「復興」を表す英語

この記事は4年前に書いたものです。
このところ急にアクセスが増えてきたのでトップページに移動しました。

---------------------------------------------
投稿日:2012年3月1日

以前、ある方から相談を受けた内容です。

東日本大震災に関係するもので、報告書の訳文を作成しているのだが、「復興」に当たる訳語は recovery と reconstruction のどちらがいいですかというものでした。海外の文献は recovery の使用例が多く、日本人の書いた文章では reconstruction がやや多く使われているようだとのことでした。

私も一緒に考えてみました。

recover と reconstruct は synonym(類義語)になるでしょう。似ているけれど微妙にニュアンスが違います。この場合の「復興」という意味では、書く側の思い如何によってどちらでも使えそうです。

recover は「一度悪くなった状況を元に戻す、回復する」という意味で使われますね。病気から回復するときや、停電から復旧したときは recover が使われます。国の場合も震災以前の日本に回復させるという意図であれば recover でよさそうですね。

reconstruct は「損傷を受けたものを再度機能させる」という意味だけでなく、「これまでのシステムを見直し再構築する」という意味もあります。日本をより良い国にしていこう、東北を蘇らせようという強い意志、未来への希望を感じるのは reconstruct です。

日本人が書いた文に reconstruct が多く使われているのは、同じ国に住む者としての強い同胞意識の表れなのかもしれません。同じ「復興」と言っても、書く人の思いはさまざまです。英文を書くとき、どの単語を選択するかにより、その文が読者に与えるインパクトも変わってきます。

言葉の選択にこだわるということは、言葉を大切にするということでもあります。

ところで、「復興」を表す英語はほかにもありそうです。

今度は、別の人から rejuvenation はどうでしょう?という質問をいただきました。

rejuvenation...

なるほど。知的でよい表現だと思います。

類義語のニュアンスを知るには、英英辞典が欠かせません。早速 Longman のオンライン辞書で調べてみました。ジーニアス英和大辞典の定義と併記して recover, rejuvenate, reconstruct の意味を比較してみましょう。

●recover
Longman - to return to a normal condition after a period of trouble or difficulty:
ジーニアス -(人が)(通例思い病気・ショックなどから)元どおりになる、回復する

●rejuvenate
Longman - to make something work much better or become much better again:
ジーニアス -(組織などを)活性化させる

●reconstruct
Longman - to build something again after it has been destroyed or damaged:
ジーニアス -(建物などを)再建する、改築する:(国など)復興する:(組織などを)再編成する

このように見てみると、
recover + rejuvenate = reconstruct
すべて辞書に書いてあったことがわかりました。

微妙なニュアンスの違いもわかってよかった。

もうひとつおまけに「文芸復興」は renaissance ですね。

今頃気付きましたが、上記の単語全てに、「再び」を表す接頭辞 re- が当てられていますね。

他の方の質問や疑問から自分も学び、新たな知識が身につくということがあります。
こういう時ってとてもうれしいと思いませんか。
by ladysatin | 2016-04-29 13:30 | 語法_English Usage | Comments(0)

言葉の力

大好きな町。

熊本県には出張でよく行きました。

熊本、八代、玉名、人吉、宇土、そして益城にも。

「日本で住みたい場所はどこ?」と聞かれたら、「熊本」と即答するくらい好きな場所です。

理由はひとつ。

人々の優しさ。

今も思い出すのは優しい熊本の人々のこと。

私自身も阪神大震災を経験しました。被災されている方々の姿をテレビで見るたびに、胸が締め付けられる思いです。

今も余震が続く中、地震についての安易な発言はすべきではないと思っています。

今日は一つだけ書きたかった。

NHK のアナウンサーの報道がいつもと違っていました。

「お互い励まし合ってください。」
「必ず救助は来ます。諦めないで下さい。」
「小さな子供がいる方やお年寄りの方は、気を使って外や入り口付近にいることが多いです。皆さん、声をかけてあげてください。」

これまでの有事の際の放送では耳にしたことがないような、力強くそして温かいメッセージを、アナウンサーの方々が発信されていたことに、驚きと感動を覚えました。

「苦しいけれど一致団結して頑張ろう」と呼びかけているようでした。被災しテレビどころではない方々へは届かないかもしれないけれど、心が揺さぶられるような呼びかけでした。

家族が被災していてそれを遠くから見守るしかない方や、近隣の県に住んでいて揺れの大きかった地域の方々は、テレビで状況を把握するしかありません。そのような方々にとっては、心強いメッセージだったことと思います。

