昨日、Tom Petty の訃報が飛び込んできました。
またロック界のスターがいなくなってしまいましたね。

Tom Petty & The Heartbreakers というバンドは日本ではあんまり人気が出なかったのですが、アメリカではスーパースターです。グラミー賞も受賞したと思います。飾りけのないストレートなロックバンドでした。私はベストアルバムを1枚持っているくらいなので、大ファンとまではいかないのですが、今日は、Tom Petty のことを書こうと思います。というのも私が一番好きな女性アーティストと深い関係があるから。

その女性アーティストとは Fleetwood Mac Stevie Nicks です。これ前にも書いたことがあるんですよ。下の記事を読んでいただくと、私が Stevie をいかに好きかわかっていただけると思います。ちょっと恥ずかしいくらいですが、Stevie Nicks の話を始めたら徹夜になっちゃうねってくらい好きです。

Tom と Stevie の接点は、Stevie が1981年に出した Bella Donna という初ソロアルバムでした。その中の Stop Draggin’ My Heart Around(邦題「嘆きの天使」)は、Tom Petty と、Heartbreakers のギタリスト Mike Cambell によるものなのです。この曲は Stevie の代表曲の一つで、私も大好きな曲です。

この曲をきっかけに Tom と Stevie はアーティストとしての交流を深め、今日に至るまで親友であり続けたのです。だから、Stevie はTom の家族と同じくらいに、今 Tom の死を悲しんでいると思います。

今日はリスニングの練習として、Stevie が Tom について語っているものを題材として選んだのですが、実はこれ、1年ほど前にブログの記事としてアップしようとして取り組んでいたものでした。しかし、ディクテーションをしながら、1箇所どうしても意味不明のところがあって、置き去りにしていたのです。

Tom の訃報を受けた瞬間に、この未完の記事を思い出し、もう一度トライしてアップすることにしました。Stevie の Tom への想いがつまっているものだから。そして、今でなければ意味がないと思いました。



Stevie Nicks: Stop Draggin' My Heart Around (With Audio Commentary)


今回の題材のビデオです。このビデオの元は、1981年の Stop Draggin’ My Heart Around の PV です。Stevie と Tom がデュエットしています。この PV を見ながら Stevie が当時を振り返って解説しています。ちょうど10年前の2007年に作られたビデオです。Stevie がいかに Tom のことを大切にしていたかがわかります。最後に言った "Thank you, Tom. I love you, Tom." の言葉を、Stevie は今まさに、かみしめているのではないかと思うのです。

****************************************************************

1) 0:03
So, the really crazy thing about this video is, right now in 2007, I have just come off the road with Tom Petty & The Heartbreakers. For 4 months for Tom’s 30th anniversary, 27 shows I got to be on stage with the Heartbreakers, a real honorary Heartbreaker.

まず、このビデオについては実にクレイジーなことがあるの。2007年の今、私、Tom Petty & The Heartbreakers のツアーを抜けたばかりなの。4か月の間に27回のショー。Tom の30周年記念のショーだったんだけど、Heartbreakers と一緒にステージに立ってたの。本当に名誉な Heartbreaker だったわ。

2) 0:24
And this video was my first foray into being an honorary Heartbreaker. I was just reminded that this was the first video that we really ever did. Um…there was certainly video done with Fleetwood Mac, but that was always shot live. So this was the first real MTV Ask Video.

そしてこのビデオは、私が名誉なる Heartbreaker となる最初の一歩だったのよ。思い出したわ。私たちが一緒にやった最初のビデオだったわね。Fleetwood Mac のときも、もちろんビデオは撮ったけど、全部ライブの映像ばかりだったわ。だから、このビデオが、本当の意味で最初の MTV 用のビデオになるわね。

3) 0:49
I didn’t know Tom too well when we did this. So I’m looking at us right now going…let’s see, we’ve been friends for since 1980. It’s 2007, but right here we hardly knew each other. And I’m also thinking that he could’ve changed history if he’d just asked me to be in the Heartbreakers then. And we could’ve avoided all the rest of the problems with Fleetwood Mac.

