訳詞の世界~River – Joni Mitchell

久しぶりに訳詞の世界。

Joni Mitchell はこのブログでは The Circle Game を随分前に訳したので、これで2回目。

River は 1971年に発表された Blue というアルバムに入っています。
もう50年前の曲です。

調べたらこの曲は 670名のプロのミュージシャンがカバーしているそうです。

何度聴いても飽きることがない、折りに触れて聴いてしまう。
私にとってはそんな曲です。

Joni Mitchell の曲はこれからもずっと聴き続けていくと思います。



冬の寒い日に、暖かい部屋でコーヒーを飲みながら聴くのがおすすめ。
年のせいか涙腺が弱くなる今日この頃...。
------------------------------------------------------------------------
River

Written and performed by Joni Mitchell

It's coming on Christmas
They're cutting down trees
They're putting up reindeer
And singing songs of joy and peace
Oh I wish I had a river I could skate away on

クリスマスになるとやってくる
もみの木を切って
トナカイを飾りつけ
喜びと平和の歌をうたう

川があればいいのに
スケートをして遠くに行けるのに

But it don't snow here
It stays pretty green
I'm going to make a lot of money
Then I'm going to quit this crazy scene
Oh I wish I had a river I could skate away on

でもここでは雪は降らない
ずっと緑のまま

お金を稼いで
こんなめちゃくちゃな生活から抜け出さなくちゃ

川があればいいのに
スケートをして遠くに行けるのに

I wish I had a river so long
I would teach my feet to fly
I wish I had a river I could skate away on
I made my baby cry

川があればいいのにってずっと思ってた
そうすれば自分の足に飛び方を教えてあげられる
川があればスケートで遠くにいけるのに

私は大切な人を悲しませてしまった

He tried hard to help me
You know, he put me at ease
And he loved me so naughty
Made me weak in the knees
Oh, I wish I had a river I could skate away on

彼は私を助けようと懸命だった
彼といると安心できた
彼の愛し方は荒々しくて
私はすっかりとりこになっていた

川があればスケートで遠くにいけるのに

I'm so hard to handle
I'm selfish and I'm sad
Now I've gone and lost the best baby
That I ever had
I wish I had a river I could skate away on

私は扱いにくくて
わがままで惨めな女
自分から離れて
今までで一番大切な人を失った

川があればスケートで遠くにいけるのに

Oh, I wish I had a river so long
I would teach my feet to fly
I wish I had a river
I could skate away on
I made my baby say goodbye

川があればいいのにってずっと思ってた
そうすれば自分の足に飛び方を教えてあげられる
川があればいいのに
スケートをして遠くに行けるのに

私は大切な人にさよならを言わせてしまった

It's coming on Christmas
They're cutting down trees
They're putting up reindeer
And singing songs of joy and peace
I wish I had a river I could skate away on

クリスマスになるとやってくる
もみの木を切って
トナカイを飾りつけ
喜びと平和の歌をうたう

川があればスケートで遠くにいけるのに...

------------------------------------------------------------------------

River のカバーを YouTube で色々聴いていたら、Linda Ronstadt のバージョンを見つけました。
すごくいい。Linda も River を歌っていたなんて。なんか感激する。
Joni も Linda も病と闘っていると思ったらまた泣けてきた。



f0307478_01355048.gif

Commented by RRExpress4 at 2019-10-22 23:19
訳詞の世界に登場する題材を拝見するに、硬派ながら繊細な女性シンガー・ソングライターがお好きなんですね。私は女性シンガーというと、デボラ・ハリーとか、ジョーン・ジェットとか、男性の視線も込みで選んじゃうので、ちょっと違う路線に行ってしまいます。
正直ジョニ・ミッチェルは名前はもちろん存じてますが、能動的に聴いたことはありません。タイトルは知らないけど聴けばああ、という曲は多分いくつもあるのでしょう。
リンダ・ロンスタットは私の女神のひとりでした。一時期どうしちゃったのってぐらい太って、失望より本気で心配していたんですが、最近ツイッターで、ジャクソン・ブラウン(これまた時代の人)と一緒に写った写真を見たら、だいぶ痩せて持ち直したようにも見えました。
最近、オークションで手ごろな値段の中古レコードのセット売りがあったので購入したら、キャロル・キングが4枚も入っていたんですよ。「タペストリー」も入っていました。これまたあんまり熱心に聴いたことがなかったのですが、これを機会にじっくり聴いてみようかなと思います。
Commented by ladysatin at 2019-10-25 04:46
RRExpress4 さん
コメントをありがとうございます。私は自分の感性に合うアーティストが好きです。硬派かどうかはあまり考えたことがありません。

