ・ブルースの降臨といった感じです。お楽しみ下さい。
Commented by ladysatin at 2022-05-26 00:37
Southern Man さん
コメントをありがとうございます。

Rickie Lee Jones のデビューアルバムは全曲素晴らしかったです。アルバムの邦題は「浪漫」でした。ジャケットの雰囲気にマッチしていて、よいタイトルだったなあと思います。

今の仕事のきっかけは確かに洋楽ですね。小学生の頃から聴き始めていて、中学生になって英語が教科に入ってから、私は初めて自分に自信が持てるものが出来ました。いつかは英語で食べていきたいと思っていましたが、大学卒業後は銀行員になったので、その時点で英語は過去のものになりました。めぐりめぐって、今、翻訳家として仕事が出来ているのは不思議な気がします。

Bad Spell を聴きました。本当に70年代にタイムスリップする感覚ですね。Larkin Poe が70年代にデビューしていたら、間違いなくスターになっていたと思います。前回も書きましたが、女性ボーカルの声が抜群にいいです。ロックボーカリストが憧れるような声の持ち主です。ちょっといないですね。この声は。まだ若いと思うので、これからもっとうまくなるでしょう。私も注目していこうと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ladysatin | 2022-05-06 00:59 | Music & English_3 | Comments(2)