今日は、翻訳をする上でのヒントを書いてみたいと思います。

本日のキーワード

「データで送る」

実はある人から以前受けた質問なのですが、この短い日本語を英語で短く言うにはどんな表現がいいかなあというものでした。

ああそう言えば、何気にこの言葉よく使うよなあと思いました。

紙や写真などのハードコピーではなくて、Word や PDF や JPEG のデータを送付するときに、つい使いそうな言葉です。

この場合のシチュエーションですが、ある製品のポスターの制作を業者に頼んでいて、実際に印刷した試作品を何度か送ってもらい、やりとりしていたらしいです。ポスターの色の出具合は、現物を必ず見てチェックしますからね。それで、上司のOKが出たので、印刷の手配をしなくてはならなくなりました。そこで、その業者に「そのポスターをデータで送ってほしい」と一筆書きたいのだということでした。

彼女は最初、こんな英文を書きました。
Could you send the poster by data?

「データで送る」と書きたかったから、この英文にしたんですね。日本語をそのまま英語にしたのがよくわかります。まあ、意味は通じますから私はこれでいいと思いました。上手な英文にこしたことはありませんが、日本人の書くビジネス文書です。誰も完璧など求めていません。

そのあと彼女は「いやいや by data より with data がいいかな。それとも on data?」と考え始めました。ああ、何故か前置詞に深いこだわりがある模様。(;^_^A

この「データで送る」という日本語が頭にこびりついているため「で」に相当する前置詞をあれやこれや考えめぐらしたようです。

これはおそらく多くの日本人の英語学習者のかたがそうかもしれません。どうしても日本語の「てにをは」に引きずられて英文を作りがちになります。だから、意味は通じるけどなんか変な英語になってしまうということが多々あるようです。

そうならないためには、英作文では、できるだけ自然な文にするために多角的に検討することが大切です。英文がうまくできなかったら、本来、この日本語が言いたいことは何なのかを考えてみることが大切です。そうすると、はっとひらめくことがあるのです。

さて、この場合の「データで送る」という日本語が意味することは何なのか。よく考えるとわかりますが「データ 送る」なんですね。彼女が送ってほしいものは、そのポスターが電子化されたデータなのです。

ということは、データは前置詞句でなく、直接目的語にすれば明瞭な英文ができます。

彼女の英文 Could you send the poster by data?
これの後半を書き換えて Could you send the data of the poster?

目的語が poster から data に変わりましたね。
この方がわかりやすく、ズバリ言い当てていると思いませんか。

ただ、この文にはもう少し付け加えたい気がします。ドキュメントの多くは編集用のアプリケーションを使います。少し専門的になりますが、取説だったらInDesign や FrameMaker が主流です。ポスターだったらおそらく、Illustrator でしょうか。これらのデータを送ってほしい場合があります。あとで自分たちでPC上で修整することがあるためです。

その場合は、作成元のデータを意味する original data を使って
Could you send the original data of the poster? と書けます。

また、データを PDFの形式にして送ってほしい場合もあります。そのときは、
Could you send the data of the poster in PDF format? と書くと良さそうです。

どの場合もやっぱり data が目的語です。

日本語は「データで送る」だけど、英文が書きにくい。結局、ぶっちゃけた話何が言いたいの?と考えると光が見えてきます。これは大学入試の英作文でも同じことですね。

英文を作るときは頭をやわらか~くしてね。

というお話でした。

では。(^^)
by ladysatin | 2013-07-12 07:20 | 日英 Translation | Comments(0)

お客様のための翻訳

私の勤務先は、家電や工業用機械の取説やサービスマニュアルの制作を主にやっているので、翻訳業務もその系列が多いです。こういう取説の翻訳には Trados(トラドス)という翻訳のアプリケーションを使うのですが、これがないと大量の翻訳は無理だなあといつも思っています。