このことはネットでも話題になっていました。NHK では東日本大震災の震災報道をきっかけに、アナウンスについて見直しをしたとのこと。20日の放送総局長会見のときに、板野裕爾放送総局長は、「アナウンサーが気象庁や各自治体からの発表をそのまま読むだけではなく、視聴者に訴えるように語りかけることを心がけている」と説明したとのことです。

16日の晩の NHK スペシャルでの武田アナウンサーの言葉も、とても心に響きました。武田さんは熊本のご出身でもあり、今回の地震のことを人一倍心配なさっていたと思います。番組の最後に武田さんはこう言いました。

「力を合わせて、この夜を乗り切りましょう。この災害を乗り越えましょう」と。

番組の最後をきれいにまとめる言葉でなく、本心からそう言っているのが伝わりました。

「私たちもあなた方と一緒にいます。」とおっしゃっているように感じ、不安な心が安らぎました。

ありがとうございます。

心のこもった言葉は、人の心に明かりを灯してくれます。

そんな言葉を発することのできる人に私もなりたいと思います。

被災地の皆様の生活が早く元通りになりますように。
by ladysatin | 2016-04-27 00:21 | 英語と私といろいろ | Comments(8)

私の本業は日英翻訳ですが、その傍らで、時々、ビジネスメールの代筆を頼まれることがあります。

今日は、最近依頼された英文メールについて書きたいと思います。

そのメールの中で、相手先に送信する前に語法の誤りに気付いて、慌てて修正した箇所がありました。それがけっこう日本人が引っ掛かりやすいところなんです。

ということで、また皆様と共有したいと思いました。よかったらお付き合いください。

私に英文メールの代筆を依頼してきた会社を A社とします。A社は XYZ社から翻訳を含めた制作物を受注しています。英語から他言語に展開する場合、通常、A社は、自分のところで使っている翻訳会社に翻訳を依頼しています。しかし、XYZ社からその翻訳会社の質が悪いとクレームがあり、そこは使わないでくれと言われました。そこで、XYZ社から、過去に直接取引をしていた B という翻訳会社を紹介され、B社を使わねばならなくなりました。A社が B社にコンタクトをとるのは今回が初めてです。

そこで私に回ってきたのは、B社との取引開始打診のメールです。
私は A社の担当者としてメールを書くことになりました。

では、修正前の実際の英文を書いてみましょう。実際は A4に一枚程度の長さでしたが、問題の箇所はメールの最初の方にあります。そこだけ抜粋します。

-----------------------------------------
I’m sending this e-mail through our client, XYZ Corporation based in Japan. We have researched reliable translation companies over the years, and recently, we were introduced to your company by XYZ. They offer positive assessment on your company’s overall services including translation quality. If conditions are met, we would like to begin business with your company.
-----------------------------------------

下線部の箇所を見てくださいね。
We were introduced to your company by XYZ.
ここで私が言いたいことは、「当社は XYZ 社から御社を紹介していただきました。」ということです。
しかし、この英文には語法の誤りがあります。

★introduced はここでは使えませんよね。

なぜ?「紹介された」だから introduced でいいでしょう?
「紹介する」は introduce なんですからって思いません?

「紹介する」を英語にせよといわれたら、条件反射のように introduce と答えてしまう人はとても多いです。
しかし、言わんとすることによっては、使えないんですね。

なんで使えないんでしょうね。前半はここまで。

**************************************
後半にいきます。
あ~ん、もうすでに3名の方からコメントがはいっちゃってる σ(^_^;)

もう一度、文を書きます。
We were introduced to your company by XYZ.

この文自体は正しい英文なんです。文法上の間違いは何もありません。
意味は「当社は、XYZ社によって御社へ紹介されました。(当社→御社)」ということです。

一方、私が言いたかったことは「当社は XYZ 社から御社を紹介していただきました。(御社→当社)」ということなので、そもそも目的語のとらえ方が間違っていますね。「誰を→誰に」紹介するのかという矢印の向きが逆ですから、この時点でダメな英文です。

しかし、ここでの問題はそれだけではありません。
もっと大きな問題があるんです。

話を簡単にするため、会社ではなく人物を例にして書きます。
I was introduced to John by Mariko.
能動態にするとこうなります。
= Mariko introduced me to John. マリ子は私をジョンに紹介した。

この例では、「マリ子、私、ジョン」という3人の当事者がいます。
この3人は今、どういう状況なんでしょうか。

マリ子が私をジョンに紹介したとき、当事者の3人全員がその場にいます。マリ子は「この方が○○さんです」と言って、ジョンに私を紹介しました。ここから想像できるのは、私とジョンは Nice to meet you. と言葉を交わして握手などをしたであろうということです。

元の英文に戻って検討します。
We were introduced to your company by XYZ.

