in a row

このところ、日本の韓国に対する輸出管理の厳格化をめぐるニュースでにぎわっていますね。

先日のWTO一般理事会では韓国を支持する動きがなかったようです。
そのことを受けて、ロイター通信は「韓国は支持を取り付けることに失敗した」と報じました。

今回は、その英文記事が勉強になりましたというお話です。

まず見出しはこうでした。
South Korea fails to drum up support at WTO in row with Japan

この英文はどう訳しましょう。
drum up = 〔支持などを〕獲得する

South Korea fails to drum up support at WTO = 韓国は支持を取り付けることに失敗した
ここまではOKです。

実はそのあとの in row の訳を一瞬勘違いしたのです。

本文の最初では以下のように言い換えてありました。
South Korea’s bid to garner international support in a row with Japan…

garner = drum up

今度は in row が in a row と書かれていました。

あれ、in a row と言えばあれしかないじゃん。

口語表現でも in a row はよく使いますが、「連続して、続けて、立て続けに」という意味の熟語です。定番中の定番表現。そこで見出しだから不定冠詞の a は省略してあると考え、まずこれを当てはめて訳してみました。

South Korea fails to drum up support at WTO in row with Japan
韓国は日本に対し、続けてWTOでの支持取り付けに失敗した。

あれ?なんか変。韓国が支持取り付けに失敗したのはその前もだったっけ?
いや水産物の件では韓国は勝ちましたよね。

はてさて意味が通らないな~としばし考えこんだ挙句、大きな思い違いをしていたことに気付きました。

この row は、ただ単に「口論、口げんか」の意味ですね。

というのも with Japan とありますから、in a row with Japan は「日本とのけんかにおいて」という意味です。これを当てはめるとすっきりとした訳になります。

短い記事なので全訳してみます。

-------------------------------------------------------------
South Korea fails to drum up support at WTO in row with Japan
日本との紛争の中WTOでの支持取り付けに失敗した韓国

GENEVA (Reuters) - South Korea’s bid to garner international support in a row with Japan by airing its case at the World Trade Organization brought no visible dividend on Wednesday, as no other countries took the floor to support either side, a Geneva trade official said.

ジュネーブ(ロイター)-ジュネーブの貿易高官によると、韓国は日本との応酬の中、世界貿易機関でこの問題を非難し国際的な支持を取り付けようとしたが、水曜日に目に見える結果を得ることはできなかったとのことだ。どちらかの国の支持を表明しようと議論に参加する国はなかったという。

South Korea is protesting against Japan’s plan to remove it from a list of countries that face minimum trade restrictions, and brought the issue to the WTO’s General Council. After Japan’s ambassador rejected Seoul’s complaint, no other countries weighed in, the official said.

韓国は、貿易上の制限が最も少ない国のリストから日本が韓国を外す計画に抗議しており、この問題をWTOの一般理事会に持ち込んだが、この高官によると、日本の大使が韓国側の抗議を一蹴したのち、仲裁に入った国はなかったとのことだ。
-------------------------------------------------------------

あと青文字の箇所は重要な表現だと思うので、追記します。

drum up は先にも書いたように「(支持などを)獲得する」という意味の熟語ですが、本文では garner で言い換えられています。両方ともうろ覚えだったので、この際しっかり記憶したいと思います。私なんかだと日本語で「獲得する」を訳すとすれば、acquire とか obtain みたいな簡単な単語をつい選んでしまいそうです。拡張の高い表現がさらっと使えるようになりたいものです。

bid 〔~しようとする・~を得ようとする〕努力
air 〔意見や不満などを〕述べる、公表する、さらけ出す
dividend 「配当金」が本来の意味ですが、ここでは「好結果」で良いと思います。
take the floor 討論に加わる
weigh in 割って入る、介入する、仲裁に入る

以上です。
旬の話題だったので急いで書きました。

f0307478_224579.gif




ついでながら、日本政府は8月2日にも、安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する方向で調整しているとのことです。

ではまた。

# by ladysatin | 2019-07-28 01:58 | 英文精読_Reading | Comments(6)