Trados については翻訳者の方や翻訳者を志望している方はご存知だと思います。
またいつかの機会に Trados のことは書こうかなと思っています。

さて、今日は翻訳をしていて、これ今日の記事のトピックにしようかなと思った題材があったので、書いてみます。

仕事で以下の日本文を英文にしなくてはなりませんでした。

●microSD カードスロットのカバーを閉じていない状態で、充電池パックを無理に挿入しないでください。
 microSD カードスロットを損傷することがあります。


何だかよく目にする文ですね。パソコン関連、モバイル関連の取説に出てきそうな文言です。
さて、これをどう料理しようかと思いました。(-_-)ウーム

一番最初に思いつくのは、やっぱり直訳かな。
以下のように3つのパートに分けるといいかなと思います。

①microSD カードスロットのカバーを閉じていない状態で
②充電池パックを無理に挿入しないでください。
③microSD カードスロットを損傷することがあります。


ではやってみましょう。

①microSD カードスロットのカバーを閉じていない状態で
ここは付帯状況のwithを使うとよさそうです。すると...
With the microSD card slot cover not closed (closedは過去分詞)

付帯状況は高校で勉強しますね。
「窓を開けた状態で」 with the window open (このopenは形容詞)
「プログラムを走らせた状態で」 with the program running (runningは現在分詞)

「with + 人・物 + (現在分詞・過去分詞・形容詞)」で表します。
とっても大切な文法項目です。

②充電池パックを無理に挿入しないでください。
この構文自体は中学英語です。ただの命令形ですから素直に書けばいいですね。
do not forcibly insert the rechargeable battery pack.

③microSD カードスロットを損傷することがあります。
これも受動態のシンプルな形でいい。
The microSD card slot may be damaged.

「~することがあります」は may や can を使うと簡単。
取説では may が圧倒的に多いです。

ここまでできたら、①+②+③をそのままつなげます。
With the microSD card slot cover not closed, do not forcibly insert the rechargeable battery pack.
The microSD card slot may be damaged.


このように二つの文がきれいにできました。
バッチリです。
素直な文です。

しかし。。。"o(-_-;*) ウゥム…

私はこの文では満足できず、構文自体をごろっと変えてしまいました。

さてなぜでしょうか?

実はこのまま使おうかなと思ったのですが、ちょっと不満な点がありました。
それは「この文は一体何を言いたいのか」ということです。
見ればわかる通り、これはお客様への注意喚起の文なんですね。

「microSDカードを閉じていない状態で」とは「開けた状態で」と同じ意味ではないですか。それなのに、なぜ、日本語を作った人は、こんなまどろっこしい言い方にしたのだろうと思ったのです。さらに、そのあと「挿入しないでください。」となっていて、否定語が2回も出てくるのがウザイですよね。

「閉じていない」「挿入しない」
こういう言いかたせずに肯定文でかきゃーいいじゃん!... と思ったのです。

なので、私は以下の文に書き換えました。

Make sure to close the microSD card slot cover before inserting the rechargeable battery pack.
Otherwise, the microSD card slot may be damaged.


この文の意味はこうなります。
●充電池パックを挿入する前に、必ず、 microSD カードスロットのカバーを閉じてください。
 そうしないと、microSD カードスロットが損傷することがあります。


元の日本文と言いたいことは同じです。しかし、書き方の違いがあるんです。
「~しないで~しないでください。」

「~してください」
の違い。

どちらがストレートにお客様に伝わるかと考えたときに、私は後者だと思いました。
お客様が知りたいのは「じゃあどうすればいいの?」ということです。
この場合は「カバーを閉めてね」ということ。

取説というのは、お客様の頭を混乱させてはいけないのです。
ストレートに「こうするんでっせ」と言われることがお客様は一番ありがたい。

確かに直訳は基本です。私は、すべて翻訳は直訳からと思っています。
しかし、改良の余地があると思ったら、意味が全く同じであれば、わかりやすい方を選ぶべきだと思っています。

