<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新幹線のアナウンス

以前勤めていたところでは、出張が多かったです。移動は新幹線がほとんどでした。フリーランスになってからは、新幹線に乗ることもさっぱりなくなりました。先日、半年ぶりくらいに所用で新幹線に乗りました。なんだかうれしかった。

その時久しぶりに聞いたアナウンスです。

We will be stopping at Shin-Kobe station before arriving at Shin-Osaka terminal.
「新大阪に着く前に、新神戸に停まります。」という意味ですね。

さて will be stopping に注目してみましょう。

We will stop でも We are going to stop でもない。
なぜ、We will be stopping なんだろうって思いませんか。

ここでは、未来を表すのに will be stopping と表現されているのです。

ということで、今日は未来表現について少しだけ書いてみたいと思います。

新幹線のアナウンスで使われている will be stopping は、形の上では未来進行形になりますが、ここに進行の意味はありません。

これについて現代英文法講義では、以下のように解説されています。
--------------------------------------------------
個人の意思とは無関係に、自然の成り行きで(as a matter of course)出来事が起こるという意味を表す。この場合は、進行相の含意はない。ひと口で言えば、<予定>を表すとしてもよい。(引用ここまで)
--------------------------------------------------

この記載でいえば「自然の成り行きで(as a matter of course)」というのがポイントかなと思います。

① We will be stopping at Shin-Kobe station before arriving at Shin-Osaka terminal.
この文では、Shin-Kobe しか書いていませんが、他にも駅名を入れることができます。

①’ We will be stopping at Kokura, Hiroshima, Okayama and Shin-Kobe stations before arriving at Shin-Osaka terminal.
つまり、新大阪に着く前に、小倉、広島、岡山、新神戸に、自然の成り行きで停車しますよということが言いたいのです。

では、その他の未来表現を使うとどうなるんでしょう。
思いついただけでもこれだけあります。↓

② We are stopping at Shin-Kobe station.
③ We will stop at Shin-Kobe station.
④ We are going to stop at Shin-Kobe station.
⓹ We are to stop at Shin-Kobe station.
⑥ We stop at Shin-Kobe station.

それぞれのニュアンスの違いを考えてみたいと思います。

② We are stopping at Shin-Kobe station.
この文は近接未来を表しています。「まもなく新神戸に停車します。」という意味です。

これについて現代英文法講義には、stop という動詞の性質に切り込んだ記載があります。

まず、動詞には、大きく分けて状態的動詞と非状態的動詞があり、非状態動詞は完結的動詞と非完結的動詞に分けられます。さらに、完結的動詞は瞬時的動詞と非瞬時的動詞に分けられます。そして、同書には、瞬時的動詞の例として jump、非瞬時的動詞の例として stop の例文が上げられています。

引用します。
----------------------------------------------
He was jumping for joy. (彼は喜んで(何度も)はね回っていた)[瞬時的]
The bus is stopping. (バスは止まりかけている)[非瞬時的]
----------------------------------------------

このように、瞬時的動詞と非瞬時的動詞は、進行形になったときに、明らかな意味の違いがあるんですね。瞬時的動詞の jump が反復を表すのに対し、非瞬時的動詞の stop は「…しかけている」という意味になります。

また同書には「非瞬時的動詞は進行形になったとき、「推移的」(transitional)な意味を獲得する」とあります。

②の文に戻ると、「新幹線は速度を落としながら、新神戸に到着しつつある」というイメージがわいてくるのではないでしょうか。

このように見てくると、①‘のWe will be stopping を We are stopping に変えると、意味が変わるというより非文になってしまいますね。小倉、広島、岡山、新神戸の4つの駅に同時に到着しつつあるという意味になってしまうからです。

③ We will stop at Shin-Kobe station.
will を使った文は中学生のときに習いますね。
単純未来と意志未来の二通りに解釈することが可能です。

●単純未来
話者や主語の意志に関係なく、未来に起こると予測される事柄を表します。
③の will stop には、will be stopping のように「自然の成り行きで」という含意はありませんが、①や①‘を will stop にしても文として成立しますね。また、ただ未来のことを言及しているにすぎませんから、必ずしも新幹線に乗っていなくても使えます。例えば、新幹線に乗るのが今日として、1週間前の発話でも問題ないと思います。

●意志未来
話者の意志と考えると、「新神戸に停まってみせる」のような感じでしょうか。

④ We are going to stop at Shin-Kobe station.
be going to の用法については、英文法解説の記載がわかりやすいと思いました。

