最後の記事から2か月も経ってしまいました。こんなに長く間が開いたのは初めてです。

なかなかブログを書く時間がとれない状況が続いていますが、いただいたコメントは全て拝読し、お返事を書かせていただいております。今後もお気軽にコメントをいただけるとうれしいです。

さて、今日は新しい記事を書きたくてですね。σ(^_^;)

先日、過去の記事にコメントを下さった方から、Elton John の名曲 Your Song の中のフレーズについてご質問をいただきました。

I hope you don’t mind… はどういう意味ですか?とのご質問でした。
このフレーズを皆さんはどう訳しますか?
「気にしないで」と訳す?

私はこの意味は「気分を害さないで」だと思います。

Your Song は長いこと聴いていなかったのですが、いただいたコメントをきっかけに久しぶりに聴き、詞をじっくり読んでみたら、面白いフレーズや倒置してある箇所、目的語を省略してある箇所などがあって、訳してみたいという気持ちが湧いてきました。名曲中の名曲でもありますし。

ではまず訳詞からいきます。



若いころの Elton John

**************************************************

Your Song
Written by Elton John & Bernie Taupin

It's a little bit funny this feeling inside
I'm not one of those who can easily hide
I don't have much money but boy if I did
I'd buy a big house where we both could live

ちょっと可笑しいよね
僕って心の奥で感じることを隠せるタイプじゃないんだ

お金は大してないけど、ああ、もしあったら…
大きな家を買うよ
そしてそこに君と二人で住むんだ

If I was a sculptor, but then again, no
Or a man who makes potions in a traveling show
I know it's not much but it's the best I can do
My gift is my song and this one's for you

もしも僕が彫刻家だったら…ってそれもあるわけないよね
それとも旅芸人のショーで万能薬を作る男だったらどうかな

これ大したものじゃないってわかってるんだけど
僕にできる精一杯のことなんだ
僕の贈り物は僕が書いた歌
そしてこれを君に贈ろう

And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple but now that it's done
I hope you don't mind
I hope you don't mind that I put down in words
How wonderful life is while you're in the world

皆に言っていいんだよ
「これは私の歌なの」って
とってもシンプルな歌だけど、今出来たからさ

僕は願ってる
僕が思いをしたためたことを、君が嫌じゃなかったらいいなって
どうか僕を叱らないでね

君がいるこの世界
素晴らしき人生

I sat on the roof and kicked off the moss
Well a few of the verses well they've got me quite cross
But the sun's been quite kind while I wrote this song
It's for people like you that keep it turned on

屋根の上に座って、苔を蹴飛ばしたんだ
詞の何行かがなかなかできなくて、すごくイライラしちゃったから
でもね、僕がこの歌を書いている間、太陽がとっても優しかった
太陽は輝き続けさせてくれる人達のためにあるんだ
君のように

So excuse me forgetting but these things I do
You see I've forgotten if they're green or they're blue
Anyway the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I've ever seen

ところで忘れててごめんね
でも僕忘れちゃってる
ね、グリーンだったかブルーだったか忘れてるの
どっちにしてもね、僕が本当に伝えたいのは
今まで僕が見た中で、君の瞳が一番素敵だということなんだ

And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple but now that it's done
I hope you don't mind
I hope you don't mind that I put down in words
How wonderful life is while you're in the world

皆に言っていいんだよ
「これは私の歌なの」って
とってもシンプルな歌だけど、今出来たからさ

僕は願ってる
僕が思いをしたためたことを、君が嫌じゃなかったらいいなって
どうか僕を叱らないでね

君がいるこの世界
素晴らしき人生

**************************************************

訳詞は以上です。
ここから考察をしたいと思います。

この曲の詞は Bernie Taupin が書いています。Elton John の曲の多くはこの方の詞によるものですね。私の大好きな Candle in the Wind もそうでした。


Your Song の特徴は、押韻が多用されていることだと思います。押韻の箇所は、ピンクとブルーでハイライトしています。きれいですね。一箇所だけ song done だけ韻が踏まれてないようなので色をつけてませんが、これも韻に入るんでしょうか。明らかに発音が違うと思うのですが、n の音だけは一致していますね。押韻について詳しい方がいらっしゃればご教示くださいね。


ここから気になる箇所を見ていきます。

まず最初のところ。

--------------------------------------------

It's a little bit funny this feeling inside

I'm not one of those who can easily hide

ちょっと可笑しいよね
僕って心の奥で感じることを隠せるタイプじゃないんだ

----------------------------------------------


この箇所ですが、 this feeling inside は次の行の hide の目的語と考えて訳しました。目的語をあえて前に出すパターンはよく見受けられます。「ちょっと可笑しいよね」と言ったのは this feeling inside のことではなくて、this feeling inside を隠せるタイプではない自分のことを言っているのだと思います。