このとき、私まだ Tom のことをよく知らなかったの。だから今の私達を見ると…そうね、1980年からずっと友達なのよね。今は2007年だけど、このビデオのときはお互いのことをほとんど知らなかったわ。思うんだけど、もし彼があのとき私に、Heartbreakers に入ってくれって言ってたなら、歴史が変わっていたかもしれないわ。そしたらそれ以降に Fleetwood Mac でおきた問題全部を避けることだってできてたと思うのよ(笑)。

4) 1:19
OK, um…this video was hysterical because like I said, we’ve never done a real video before and that pushes you into ‘you would be an actress’ which I always said even as a little girl I never wanted to be an actress because I didn’t think I would be a good actress.

さてと、このビデオは笑えるわよ。さっき言ったけど、本物のビデオってやつをそれまで作ったことがなかったの。でも(ビデオの中で)女優にならなくちゃいけない。私はいつも言ってたんだけど、子供の時すら女優になりたいなんて思わなかったわ。だっていい女優になれるなんて思えなかったし。

5) 1:36
So trying to pretend your feelings certain way usually doesn’t fly, but Tom and I were like doing a really good job pretending here.

自分の感情を何らかの方法で装おうとしても、普通はうまくいかないわ。でも、Tom と私はこのビデオの中でそれをうまいことやってるのよ。

6) 1:49
The words were good, too. “And you buckle with the weight of the word”, you know, it’s like we were kind of we were already on a journey to the rock’n’roll world. I don’t know if we were ready for what was to come over the next 30 years, but we’re still alive and we made it.

歌詞もよかったわ。“And you buckle with the weight of the word (そして言葉の重みにあなたは押しつぶされる)”
私たちはすでに、ロックンロールの世界へ旅しているみたいだった。その後の30年の中で起こることに準備が出来ていたかどうか。それは私にはわからない。でも二人ともまだ生きてる。そして私たちはやり遂げたんだわ。

7) 2:07
Right there, it’s an interesting little thing. See dozen jewels earring things stuck to the sides of my head. Every time I would twirled, they would hit me in the face. And it would upset me so much we had to stop filming and start again at that point. They were braided into my hair so we couldn’t get them out.

このビデオにはちょっと面白いことがあるの。見て、私の頭の両側に、宝石やらイヤリングやらたくさんへばりついてるでしょ。私が回るたびに、それが私の顔を直撃するのよ。すごく頭にきちゃって、その箇所になると撮影をストップしてやり直さなくてはならなかった。その飾り物は私の髪に編みこまれていたから、取り外すことができなかったのよ。

8) 2:36
As you can see my lip syncing, it’s the worst lip syncing I ever did. It’s good that it was the first video I ever did because I have an excuse. That’s like I know your song. I didn’t know this song, and it’s pretty obvious I didn’t know it. So I just start all this frill with Tom. And people won’t notice the horrible mistakes I’m making lip syncing.

私のリップシンクを見るとわかると思うけど、今までやった中で最悪のリップシンクだっわ。初めてのビデオでよかったわ。だって言い訳できるもの。あなたの歌知ってますって感じだけど、私この歌知らなかったのよ。見たら丸わかりよ。私は気取ってリップシンクをしたわ。Tom とね。でもリップシンクしてるときに、私ったら恐ろしい間違いをしたんだけど、誰も気づかないの(笑)。

9) 3:03
I totally didn’t know the words, but what I did know was that something big was happening here. And I knew in my heart of hearts that Tom Petty and Stevie Nick would be friends forever.

全く歌詞を知らなくてね(笑)。でもわかってたことがあった。それは何だか大きなことがここで起きているって。そして、心の底からわかったの。Tom Petty と Stevie Nicks は永遠に友達でい続けるだろうって。

10) 3:21
And if there is anything really to say about time, real love doesn’t die because Tom and I are still really really dear friends.

時間について言うことがあるとすれば、本物の愛は死なないということね。だって、Tom と私は今もなお本物の大切な親友だから。

11) 3:31
And I haven’t had as much fun on the road as I had this summer with him, both of us are now 50s, as I ever had the road ever. So what we had here never changed, and never stopped, and just continues now.