引用します。
----------------------------------------------
A. 近い未来の予測
通例何かが起りそうな徴候があり、その徴候から判断して近い未来に「~しそうだ」という話者の予測を表す。

B. 前もって考えていた意図
日本語の「~するつもりです」に相当し、その場で思い立ったことではなく、前から考えていた意図・計画などを表す。
----------------------------------------------

ということは、④を A に当てはめて考えると、「新神戸に停車しそうな徴候がある」ということです。どんな時に使えるかな?例えば、本来は新神戸には停車しない新幹線だけど、台風が直撃し最寄りの駅に一時停止しなくてはならなくなった場合だと be going to が適切だと思います。

B に当てはめると「新神戸に停車するつもりです」となります。例えば、ダイヤ改正で新幹線の停車駅について協議をしている場面だったら、こんな発言が出てきてもおかしくないかもしれません。

⓹ We are to stop at Shin-Kobe station.
「be to + 不定詞」は一般に、取り決めを表しますよね。この文だと「新神戸に停車することになっている」という意味になると思います。

⑥ We stop at Shin-Kobe station.
現在形の stop を使うと、確定した未来になります。変更の予定がないとき、ほぼ確実にそのことがおこる場合に使いますね。

確定した未来については、過去の記事で取り上げたことがあります。
Guns N' Roses の Sweet Child O' Mine の有名なくだりで、Where do we go? が繰り返し出てきます。
この Where do we go? の正体こそ、確定した未来なのです。

よかったら参考までに。→ Sweet Child O' Mine - Guns N' Roses 訳詞考察(2回目)

------------------------

今回は、新幹線のアナウンスをきっかけに、未来の表現について考えてみました。

ではまた。001.gif
by ladysatin | 2016-09-25 20:12 | 英文法_English Grammar | Comments(2)

Otherwise

皆さんがお持ちの電化製品には、どれにでも取扱説明書がついていると思います。

取説をめくると、まず「安全上のご注意」が記載されていますね。製品によって内容は様々ですが、4ページくらい割いてあるものもあります。読んでます?たぶんほとんどの方は、「安全上のご注意」は飛ばして、使い方のページを読まれると思います。

「濡れた手で触るな」とか「熱くなったら電源を切る」とか、まあ当たり前でしょって思う注意文が延々と書かれていて、あまり読む気になれませんよね。でもあれってメーカー側には記載義務があるんですね。「安全上のご注意」が記載されていないと、「製品欠陥」の扱いを受け、製造物責任法=PL法(Product Liability Law)に抵触してしまう可能性があるんです。

その「安全上のご注意」ですが、もちろん英語バージョンもあります。英語では Safety Precautions が一般的な呼び方です。取説の翻訳では、この Safety Precautions の中身を訳することも多いです。生死にかかわる内容もあるので、心して正確に訳さないといけません。

今日はその中からちょっとだけ、私が訳する場合のこだわりについてお話ししたいと思います。

日本語で例えばこんな警告文をよくみます。
●付属のACアダプターを必ず使用してください。感電のおそれがあります。

これを英文にします。
●Be sure to use the supplied AC adapter. Otherwise, an electric shock may occur.

単語の選び方は色々あります。occur を result にしてもいし、supplied は included でもかまいません。

ここで注意してほしいのは 二つ目の文の頭にある Otherwise です。この場合の otherwise は「さもなくば、さもないと、そうしないと」のような意味です。日本語は「感電のおそれがあります。」とあり、「さもないと」という表現はありませんが、英訳する場合は、裏にある「さもないと」を読み取って、otherwise で表現するというわけです。

ジーニアス英和大辞典 otherwise の2番目の用法より引用
-------------------------------------------------------------
[接続詞的に] さもなければ (or else);もしそうでなければ (if not) 《♦ (1) A が起らなければ B は起る [らない] だろうという場合に用いる。(2) 通例節の初めで用いる;関係詞節では助動詞の後または節の終りで用いる》

例文)
Help your partner whenever and whatever you can. Otherwise his or her stress will become your own.
できるかぎりいつでもどんな事でもパートナーの手助けをしなさい。さもないと、その人のストレスが自分のストレスになりますよ。
-------------------------------------------------------------

最初の取説の例文をもう少し見ます。
●Be sure to use the supplied AC adapter. Otherwise, an electric shock may occur.

