近況

今年に入り、次から次に仕事が舞い込んできて、収拾がつかない状況になりました。久しぶりに土日休めることになり、今ぼーっとしている状況です。

なんでこんなに忙しくなったのかは、取引先を増やしたのが理由なのですが、こんな状況になるとは思いもせず…。仕事をいただくのはありがたいことですし、自分を評価していただいていることも身にしみて感じているので、期待に沿うべく引き受けてきましたが、さすがに物理的に不可能なレベルになりました。

大体もっとセーブして、断るという選択をすればよいのですが、つい「次がなかったらどうしよう」という不安が頭をよぎってしまうのと、断るということ自体に罪悪感があって、つい引き受けてしまうのです。でも無理なものは無理。次がなかったら私なんてその程度だと割り切ってやっていこうと思っています。そうしないとストレスと疲労で押しつぶされてしまいそうですから。

このところこんな感じだったので、ブログの更新も難しい状況でした。

ストレスと言えば、このブログでもストレスが溜まっていることがあります。私が過去に書いたある記事に、色んなサイトに誘導する書き込みが頻繁に送られてくるようになったのです。コメントは全てロシア語で、サイトもロシア語のサイトです。それはいかがわしいものもあれば、単なるネットショップみたいなものもあります。IPアドレスの逆探知をすると、やはりロシアからのものです。

困ったことに、そのIPアドレスを拒否設定しても、別のIPアドレスから異なる誘導サイトの紹介コメントが来て、また拒否しても拒否しても同じことの繰り返しなのです。全てロシア、全て私のある特定の記事だけです。何なんだろうこれ?思い切ってその記事を削除してアップしなおそうかと考え中です。機械的に送られてきているような気もします。

さて、ばたばたしていたので、オリンピックもほとんどスルーしましたが、フィギュアスケートだけは見ました。もう遠い昔の話になってしまい、旬を逃してしまいましたが、ひとつだけ書きたいことがあったんです。金メダルをとったアリーナ・ザギトワ選手のエキシビションなんですけど、あの美少女がトラのつなぎで出てきたとき、私、とっさにある映画を思い出したんです。1980年代に当時の美人女優がでていた映画です。さて、その映画とは何でしょうか?

この話、エキシビジョンのあとブログに書きたかったんですが、今頃になってしまいました。つまんない話ですみませんが、わかった方、是非、コメントをお寄せくださるとうれしいです。(コメントが付かなかったらヒント出します~ 112.png

今日は、英語の話はなしで失礼します。Sorry…
次回は訳詞の世界でお会いしましょう。


音楽もあの映画の雰囲気...。

あっ、YouTubeでないと見れないみたい。
またまた Sorry...

----------------------------------------------------------------------------

では正解を... 107.png

アリーナ・ザギトワ選手のエキシビションを見て、私が連想した映画は、1983年の Cat People という映画でした。たぶん誰も当ててくれないかなあと思っていましたが、Southern Man さんが当ててくださいました。テーマソングは David Bowie の Putting Out Fire です。YouTube で見つけたので貼りますね。


これ見ていただいたら、ザギトワ選手と何故リンクしたかわかっていただけるかも。



主演のナスターシャ・キンスキーが、3:40頃から黒豹に変身します。

このシーンは怖かった~。


上の動画ではナスターシャ・キンスキーがどんだけ綺麗だったかわかりにくいと思うので写真も貼り付けておきます。


このかたが、ナスターシャ・キンスキー。ドイツ人の女優さんです。

f0307478_00190860.jpg













絶世の美女です。


余談ですが、その頃私は Duran Duran の John Taylor に熱を上げていたんですが、John が、ナスターシャ・キンスキーが好みだと言っていたのを音楽雑誌で読んで 撃沈 でした。103.png


f0307478_19343754.jpg



















この方が John Taylor

カッコよかったときの写真 104.png


Commented by domani2015 at 2018-03-23 17:26
どうも、初めまして。同業者です。ほんと、この業界って仕事を増やそうと思えばいくらでも増やせるんですよねえ。それだけ需要があるんでしょうね。お気持ち、よーくわかります。体を壊さぬよう、頑張ってくださいね。トラの映画って、有名な作品なんですか?
Commented by ladysatin at 2018-03-23 19:53
domani2015 さん
初めまして。。コメントをありがとうございます。

同業者の方でしたか。私は社内翻訳の期間が長く、フリーになったのは2年半ほど前なんです。仕事は大変ですが、初めての分野の仕事も多いので、とても勉強になっています。今日納品した仕事は2週間に渡るものだったので、終わった途端、放心状態になりました。