Or a man who makes potions in a traveling show - それとも旅芸人のショーで万能薬を作る男だったらどうかな


potion という単語は知りませんでした。Longman にはこうあります。

potion: a drink intended to have a special or magical effect on the person who drinks it, or which is intended to poison them


magical とあるので、不思議な力をもった薬のようです。もう少し調べると、前回の記事で取り上げたWordReference.com で質問上がっているのを発見。さすが、頼りになるサイトです。


こちらになります。


これによると、サーカスなどの旅芸人のショーで、全ての病を治す薬を作っている人がいたそうです。アメリカでは potions と言わず、snake oil というらしいです。怪しげな万能薬のことのようです。


--------------------------------------------

I hope you don't mind

I hope you don't mind that I put down in words

How wonderful life is while you're in the world


僕は願ってる

僕が思いをしたためたことを、君が嫌じゃなかったらいいなって

どうか僕を叱らないでね


君がいるこの世界

素晴らしき人生

--------------------------------------------


ここでの mind は「気分を害する」という解釈に至りました。辞書には「気にする」という意味もあることはあるのですが、「僕が言葉にして表現したことを気にしないで」では意味が通らないように思います。


自分の思いを歌にしてまで相手に届けたいという彼の気持ちの表れではないでしょうか。「僕の気持ちはもちろん君は知っているよね。それなのにわざわざ歌にまでするなんて、君に叱られちゃうかな。どうか叱らないでね。」という思い、そして「好きだから言葉にしたんだけど、君に気に入ってもらえなかったらどうしよう。」という彼の臆病な心が、I hope you don't mind を繰り返しているところから垣間見えるようです。「どうか、どうかお願い」という感じです。


I hope you don’t mind の意味を質問してくださった方とのやりとりは、以下の記事の下の方にあります。

http://ladysatin.exblog.jp/21254976/


あと I put down in words の目的語なんですが、私は最初 How wonderful life is while you're in the world だと思いました。形だけを考えると、それ以外にありません。しかし、How 以下は独立した文と考えるのが妥当だと考え直しました。となると、目的語は省略されていることになります。

では何が省略されているのか。

ここで省略されている目的語として考えられるのは、冒頭の this feeling inside しかありません。

this feeling inside を隠せるタイプではない、だから、this feeling inside を言葉にして表したと考えると自然です。


--------------------------------------------
I sat on the roof and kicked off the moss
Well a few of the verses well they've got me quite cross
But the sun's been quite kind while I wrote this song
It's for people like you that keep it turned on

屋根の上に座って、苔を蹴飛ばしたんだ
詞の何行かがなかなかできなくて、すごくイライラしちゃったから
でもね、僕がこの歌を書いている間、太陽がとっても優しかった
太陽は輝き続けさせてくれる人達のためにあるんだ
君のように
--------------------------------------------

they've got me quite cross cross の解釈が大切だと思います。cross にはたくさんの定義がありますが、ここでは形容詞として使われていて「ご機嫌ななめの、イライラした」という意味です。イライラした結果、苔を蹴飛ばしたんですね。


●get + 人 + 形容詞 - 人を...の状態にする

 例文)She got everyone excited. 彼女はすべての人を興奮させた。(ジーニアスより引用)


ひとつ今も悩んでいるのですが、
It's for people like you that keep it turned on の文頭の It が受けているものです。the sun を受けていると思っていますが、this song の可能性もありかなと思ったりもします。


--------------------------------------------
So excuse me forgetting but these things I do
You see I've forgotten if they're green or they're blue
Anyway the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I've ever seen

ところで忘れててごめんね
でも僕忘れちゃってる
ね、グリーンだったかブルーだったか忘れてるの
どっちにしてもね、僕が本当に伝えたいのは
今まで僕が見た中で、君の瞳が一番素敵だということなんだ
--------------------------------------------

この箇所はとってもニクイ演出がされてますね。
忘れててごめんねって何を忘れてたの?って思ったら、these thingsって何?
グリーンだったかブルーだったかって
they は何のこと?
4
行目も Yours から始まってまだまだ引っ張る。
そしてやっとわかるんですね。
忘れていたのは the colour of your eyes


