Short Message

2016年がもうすぐ終わりますね。

今年は忙しい一年でした。年末も仕事が入っています。

ブログの方は忙しさにかまけて、あまり更新できませんでした。
記事数はたったの23個でした。ちょっと寂しいですね。

その一方で、コメントをくださる皆さんとのやりとりは楽しかったです。
温かなコメントをくださる方、英語の質問をくださる方、また楽しい話題で和ませてくださる方々、いつもありがとうございます。

来年はもう少し文法や語法についての記事をじっくり書きたいです。

今回はこのブログを振り返って色々書いていたのですが、なかなかまとまらず来年書くことにしました。
短いメッセージですみません。

どうか皆様、良いお年を。

来年も宜しくお願いいたします。

------
追記1)
今日は黒豆を煮ました。おいしすぎです。
私が作る料理はおいしいと評判なのです。(たまには自慢したいのだ。)

明日は紅白を見ながら恋ダンスを踊ります。❤

----
追記2)
Southern Man さんからの素敵な冬の贈り物



Winter Song by Chris Rea
# by ladysatin | 2016-12-30 21:59 | Comments(8)

先日、用事があって外出した際、段取りが狂い時間をつぶさなくてはならなくなりました。そこで映画館に入ったのですが特に観たいものもなく、どれでもいいかと思って目についたのが、「君の名は。」でした。

大ヒットのアニメだとは知っていましたが、興味もなかったので期待もせずに鑑賞しました。観終わって、面白かったというより、色っぽい作品だなと思いました。こんな感想もった人って私ぐらいかもしれませんが、性的な描写は全くないのに色っぽい。セクシーじゃなくて色っぽい。私には三葉と瀧の関係が、いい感じに色っぽくて余韻がよかったです。

いくつかの場面は話の展開が荒いと思いましたが、最後に三葉と瀧が会うシーンは、胸がぐっときました。何年も心のどこかで待ちわびていた人に会えたんですもの。やっとね。

それでこの映画を観終わって、ふと思い出した歌がありました。

ForeignerWaiting for a Girl Like You

1981年の大ヒット曲です。当時よく聞いていました。
探し求めていた女性にやっとめぐりあえたという内容の詞です。

今ごろ詞をじっくり読んでみて不思議な感覚におそわれました。
瀧の三葉への思いが描かれているような気がしたのです。

30年以上も前の曲が「君の名は。」につながるなんてどういうこと?
不思議です。何ともいえない不思議感を味わっています。
この曲を聴きながら瀧と三葉はあれからどうなったのかなって思うのです。

今日は瀧君になったつもりで Waiting for a Girl Like You を訳しました。



さすがに古さを感じる映像ですが、素晴らしい曲だと思います。メロディが抜群にきれい。
Billboard Hot 100 で10週連続2位でした。1位は Olivia Newton-John の Physical…なつかしいな。

*****************************************

Waiting for a Girl Like You
Written by Lou Gramm and Mick Jones

So long
I've been looking too hard, I've been waiting too long

長かったよ
探して探して、待ち続けていたんだ
あまりにも長い間…

Sometimes I don't know what I will find
I only know it's a matter of time
When you love someone
When you love someone

何が見つかるんだろうってわからなくなることもあるけど
時が解決してくれるってことだけはわかるんだ
誰かを愛するとき
誰かに恋い焦がれるとき

It feels so right, so warm and true
I need to know if you feel it too

本当に求めていたもの…
それはとてもあたたかくて本物だと思える
君も同じように感じているのか知りたい

Maybe I'm wrong
Won't you tell me if I'm coming on too strong
This heart of mine has been hurt before
This time I want to be sure

僕間違ってる?
強引すぎると思うならそう言ってくれないか
傷ついていたこの僕の心
今度こそ確信がほしい

I've been waiting for a girl like you
To come into my life

僕はずっと待っていたのだと
君のようなひとが僕の人生に現れるということを

I've been waiting for a girl like you
A love that will survive

君のようなひと - どんなときも生き抜く愛
それを僕は待っていたのだと

I've been waiting for someone new
To make me feel alive

生きる喜び与えてくれる未知のひと
そのひとを待っていたのだと

Yeah, waiting for a girl like you
To come into my life

そうずっと待っていたんだ
君のようなひとが僕の人生に現れるということを

You're so good
When we make love it's understood
It's more than a touch or a word we say

とても素敵な君
愛し合えばわかるんだ
触れることや交わす言葉以上のものがあるって

Only in dreams could it be this way
When you love someone
Yeah, really love someone

こんな風に思えるのは夢の中だけかもしれない
誰かを愛するとき
心の底から人を愛するとき

Now, I know it's right
From the moment I wake up till deep in the night
There's nowhere on earth that I'd rather be
Than holding you, tenderly

今僕は確信してる
朝起きた瞬間から深い夜が訪れるまで
地球上のどこにも行きたいなんて思わない
ただ君を優しく抱きしめていたいんだ

I've been waiting for a girl like you
To come into my life

僕はずっと待っていたんだ
君のようなひとが僕の人生に現れるということを

I've been waiting for a girl like you
A love that will survive

君のようなひと - どんなときも生き抜く愛
それを僕は待っていたんだ

I've been waiting for someone new
To make me feel alive

生きる喜び与えてくれる未知の人
それが君だったんだ

Yeah, waiting for a girl like you
To come into my life

そうずっと待っていたんだ
君のようなひとが僕の人生に現れるということを

I've been waiting
Waiting for you

君をずっと待ってた
ずっと会いたかった

Won’t you come into my life

僕と共に生きてくれるかい

*****************************************

本当に瀧君の声のように聞こえてしょうがないの。不思議…。

ところで Foreigner というバンドにはちょっと思い出があります。

Satin の色懺悔…あとで書きます~(^w^)
(その話を聞きたい方がいたらの話ですが。へへっ。)

See you later.
# by ladysatin | 2016-12-11 17:13 | Music & English_2 | Comments(6)