映画の件ですが、正確にはトラではないですがほぼ同じといってよいかと。そこそこ有名な映画でした。テレビでも金曜ロードショーみたいな番組で、何度か放送されています。さて、どなたが正解してくださるか楽しみです。

domani2015 さんのブログも拝見いたします。
ありがとうございました。
Commented by Ataron at 2018-03-24 00:42
今晩は、お仕事大変そう、無理せず上手く乗っていって下さい。 映画は判らないよう、アバターしか思いつかなかったです。

で、ロシア文字の宣伝コメント、私のとこも時々入ります。 多分同じやつです。 医薬品とかが多い。 何年も前に書いたわりと良く見られていた記事の2~3に限って送られて来ます。 もっと頻回だと対策するんですが、たまにだから気にしてません。 心配要らないと思いますが、気になるならExciteの質問コーナーの奥に問い合わせメールアドレスがあるので、そこで質問されると良い対策を教えてくれるかも知れません。 記事を下すのは勿体ないです。

では、失礼します。
Commented by Southern Man at 2018-03-24 01:18 x
夜更かししていたら再び映画のクイズを出されていたので、矢も楯もたまらずコメントしてしまいました。ladysatinさんが思い起こした映画は『キャット・ピープル』ではないでしょうか。たしか、猫族のナスターシャ・キンスキーが黒豹に変身する物語だったと朧気ながら記憶しています。

今回は取るものも取り敢えずなので、お薦め曲を用意できなくてすみません。
Commented by ladysatin at 2018-03-24 23:45
Ataron さん
ご心配ありがとうございます。無理しないようにします。(^_^)

Ataron さんのところにもロシア語のコメントが入るのですか。私だけじゃなかったのですね。機械にプログラムされて勝手に送ってきているように思うのですが、画像認証の数字をいれないとコメント出来ないはずなので不思議です。コメントの設定で、半角英数字のコメントを受け付けない設定にもしてみたのですが、それでも入ってきます。昨日は3通も来ていたので、思いきって該当記事は削除し、新たに URL を変えてアップし直しました。そしたら今日はピタッと収まったのでよかったです。ただ、その記事はアクセスの多い記事で、Google 検索で筆頭に上がっているものだったので、それが残念です。

明石公園の記事、読ませていただきました。もうそろそろ桜ですね。以前、明石よりの神戸市内に住んでいたので、ちょくちょく遊びに行っていました。また行きたいです。
Commented by ladysatin at 2018-03-24 23:47
Southern Man さん

ご回答ありがとうございます。

結果は…大正解です♪

すごいです。たったあれだけの情報から Cat People を導き出すなんて。たぶん誰も答えられないと思っていました。Southern Man さんにはいつも脱帽です。すぐにピンとこられたんでしょうね。

Cat People は1983年の映画でしたね。あの当時の ナスターシャ・キンスキーは美しかったですね。黒豹に変身する場面は怖かったです。最後はどうなったか忘れてしまいました。

一応、ヒントは容易していたんです。David Bowie ってきけば、誰かわかってくれるかなあと。せっかくなので Bowie の Putting Out Fire をアップしました。David Bowie ってやっぱりかっこいいですね。
Commented by Southern Man at 2018-03-25 23:08 x
正解してホッとしています。結末は、黒豹になった彼女が、愛する彼に動物園で飼育されるのではなかったでしょうか?

1980年代の美人女優というヒントで、ぴんと来ました。当時、ナスターシャ・キンスキーは、ブルック・シールズやフィービー・ケイツなどと並んで人気がありましたからね。でも、トラ? をイメージさせるのは彼女以外に考えられなくて、ファースト・シーンの微かな記憶が甦りました。別の出演作『パリ、テキサス』はDVDコレクションの中の一本です。同時代、私は『ナイン・ハーフ』のキム・ベイシンガーに、後ろめたさを感じながらも夢中になっていました。こちらのDVDは持っていませんが……。

気に入ってもらえると良いのですが、今回のお薦め曲は久しぶりに趣味に走りました。Tony Joe Whiteの『Closer to the Truth』(1991年)というアルバムに収録されている「Ain't Going Down This Time」です。何回聴いても、私を痺れさせてくれる曲です。
Commented by ladysatin at 2018-03-26 16:45
結末は確かそうでしたね。愛する彼に動物園で飼育されるなんて、なんか悲しいです。

「ナイン・ハーフ」はテレビで観ました。この映画から「危険な情事」を連想するのですが、調べたら同じ監督でした。キム・ベイシンガーはきれいでしたね。

Tony Joe White って知らない人でした。渋いです。Ain't Going Down This Time は Dire Straits の歌?って一瞬思いました。良い曲ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ladysatin | 2018-03-23 16:58 | 英語と私といろいろ | Comments(8)