Joni Mitchell の曲は日本人の発想では思いつかないものが多いです。今回の River の中に I could skate away on というフレーズがありますが、カナダのアルバータ州の大自然が背景にあって、その中で生きてきた人だからこそ唐突でなく詞に入れることができたんだろうと思います。

Linda の曲はまだ訳詞をしていませんが、いずれアップしたいと思っています。もう彼女は歌うことができません。本当に大好きだったので、素晴らしい歌声をもう聴くことができないのがとても悲しいです。
Commented by Southern Man at 2019-11-10 21:16 x
Always on My Mind
ご無沙汰しております。コメントは無精をしていますが、ブログは折に触れて拝見させていただいています。

Joni Mitchellの名盤『Blue』からの選曲ですね。何十年ぶりでしょうか、棚から取りだしてじっくりと聴きました。音楽に浸るとは、この様なアルバムのことをいうのでしょうね。Sneaky Peteが奏でるスティール・ギターが、控えめながらも効果的に入る 「California」が大好きだったことを想い出しました。自身の体験への深い洞察、身の回りの出来事から掬い上げる自己の存在理由。ミュージシャンがアーティストと呼ばれた、'70年代初頭のシンガー・ソングライターの時代。彼女は、その象徴だったように思います。

忘れてはいないが、想い出すこともない。そんなモノクロームの記憶を、“訳詞の世界”は淡い水彩画のように想い出させてくれます。帰宅途中の地下鉄の階段で旧友と邂逅し、近くのカフェで昔話に花を咲かせるように……。今回も感謝です。

追記
サンタクロースがアキオに乗っているのを見て閃きました。今回のお薦め曲はEaglesの「Please Come Home for Christmas(邦題:ふたりだけのクリスマス)」です。Charles Brownというブルース・シンガーのカバーでしたが、シングル盤のみの発売で当時は話題になりましたよね。三年続けてのクリスマスソングになりますが、時節柄お許し下さい。
Commented by ladysatin at 2019-11-11 05:02
Southern Man さん
お久しぶりです。寒くなってきましたね。

River は大好きな曲で、いつかは訳そうと思っていました。とても切なくなる詞です。ずっと前に観た You’ve Got Mail でこの曲が効果的に使われていたのを思い出します。Blue は本当に名盤。私も California が大好きです。これも昔の話ですが、何とかこの歌を歌いたいと思って必死で練習していたことがあります。とても Joni のようには歌えませんでしたが、詞は丸暗記したので今もスラスラと口に出して言えるんですよ。

昔はよかったとはなるべく言わないようにしているのですが、情報があふれている今と、アーティストの感性がそのまま曲に反映されていた時代とでは、比較することすら意味のないことのように思えます(抽象的な表現ですみません)。

Please Come Home for Christmas は初めて聴きます。多くのミュージシャンがカバーしているようなので、有名な曲なんでしょうね。私はクリスマスソングを自分から求めて聴かないので、Southern Man さんから毎年ご紹介いただく曲を聴くくらいです。ほかにも良いクリスマスソングがあったら教えてくださいね。
Commented by Southern Man at 2019-11-15 17:08 x
「承知しました」と即答したいのですが、実は私も、クリスマスソングを意識して聴いたことはありません。定番や題名からすぐに分かる曲もありますが、やはり何らかの想い出や、気に入った曲をお薦めしたいので、棚から引っぱり出してあれやこれや聴いてみます。最近、大物ミュージシャンが発売したクリスマスソングに、とても良い曲がありました。見つからなかったら、来年はこの曲をお薦めしようと思います。クリスマスキャロルをこの人らしくアレンジしていて、長年の愛好者には聖夜にピッタリの曲です。楽しみにしていて下さい。
Commented by ladysatin at 2019-11-15 22:05
はい、いつでも楽しみにしております。
隠れた名曲がたくさんありそうですね。(^_^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ladysatin | 2019-10-22 01:17 | Music & English_3 | Comments(6)