今年の夏、彼と一緒に過ごしたけど、こんな楽しいツアーは初めてだったわ。二人とも今50代だけど、これまでのツアーの中で本当に今回が一番。だから、このビデオで得たものは、決して変わらなかったし、止まることもなかったということね。今も続いているのよ。

Thank you, Tom. I love you, Tom.

ありがとう Tom 愛しています Tom…

*******************************************
終わり

大体は聞き取れたとのですが、どうしても意味不明だったところとがありました。0:43頃の "So this was the first real MTV Ask Video." のところです。私には "Ask" としか聞こえないのですが、そうなると意味が分かりません。何か意味があるんでしょうか。それとも違う単語なのでしょうか。わかった方は教えて頂けるとうれしいです。その他小さな間違いがあると思います。「ここ間違ってるよ」って気付いたところはお知らせください。すぐ訂正しますね。

★追記 2017年10月18日
 上のビデオが視聴できなくなってる。
 なんでやね~ん 145.png


# by ladysatin | 2017-10-04 21:21 | Music & English_3 | Comments(0)

90年代以降にデビューしたミュージシャンはほとんど知りません。80年代までは、新しいミュージシャンが出てくると大体チェックしていたものですが、次第に新しいものからは遠ざかってしまったようです。

Linkin Park も全く知らないバンドでした。つい最近、ボーカルの方がお亡くなりになったことが、ニュースで大きく取り上げられているのを見て、初めて知ったのです。

とても人気のあるバンドとのことなので、早速 YouTube で何曲か聴いてみました。

メロディが美しい曲が多いですね。私みたいな辛口のおばさんの心もしっかり掴んでくれる音楽でした。ボーカルの Chester Bennington の声も素晴らしいです。ということで、私も遅ればせながらファンになりました。彼が生きていたときに、このバンドに巡り合いたかったです。

Chester は何故、自死したのでしょう。
愛する妻と子を残して…。
まだ41歳だったそうですね。
富も名声も手にした彼にあった心の闇とは何だったのでしょう。
May his soul rest in peace.

----------------------------------------------------------------

今回の訳詞は Numb です。この曲は Linkin Park の代表曲のようですね。
良い曲だなと思って、是非訳してみたいと思いました。詞が素晴らしいんです。

このPV を見るだけで、Chester は繊細な人だったんだろうなってわかるような気がします。
本当に残念すぎます。



親や教師が求める自分と、なりたい自分とのギャップ
自分の identity とは何なのか
青春の日々の苦しみ
自分にしかわからない苦しみ

**************************************

Numb

Written by Mike Shinoda, Joseph Hahn, Chester Charles Bennington,
Brad Delson, Dave Farrell and Robert G. Bourdon

I'm tired of being what you want me to be
Feeling so faithless, lost under the surface
Don't know what you're expecting of me
Put under the pressure of walking in your shoes

うんざりなんだ
あなたが望む僕でいることに
神様なんていない
心が途方にくれているんだ
あなたが僕に何を期待しているのかなんて知らないけど
あなたと同じように生きるなんて荷が重すぎる

Caught in the undertow, just caught in the undertow
Every step that I take is another mistake to you
Caught in the undertow, just caught in the undertow

逆流が僕を捕らえる
逆流から僕は逃れられないでいる

僕が一歩を踏み出すたびに
あなたはそれを否定するんだ

I've become so numb, I can't feel you there
Become so tired, so much more aware
I'm becoming this, all I want to do
Is be more like me and be less like you

僕は何も感じなくなってしまった
あなたの存在も感じない
嫌気がさしてしまって
以前より一層気付く
僕はこうなるんだと
もっと自分らしくなりたい
あなたのようでなく
僕の望みはこれだけなんだ

Can't you see that you're smothering me?
Holding too tightly, afraid to lose control?
'Cause everything that you thought I would be
Has fallen apart right in front of you