we = A社、your company = B社、そして XYZ社という3社が当事者になります。ここでおわかりになるかと思いますが、この文が意味するところは、過去のある時点で、A社は XYZ社から B社に紹介されたのだということ、すなわち、A社と B社は面識があるということなんです。(※A社、B社、XYZ社は組織ですが、当然、ここでは擬人化して表現しています。)

ということは、もし、この英文のままメールを送信したとして、B社の担当者がそれを読んだら、「いつ XYZ社から A社をうちの会社に紹介されたっけ?覚えがないなあ。」と思ってしまう英文なんです。初めてコンタクトをとる会社に対して We were introduced to your company なんて書くと、もう以前に紹介済みの話になるので辻褄が合わなくなってしまうんですね。

じゃあ、どうしましょってことなんですが、introduced を 別の単語に変えたらおみごとな英文になるんです。

後半第2部につづく。

**************************************
佳境に入ってきましたよ~ん。
この時点でコメント下さった方は4名になりました。
うれしいやらあせるやらですが、最後のパートにいきます。

introduced を別の単語に変えます。その単語とは…

referred でございます。

★ We were referred to your company by XYZ.
これが正しい文です。「当社は XYZ社から御社を紹介していただきました。」という意味です。
この文であれば、初めてコンタクトをとる会社へのメールで堂々と使えます。

ところで何で referred なんでしょう?

現在形は refer ですが、refer は単体ではほとんど使われず、refer to という phrasal verb として使うことがほとんどではないでしょうか。私自身も refer は to を伴った用例しか知りません。上記の文も referred to となっていますね。そして、refer は使い方が結構難しい単語です。

私が仕事上で refer to を使うのは、ほぼ決まって参照ページに誘導するときの文言としてです。
例) Refer to page 35. (35ページをご覧ください。)

では今回の英文における refer to の用法は何なのか、ここは英英辞典で確認しておきます。
Longman のオンライン辞書で referを見てみましょう。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/refer

4番目の項目が今回の用法になります。(以下引用)
refer somebody/something to somebody
to send someone or something to a person or organization to be helped or dealt with
人または物を、人または組織に送って、手助けまたは対応してもらうこと

う~む。「紹介」に相当するような言葉はなさそうです。しかし、「当社は XYZ 社から御社を紹介していただきました。」が意味することと合致します。当社は、XYZ社から B社に送られたんです。送られたのは、B社に対応してもらうことを期待してですよね。

ついでに例文も引用しておきます。
・My doctor is referring me to a dermatologist.
かかりつけの医者から皮膚科医を紹介してもらっている。

・My complaint was referred to the manufacturers.
メーカーに私の苦情を伝え対応してもらった。

ちなみに "we were referred to your company" でgoogle してみてください。
そのものズバリの用例がたくさんでてきます。

introduce についてもおさらいしておきます。こちらも Longman を見てみましょう。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/introduce

見てみると、Longman は introduce を8つの用例に分けて記載しています。
今回のメールの introduce は「紹介」という日本語が固定観念としてあるために、1番目の用法を間違って使ってしまったものです。

[WHEN PEOPLE MEET]
If you introduce someone to another person, you tell them each other's names for the first time.
この文からわかるように、当事者である you, someone & another person はすべてその場にいるんですね。

もう一つ、皆様の中で疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれないと思う用法についても書いておきます。同じく Longman の introduce の4番目の項目を見てみましょう。

[NEW EXPERIENCE]
to show someone something or tell them about it for the first time
このように「人に何か新しいことを紹介する」という場合にも introduce は使います。ということは、今回のメールはこの用例に該当するのではないかという疑問がよぎるかもしれません。つまり、この用例に則したら初めてコンタクトする相手に対しても introduce が使えるのではということです。

どうでしょう。やっぱり使えませんね。今回の件で refer を使うのは、この単語に「A社を B社に対応してもらう to be helped or dealt with」という明確な含意があるからです。

---------------------------------------------
今回の記事では、日本語の「紹介する」を introduce に直結してしまったがゆえに、おかしな英語になりましたという例をとりあげました。自分では翻訳をする際に、元の日本語は何を言わんとしているのかを常に考えなければならないと言い聞かせているつもりです。しかし、こういうミスをするということは、頭のどこかに思い込みや固定観念があるということなんですね。大いに反省しなければならないと思っています。

ほかにもこんな例はたくさんあります。例えば、「反映する」と聞いたら reflect を思い浮かべる方が多いと思います。これも要注意です。いつでも reflect は使えませんよね?という話をまたいつかしたいと思います。

今回はこれにて。
読んでくださった皆さん、ありがとうございます。 001.gif
by ladysatin | 2016-04-06 14:10 | 語法_English Usage | Comments(13)