この文の otherwise は use the supplied AC adapter を受けているように見えます。
つまり、「付属のACアダプターを使うということ → さもないと、感電するかもしれないよ」という展開です。

さて、ここからが問題。

次に否定の命令を使った文を作ります。
●傷んだ電源コードを使わないでください。感電の恐れがあります。

これを otherwise を使って英文を作ります。
●Do not use a damaged power cord. Otherwise, an electric shock may occur.

この英文は正しいですか?

otherwise は「さもないと」ですよね。肯定の命令文に続く「さもないと」の「さも」は、上述の英文では、「付属のACアダプターを使うこと」になります。ということは、否定の命令文に続く「さもないと」の「さも」は、「傷んだ電源コードを使わないこと」になってしまいます。

それがどうしたと言われそうですが、実は私、以前このことを考えていて、頭がこんがらがったことがあるのです。検索すると、否定の命令のあとにも otherwise は普通に使われています。でも本当に otherwise を否定の命令のあとに使えるのか、その時はまだ確信がもてませんでした。というのは、否定文のあとに otherwise を使うと「使わないのでないならば」と二重否定になってしまうからです。

ネィティブは、一回否定して、もう一回否定して、結論は肯定の意味にとるというプロセスを、頭の中で処理することに違和感はないのだろうかと疑問に思ったのです(今も疑問に思ってる)。考え方としては実にまどろっこしいと思うのです。

しかし、調べた結果、否定文のあとの otherwise の用例が載っている辞書がありました。
研究社 新英和中辞典より引用します。
-------------------------------------------------------------
[命令文などの後で接続詞的に] さもなければ

例文)
Don't be naughty, otherwise you'll get a spanking.
いたずらはやめなさい。さもないとお尻をたたきますよ。
-------------------------------------------------------------

はい、辞書に載っているということは、やはり使えるんでしょうね。
ということは、otherwise の訳「さもないと」の「さも」は、否定語も含めていると考えられますね。

●Do not use a damaged power cord. Otherwise, an electric shock may occur.
つまり、この英文における otherwise は「傷んだ電源コードを使わないのでないならば」という意味の二重否定だということです。二重否定は肯定の意味だから、「傷んだ電源コードを使うのであれば」が言いたいことです。

「そんなこと知ってたよ」という人もいるかもしれませんが、私はまだ納得していないのです。

実は私、否定の命令文のあとは、otherwise を絶対に使わない主義なのです。

その理由は、二重否定になってしまうことに強い抵抗があるから。

じゃあどうする?そこで…

上記の英文は、以下のように書き換えることができます。
●Do not use a damaged power cord. Doing so may cause an electric shock.

私は、Otherwise の代わりに、Doing so を使います。Doing so は「そうすると」の意味です。受けているのは use a damaged power cord です。否定語の not は受けていません。そして副詞の otherwise と違い、Doing so は主語をなしています。だから文自体も構造が変わってきます。

Otherwise, an electric shock may occur. (an electric shock は主語)
Doing so may cause an electric shock. (an electric shock は目的語)


この二文は意味は同じですが、私は二重否定の形をとらない Doing so の形の方が、英文として優れていると思っています。だから、否定の命令の後には、絶対に otherwise を使わないんです。ここは私の中のお約束でありこだわりです。

でもね。あるときお客様から、「肯定文のときと同じく否定文でも otherwise を使ってもらえませんかね?」って翻訳を返されたことがあるんですよ。

その時の私の反応。
「otherwise を使ってもいいですよ。ただし、それは私の翻訳ではなくなってしまいます。私はその訳文には責任をもつことはできかねますがよろしいでしょうか。」

するとお客様はこうおっしゃいました。
「ええっ。そうなんですか。いや、そこまで強い希望ではないので、そのままでいいです。」

一翻訳者の分際で偉そうなことを言っていると思われるかもしれません。しかし、私はプロとして自分の仕事に誇りをもっているので、簡単にお客様の要望に従うわけにはいかないのです。私が納品するものには、「自信をもってお使いください」という気持ちを込めています。

ちょっとした表現の違いで、どっちを使ってもいいという考え方もあります。だけど、私は言葉にこだわりたい。なぜ、この単語を使ったのか、なぜこの表現にしたのか。プロとして仕事をしている以上、すべてに答えられなければならないと思っています。

これから先もずっとその気持ちを持ち続けていたいです。
by ladysatin | 2016-09-02 13:49 | 語法_English Usage | Comments(11)