ということで Your Song の考察はこれで終わりです。

お読みくださった皆様、ありがとうございました。182.png


これは割と最近の映像でしょうか。

Elton John の声が、若いころよりもっと温かくなっているように感じます。



# by ladysatin | 2017-06-25 01:12 | Music & English_2 | Comments(13)

先日、高校の英語の先生から「動詞の experience は that 節を目的語としてとれるか否か」についての意見を聞かせてほしいというコメントをいただきました。

こちらの記事の下の方のコメント欄にあります。
同格の that 節がとれない名詞の考察

名詞の experience が同格の that 節をとらないということについては少し前の記事で書きましたが、「(名詞ではなく)動詞の experience が that 節を目的語としてとれるのか」ということは考えたことがありませんでした。そこでいくつかの辞書を調べてみたところ、ジーニアス英和大辞典の experience の他動詞用法のところに、以下の記載がありました。

★[…だということを] 経験により知る [ that 節]


ただ例文が載っていないので、もう少しリサーチをする必要があります。そこで、以前から気になっていたサイトを使ってみようと思いました。それが WordReference.com です。

英語に関する質問があるときは、日本のサイトだと yahoo の知恵袋や英語教材大手の Q&A コーナーなどを利用する人が多いと思います。こういったサイトのボランティアの回答者の中には英語力の高い方もおられて、有益な回答をいただくことがあります。ただ回答者はすべて日本人なので、ネィティブならではの語感という点では、難しい部分が当然あると思います。

WordReference.com には、様々な言語のフォーラムがあるのですが、英語のフォーラムでは、当然ですが英語ネィティブから回答が付くことが多いです。英語ネィティブといってもレベルは様々ですが、このサイトで回答する人のレベルは高いと感じます。また、英語圏以外の人の回答も付きますが、英語で詳しく説明できるレベルの人の回答は、それだけ信頼感があります。

今回、高校英語の先生からの質問を受けて、WordReference.com で問題の件を質問してみました。ご興味のある方は以下をご覧ください。ladysatin の初質問です。
※このサイトでは Stevie_Q というハンドルネームです。アバターはもちろんハードロック女子♪ 127.png

★動詞の experience が that 節を目的語としてとれるか否かのスレッド
https://forum.wordreference.com/threads/experience-that-clause.3314766/

3名の方が詳しく説明してくださっていますね。
あともうひとつ dream の用法についても確認したいことがあり、質問してみました。

★名詞の dream のあとに続く[of doing, that 節, where [in which] 節] の使い方の違いについてのスレッド
https://forum.wordreference.com/threads/usage-of-dream-as-a-noun.3315181/

こちらは2名の方から回答いただきました。その中のおひとりから Ngram での結果を貼り付けていただき、Google Books の検索では dream の後は that 節が圧倒的に多いことがわかりました。

WordReference.com のメンバーになってわかったことですが、ここのフォーラムにはモデレーターが常駐していて、各スレッドをチェックしています。過去にあった同じ内容のスレッドを立てたり、ひとつのスレッドに異なる質問を2つ以上盛り込むとクローズされたり、他の回答者への誹謗中傷に値する内容を書き込むと追放されます。日本のサイトはこういうものが放置されているケースが多く、見苦しいと感じることが多々ありますが、WordReference.com は気分が悪くなるスレッドがないので気持ちよく利用できます。

他の方々のスレッドを読むのも勉強になります。最近見た中で面白かったのが以下です。

Long time no see は日本人の私達にもなじみ深い表現ですね。これは久しぶりにあった人に言う言葉ですがが、では手紙やメールなどで長いこと連絡をとりあってなくて久しぶりに連絡してきた人には Long time no hear でいいんでしょうか?という質問のスレッドです。

★Long time no hear は使えるかについてのスレッド

https://forum.wordreference.com/threads/long-time-no-hear.3311689/

4名のネィティブの方がほぼ同じ内容の回答をしています。とても勉強になります。

WordReference.com は日本人の利用者は少ないです。質問も回答も英語でのやりとりになってしまうからというのもあるかもしれません。でも、ライティングの練習にもなるので一石二鳥だと思います。英語を学習されている方には、是非お勧めしたいと思いました。

注意しなくてはならないのは、正解が必ずしも一つとは限らないということです。言葉は生き物ですから、ひとくちに英語といっても、世代によっても住む地域によっても意見が異なるケースが多々あります。それを踏まえた上で、こういうサイトを英語学習に上手に取り入れていけば効果的だと思います。英語力は確実にアップするのではないでしょうか。

今日は英語学習に役立つサイトをご紹介しました。
ではまた。177.png

# by ladysatin | 2017-04-28 22:08 | 英語学習のヒント_Tips | Comments(2)