僕を息苦しくしてるってわからないの?
そんなに僕をしっかり縛って
コントロールできなくなるって恐れてるのかい?
あなたが望む僕のすべてが
あなたの目の前で粉々に崩れてしまったからって

Caught in the undertow, just caught in the undertow
Every step that I take is another mistake to you
Caught in the undertow, just caught in the undertow
And every second I waste is more than I can take

逆流が僕を捕らえる
逆流から僕は逃れられないでいる

僕が一歩を踏み出すたびに
あなたはそれを否定するんだ

逆流が僕を捕らえる
逆流から僕は逃れられないでいる

僕に許される時間よりも無駄にする時間の方が多いなんて

I've become so numb, I can't feel you there
Become so tired, so much more aware
I'm becoming this, all I want to do
Is be more like me and be less like you

僕は何も感じなくなってしまった
あなたの存在も感じない
嫌気がさしてしまって
以前より一層気付く
僕はこうなるんだと
もっと自分らしくなりたい
あなたのようでなく
僕の望みはこれだけなんだ

And I know, I may end up failing too
But I know, you were just like me
With someone disappointed in you

わかってる
結局は僕も理解してもらえないんだろう
だけど知ってるよ
あなたも僕と同じように
誰かを失望させていたんだって


**************************************
訳詞は以上です。

ブログの初期の頃は、訳詞をするときは直訳が多かったです。意訳は「逃げ」なんじゃないかと思っていたのです。それが次第に、意訳も自分の中で受け入れることができるようになりました。これは私にとっての大きな変化です。私の中では直訳が基本なのは変わらないのですが、英文の構造を把握し、直訳で意味を正確にとらえた上での意訳は「逃げ」ではないと思えるようになりました。

ただ、意訳した場合は、何故そのように訳したかを出来る限り書くことにしています。今回の Numb についても、直訳では日本語が変になる箇所がいくつかあり、私なりに言い換えています。その箇所について少し書きたいと思います。あと言葉選びで気をつけたことなど。

★I'm tired of being what you want me to be - うんざりなんだ あなたが望む僕でいることに

tired の訳はいつも悩みます。tired は精神的疲労と肉体的疲労のどちらにも使いますが、ここで使われている be tired of は精神的疲労ですね。疲労を表す一般的な語は「疲れた」ですから、ここでも「疲れた」という訳でもいいと思います。私はもう少し踏み込んで「うんざりなんだ」という訳をつけました。

●Collins COBUILD に以下の記載がありました。
If you are tired of something, you do not want it to continue because you are bored of it or unhappy with it.

何かに飽きている、あるいは不満に思っているため、それが続いてほしくないときに、be tired of を使うということです。「続いてほしくない」という強いニュアンスを出したくて「うんざりなんだ」に落ち着きました。

余談ですが、私が中学生のときは 《be tired of 飽きて be tired with 疲れて》 と習いました。しかし、現代英語語法辞典(三省堂)P1107によると、今では肉体的疲労には be tired with はほとんど使われず、be tired from が普通らしいです。

★Feeling so faithless - 神様なんていない

この箇所はむずかしかったです。辞書をひくと faithless にはいくつか意味があることがわかります。ジーニアス英和大辞典には「①不誠実な、不貞な ②(人・道具などが)当てにならない ③宗教心[信念]のない」という3つの定義があります。しかし、Feeling so faithless に上の①②③を当てはめてみても、直訳だとどれもしっくりきません。ただ、③の意味で使われているのだろうとは思いました。

そこで faith の宗教的な意味合いについて調べてみると、Cambridge Dictionaryには strong belief in God or a particular religion とありました。

ということは Feeling so faithless は「神への信仰がなくなったと感じる」「神を信じることができないと感じる」という意味にとれそうです。

さらにネットを調べると feel faithless はごく普通に使われている表現だとわかりました。以下の記載を見つけました。

I feel so faithless, like God has abandoned me.
Do you feel faithless, like God has given up you?

