My Heart Got Caught on Your Sleeve - Lucius

12月の中旬に大がかりなプロジェクトを引き受けて、昨日、やっと納品できました。B5サイズ・140ページのAV機器のマニュアルです。翻訳とDTPの一貫生産だったのでしんどかったですが、大きな仕事をやり終えたあとなので、今は充実感でいっぱいです。

その反面、ブログへのコメントバックは遅れるし、書きたい記事は書けないしで、フラストレーションがたまりました。特にコメントバックは遅くとも翌日中と決めていて、最近まで遅れたことはなかったのです。急に忙しくなったので、今後も遅れることがあるかも。だから返事が遅いなと思ったら、ladysatin は死にそうに忙しいんだと思ってくださいね。119.png

今日は年内に書きたかった記事です。

英語学習の SNS に入っているのですが(といってもほぼ幽霊会員)、そこである方と知り合いになりました。その方は米国在住の日本人です。めったにメッセージのやりとりをすることはありませんが、ある時、車を運転していたらラジオから流れてきたとのことで、すごく良い曲だから聴いてみてくださいとメッセージをいただきました。

それがこの曲 My Heart Got Caught on Your Sleeve です。Lucius というバンドですが、日本ではほぼ無名です。アメリカでも有名ではないみたいです。

曲が始まった瞬間にすっと引き込まれました。誰にも似ていないメロディ。優しく力強くただただ美しい。何よりも女性ボーカルの二人の歌声に引き付けられます。昨年は、仕事の合間に何度も聴いて、癒されていました。

ネットを探してもこのバンドについての情報があまりなく、この曲のバックグラウンドもわかりません。一応訳を付けてみましたが、難解です。雰囲気で味わいたい曲です。



まっさらな心に戻してくれるような歌声。
私の新年は、この曲で始まりました。
-----------------------------------------

My Heart Got Caught on Your Sleeve
Lucius

Don't know how to start this
No, I don't know what to say
They seem to fall out of the sky
Lost and found is all the same

どこから始めたらいいのかわからない
いいえ何を話せばいいのかわからない

空から降って来るよう
喪失と発見
どちらもなんら変わりはない

Trying to think of my heart as an ocean
Where there's room enough for things
To come up to the top
I'm counting on it sinking down again

私の心は広い海のようだと考えてみる
様々なものを抱え込むことが出来るほどの大きさ
水面にたどり着きたいと思いながら
私はまた沈んでいく

My heart got caught on your sleeve
I need it, please give it back to me
My heart got caught on your sleeve
Please give it back to me, please give it back to me

あなたに捕らわれた私の心
今必要なの
私に返してほしい
どうか…どうかお願い

Smoked another cigarette 'cause even though I quit
I'll do about just anything to pacify my own torment
The moon is full and I can hear him laughing
As he plays these tricks on me
Almost like he's cheering on my dueling joy and agony

煙草をもう一本吸ってみた
やめたとしても
私の苦しみを鎮めるためだもの
手段は選ばない

満月になると
彼の笑い声が聞こえる
私にいたずらをしかけながら
まるで私の心が
喜びと苦しみの狭間で戦っているのを励ましているかのよう

My heart got caught on your sleeve
I need it, please bring it back to me
My heart got caught on your sleeve
Please give it back to me, please give it back to me

あなたに捕らわれた私の心
今必要なの
私に返してほしい
どうか…どうかお願い

I am lost in my own home
I am lost
I am lost in my own home
I am lost

自分の家にいるのに
私は迷子になっている
私は途方にくれている

The guilt of just a thought
Can break your heart

ふとした思いへの罪悪感に
心が打ち砕かれることもある

Sometimes wish we never met
'Cause now I fear the best
Oh, I am captive in my thoughts
Surely this must be a test

私たちは出逢わなければよかったのに
そう思うときがある
最高の状態を今恐れているから

私は自分の思考にとらわれている
これは試練
そうに違いない

I hardly know your voice
And find that I am hanging on your every word
Burned inside my brain
And I must stop until we meet again

あなたの声はほとんどわからない
あなたが発するひと言ひと言は
頭の中で燃え尽きていくのに
私はそれに耳を傾け続けている
二人が再会するときまで
ここに留まらなくてはならない

My heart got caught on your sleeve
I need it, please bring it back to me
My heart got caught on your sleeve
Please give it back to me, please give it back to me

あなたに捕らわれた私の心
今必要なの
私に返してほしい
どうか…どうかお願い

Please

どうか…

-----------------------------------------

皆様の一年が良い年になりますように。

Commented by うちむきべくとる at 2018-01-12 18:43 x
ladysatinさま
今年もよろしくお願いいたします。
すてきな曲のご紹介と翻訳をありがとうございます。iTunesで調べてみたら、ヒットしました。さっそく聞いてみます。
Commented by ladysatin at 2018-01-12 23:04
うちむきべくとるさん
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
この曲は昨年出会った中で、一番心を揺さぶられた曲でした。
思いを共有してくださってありがとうございます。
とてもうれしいです。
Commented at 2018-02-04 18:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2018-02-05 01:48
Southern Man さん
お久しぶりです。My heart got caught on your sleeve を聴いてくださってありがとうございます。この歌は何だか不思議な魅力があって、何度も聴きたい気持ちになります。詞を読んで私が思ったのは、この曲は、愛する人と死別してその人のことを想う歌なんじゃないかということでした。深い悲しみに包まれた曲のような気がして、胸に突き刺さる感じがします。

Out of the Blue 聴かせていただきました。この曲好きです。たぶん知らない曲だろうと思っていましたが、何となく知っていました。The Last Waltz は映画を観に行ったのですが、その時に流れたんでしょうか。もしそれが記憶に残っていたのだとしたらすごいですね。

Out of the Blue の邦題「ブルースから逃れて」は間違いですね。ここでのブルースは音楽のカテゴリーを指していると思うのですが、音楽のブルースは Blues しかありません。Out of the Blue は、おっしゃるように「思いがけなく」の意味だと思います。

今日は仕事が早く終わったので Out of the Blue で癒されました。Robbie Robertson の声、この曲にぴったりとはまっていますね。
Commented by Southern Man at 2018-02-05 21:55 x
申し訳ありません。非公開コメントになってしまったようですね。操作をどう間違えてしまったのか。それとも、返し歌があまりに的外れだったので、フォルトゥーナの不思議な力がはたらいてくれたのでしょうか? どちらにしても、重ねてお詫び申し上げます。

愚かな自分を恥じて、小林一茶の句をひとつ。
〈春立つや 愚の上に又 愚にかへる〉

はたまた、チャーリー・ブラウンの決め台詞をひとつ。
「Good Grief!」
Commented by ladysatin at 2018-02-06 01:28
Southern Man さん
いいんですよ~。
的外れなんかじゃありません。
根底にあるのは「愛」なんですから。
気にされないでくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ladysatin | 2018-01-04 22:32 | 英語と私といろいろ | Comments(6)