Living-in as married

フリーランスでお仕事をしていると、様々な分野の依頼が来ます。英日翻訳の場合は、未知のフレーズに突き当たることもしばしばです。少し前の記事で emails in the chain というフレーズが何のことかわからなかったというお話をしました。

今回も英日翻訳の中で出てきたフレーズをご紹介します。

先日、大手のリサーチ会社のアンケートの翻訳を引き受けました。ざっと見たところ簡単そうだと思ったのですが…。やっぱりありました。

アンケートといえば、回答者の年齢や職業に関しての質問がよくあります。その流れで婚姻関係についての質問もよくみますね。その婚姻関係の質問の選択肢にこんなのがあったんです。

What is your marital status? という質問に続いて出てきた選択肢が以下です。
下の6つの中からひとつ選びます。

1. Single/Never married 独身/未婚
2. Married 既婚
3. Living-in as married
4. Widowed 寡婦・寡夫
5. Divorced 離婚
6. Decline to answer 答えたくない

この中の選択肢を見て「何だこりゃ?」と思ったのが、3番目の Living-in as married でした。
「結婚して住んでいる」って意味でよくない?
そうだとしたら、2番の Married とどこが違うんでしょう?
あ~もしかして、結婚しても一緒に住んでない人もいるから、2番と3番に分けた?

こんなフレーズ見たのは初めてだったのであせりましたよ~。

とりあえず、英辞郎と Weblio で Living-in as married を調べてみました。
結果は何にも出てきませんでした。

色々思いをめぐらして、あ~あれかも…と思ってまた調べてみたら当たってました。
さて Living-in as married の意味は何だったでしょうか。

---------------------------------
追記)2018年11月19日

クイズにチャレンジしてくださった皆様、ありがとうございました。

早速ですが正解は「事実婚」でした。「内縁」も正解です。
事実婚は英語で de facto marriage あるいは common-law marriage と訳されます。

調べてみたところ以下の記載を見つけました。
de facto marriage
you live in as married couple but you don’t change the family register

「同棲」という回答もいただきましたが、同棲は英語で cohabitation(= living together)なので、明確に訳し分けがされています。

そこで、事実婚と同棲の違いは何?という話になるわけですが、以下のサイトが参考になります。
一部抜粋します。
---------------------------------
同棲カップルにとって、「これって結婚しているのと変わらないよね」と感じることは多いでしょう。が、同棲と事実婚の間には大きな違いがあるのです。「事実婚」であるためには、2人の間に「私たちは夫婦だ」という認識があり、周りからも「あの人たちは夫婦だよね」と思われていなければなりません。ただ一緒に暮らしているだけではダメなのです。
---------------------------------

さらに、以下のサイトによると事実婚は同棲と違い、様々な義務や責任が生じるとのことです。
こちらも抜粋です。
---------------------------------
内縁(事実婚)に認められる効果として次のことがあげられます。
①同居・協力・扶助義務
②貞操義務
③婚姻費用分担義務
④日常家事債務の連帯責任
⑤夫婦別産制と帰属不明財産の共有推定
⑥財産分与と不当破棄への慰謝料
⑦第三者の不法行為に対する救済
---------------------------------

こんな違いがあるってご存知でしたか?私は全く知りませんでした。漠然と、事実婚は同棲より一緒に住んでいる年数がある程度長いカップルに対して使うのかなと思っていました。

と言うことで Living-in as married は「(籍は入れないが)結婚したカップルとして住む」と解釈するので「事実婚」ということになるのでしょう。

ご回答くださった皆様、ありがとうございました。101.png

# by ladysatin | 2018-11-17 23:06 | 語法_English Usage | Comments(22)