上は一例ですが、「神に捨てられた、見放されたという思い」が feel faithless のようです。私の「神様なんていない」という訳は、このようないきさつをへてつけたものです。

★Put under the pressure of walking in your shoes - あなたと同じように生きるなんて荷が重すぎる

この箇所を直訳すると「あなたと同じ経験をするという重圧を受けている」となります。冒頭の Put は過去分詞。walk in someone’s shoes は「(人)の立場を体験する、(人)と同じ体験をする」という意味の idiom です。この箇所での意味は、おそらく「両親と同じような職業(地位)を基準に、それに恥じない行動をする」という意味ではないかと解釈しました。

★Caught in the undertow, just caught in the undertow - 逆流が僕を捕らえる 逆流から僕は逃れられないでいる

undertow を「逆流」としましたが、「(岸から返す)引き波 rip current」のことです。自分は岸に向かって泳いでいるのに、逆流に捕まって身動きが取れないということだと思います。その具体的な内容が次にあります。

★Every step that I take is another mistake to you
- 僕が一歩を踏み出すたびにあなたはそれを否定するんだ

直訳は「僕が踏み出すあらゆる一歩は、あなたにとっての別の過ちだ」となります。日本語としてはいまひとつですね。平たく言えば「僕がすることなすことあなたは気に入らないんでしょ」ってことだと思います。

★I'm becoming this - 僕はこうなるんだと

この箇所なんですが By becoming this と書かれているサイトがいくつかあったので、オリジナルとコンサートのバージョンなどをいくつか聴いてみたのです。やはり By ではなくて I’m と発音されているようです。その前の so much more aware とつながっているのでしょう。

(I’m) so much more aware (that) I’m becoming this
僕はこうなるんだとより一層気付く

「こうなるんだ」とは次のフレーズ All I want to do is be more like me and be less like you です。

ここで more like me と less like you とあります。この more と less は同じ大きさを示していると思います。つまり 減った分だけ増えるということ。たとえば、自分全体を100としたときに、僕らしい自分が今は10で、あなたの望む自分が90であるとします。これが more like me = 30になったら、less like you = 70になるということです(あなたの望む自分が20減って、僕らしい自分が20増えた)。彼の望みは more like me = 100, less like you = 0 の状態になることなんだと思います。

★And every second I waste is more than I can take - 僕に許される時間よりも無駄にする時間の方が多いなんて

直訳は「僕が無駄にする一秒一秒は、僕がかけることのできる一秒一秒より多い」となります。何のことを言っているのかわかりにくいですね。私見ですが、「このままでいけば、僕が自分の意志で使うことのできる時間より、無駄にする時間の方が多くなってしまう」ということかなと思いました。他の解釈があるかもしれません。

★And I know, I may end up failing too - わかってる 結局は僕も理解してもらえないんだろう

この箇所は「僕も結局は失敗するのかもしれないさ」と直訳していました。ただ、そうなると too は何故あるんだろうと疑問に思ったのです。too があることで「僕は」ではなくて「僕も」になります。他にも失敗する人がいたことを示唆します。誰のことを言っているのかよくわかりません。そして次のフレーズにうまくつながらないような気がします。

そこで、「わかってる 結局は僕も理解してもらえないんだろう」に変えました。fail のあとに省略されているものがあると考えました。省略せずに書くとこんな感じです。

I may end up failing too (in making you understand that I want to be myself).
直訳 - 僕が僕自身でありたいとあなたに理解してもらうことに「僕も」失敗するかもしれない

ここで「僕も too」としたのは、彼と同じ10代の若者の多くは同じ悩みを抱えているとの思いがあるからではないかと思いました。こう考えると次のフレーズ(以下の文)への展開が自然です。

★But I know, you were just like me with someone disappointed in you - だけど知ってるよ あなたも僕と同じように誰かを失望させていたんだって

上で「結局は僕も理解してもらえないかもしれない」と述べました。そのあとで「でも、あなただって僕のように、あなたの親を失望させていたって僕は知っているんだ」とつながるのです。

以上で Numb の考察は終わります。
考察はすべて私見ですので、ひとつの見方と思っていただければと思います。

お読みくださった皆様、ありがとうございました。182.png

# by ladysatin | 2017-08-20 20:33 | Music & English_2 | Comments(6)