Angel - Sarah McLachlan 訳詞考察(2回目)

今日は「あなた= you」と言って語りかけているのが Angel だとわかるところを解説します。

全訳はこちらにあります。読まれてない方はここからスタート。

訳詞の世界~Angel – Sarah McLachlan

Angel の語りかけに対して彼が反応します。

*************************
I need some distraction
Oh, beautiful release
Memories seep from my veins

僕には気晴らしが必要なんだ
そう、美しい解放感がね
記憶が僕の血管から染み出ていくような
*************************

この箇所ではポイントが二つあります。

★I need some distraction, Oh, beautiful release
この文では some distraction と beautiful release が 同格 になっています。
「some distraction=何らかの気晴らし」すなわち言い換えると「beautiful release=美しい解放感」という構造です。

★Memories seep from my veins
seep fromは「~漏れる」という意味です。じわじわっと記憶が血管から漏れ出すという感じでしょう。
veinは一般に血管を表す単語ですが、医学的には静脈をさします。
彼の苦しみの元は何なのかを考えると、veinをこの詞の中で使った理由がよくわかりますね。
苦しみの元とは、そう使ってはいけないものです。

************************
Let me be empty
Oh, and weightless
And maybe I'll find some peace tonight

僕が空っぽな状態に
そう、そして無重力な状態になることを許してほしい
そうすれば今夜
心の平安を見つけることができるだろうから
************************

ここで使われている Let は Let me do it. の Let と同じですから「僕を空っぽにしてください」とか「空っぽになりたい」という意味ではないです。「僕には美しい解放感が必要だから、空っぽになることを(自分に)させてください」とお願いしているのです。

※Let の第一義をランダムハウスはこう説明しています。
(阻止せずに人・動物に欲する行為を)することを許す、させてやる(allow, permit)

「してはならないことをせずにはおれない、僕がそれをすることを止めないで」という思いが凝縮されています。

次の And は「そうすれば結果として」と解釈すればいいですね。

だんだんストーリーがつかめてきたでしょうか。
私は単に直訳しているだけですが、翻訳の基本は直訳です。
辞書とにらめっこして訳してみると、真理が見えてくるという事実。
あとは自分の文法・語法の知識を総動員してがんばるのみ。

さて、いよいよ核心に迫ります。
「あなた=you」と言って語りかけているのが Angel でした。」この意味がわかるところです。

なぜそうなるのかを書いていきます。

**********************************
①In the arms of the angel
Fly away from here
From this dark, cold hotel room
And the endlessness that you fear

天使の腕に抱かれて
ここから飛び立つといいわ
この暗くて冷たいホテルの部屋から
そしてあなたが恐れる悪循環から
***********************************

①In the arms of the angel
ここの In the arms of the angel は 文ではなくて句、すなわちフレーズ なんですね。
だから「天使の腕に抱かれて」でいいですね。ほかはそんなに難しくない。

「天使の腕に抱かれて、飛び立ちなさい」と言っています。

★And the endlessness that you fear
この that は関係代名詞の目的格ですから、「終わりのない恐怖」ではなく「あなたが恐れる終わりのなさ」となります。

さらには、endless というのは、終わりのないというよりも「(鎖など、端と端がつながって)輪になっている、循環の(ランダムハウス英和大辞典より)」という意味がぴったりきます。どこへ行っても結局は元に戻ってしまうループの中。

すなわち、この場合の endlessness はまさに vicious circle(悪循環)と同義で使われていると思います。

***********************************
You are pulled from the wreckage
Of your silent reverie
②You're in the arms of the angel
③May you find some comfort here


あなたの中の静かなる幻想の残骸
そこから助け出されるわ
天使の腕の中にあなたはいるの
ここで安らぎを見つけられますように
***********************************

問題の箇所は②と③です。
まず、②の文をみてください。
You're in the arms of the angel

ここは前述の①In the arms of the angelとは違い 完全文 です。
だから①と同じように「天使の腕にだかれて安らぎをみつけられますように」と訳してはならず、完全文として訳さなければ意味が通りません。

すなわち「あなたは Angel の腕の中にいるのですよ。(安心しなさい)」が正しい解釈です。

ここのところは In the arms of the angel と歌っても字足らずにはなりません。
しかし、サラはいかなるときも必ず You're を入れて歌っています。このことからも、この一文がいかに重要な意味をもっていることがわかります。

この②を受けて③の文があります。
★語っているのが Angel であることを決定的に物語る箇所です。

③May you find some comfort here

ここで here となっています。この here は何?
その前文から in the arms of the angel のことだとわかりますね。

here であって there ではないことに注目。

この場面において
「Angel の腕の中で=in the arms of the angel」
を「ここで=here」と言える人は Angel しかいない
ですね。

Angel でない第3者が語っているのであれば、here でなく there にならなくては論理が破綻します。

here でも there でも大した違いはなさそうに思いますが、登場人物が全く違ってくるんです。ここをもし、サラが there にしていたなら。。。Angel とは別の人が語っていることになります。そして、この箇所までこなければ、Angel が語っているのだとはわからないのです。

ということで、ここでの here は Angel を解読する上で最も重要な箇所だったのです。

とてもとても奥深い訳詞の世界ですね。

次回は最終回です。
069.gif
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ladysatin | 2013-11-27 20:30 | Music & English_3 | Comments(0)