きれいにちゃちゃっと英文書いてそれで終わりでもよいかもしれません。
しかし、解読に時間がかかる取説ほど読みたくないものはありません。

英語のネィティブの人が読む取説ですから、「これ、へったくその日本人が書いた英文やな~」と思われないように、出来る限りの知恵は働かせようと思います。

いつも思うのは、自己満足になってはいけないということです。
これでいいと思ったら、そこから先の成長はないんじゃないかって思う。
もっと上手な翻訳がしたいし、もっと英語と深く付き合っていきたいと思っています。

001.gif
by ladysatin | 2013-06-24 22:08 | 日英 Translation | Comments(22)

英語が大好きな皆さん、こんにちは。

今日は日英翻訳をやってみましょう。

大学入試にも使えると思うので、高校生にもチャレンジしてほしいです。

★本日のお題★
「同梱のリヤ・スピーカーとセンター・スピーカーを接続して、
ドルビープロロジック・サラウンド音声をお楽しみいただけます。」


うおぉぉ、めっちゃ難しいやん(ノ゚ω゚)ノ なんて思わない思わない。

ヒント出しますよ。^^

ドルビープロロジック・サラウンド音声・・・Dolby Pro Logic surround sound
同梱の・・・supplied, included

ヒント以上です。

実は、この英作文のポイントは「お楽しみいただけます」なのですが、この文は「お楽しみいただけます」の訳しかたで二通りの英文ができます

楽しむのは「あなた」ですから、まず素直に You can enjoy…から始まる英文ができるでしょう。

「同梱のリヤ・スピーカーとセンター・スピーカーを接続して、
ドルビープロロジック・サラウンド音声をお楽しみいただけます。」


★まず、直訳
でいきますね。

二つに分けるといいかな。
①同梱のリヤ・スピーカーとセンター・スピーカーを接続して、
By connecting the supplied rear speaker and center speaker,
②ドルビープロロジック・サラウンド音声をお楽しみいただけます。
you can enjoy the Dolby Pro Logic surround sound.

このまま①→②の順番でもいいし、下のように②→①にしてももちろんいいですよね。
You can enjoy the Dolby Pro Logic surround sound by connecting the supplied rear speaker and center speaker.

その他に、①は By の代わりに When を使った分詞構文にしてもいいでしょう。
「接続することにより」だったらByになりますが「接続して」だと[手段とも場合]とも考えられます。

この you can enjoy の文はとっても素直な英文ですから、まずこれが書けると安心。
そして、応用として違う書き方も覚えておくとすごく重宝すると思うので。。。

あと、もう1個作ってみませんか。

★次は無生物主語構文で書いてみましょう。

どうやって書く?発想の転換が必要かな?
以下のように考えてみるといいのでは。

「同梱のリヤ・スピーカーとセンター・スピーカーを接続することが
ドルビープロロジック・サラウンド音声を楽しむことを可能にする。


う~む。日本語としてはとっても固い表現ですね。
でも、英語ではこんな表現がしょっちゅう出てきます。

これも前半と後半に分けてみましょう。
③同梱のリヤ・スピーカーとセンター・スピーカーを接続することが、
Connecting the supplied rear speaker and center speaker

あれ?①とほとんど同じじゃん。
ええ、そう。でも③は①と違って主語になっているの。(゚ー゚;)

では後半にいきましょう。
④ドルビープロロジック・サラウンド音声を楽しむことを可能にする。
[A] you to enjoy the Dolby Pro Logic surround sound.

ということで、③+④で文ができちゃった。
Connecting the supplied rear speaker and center speaker [A] you to enjoy the Dolby Pro Logic surround sound.

そこでです。。。
[A] のところにピッタリあてはまる動詞を入れてみましょうという問題。

動詞は「可能にする」ですね。
[A]に入れるの何がいい?

考えてね~。。。

039.gif


では、最後はちゃちゃっと終わりましょう。

Connecting the supplied rear speaker and center speaker [A] you to enjoy the Dolby Pro Logic Surround sound.
この [A] に入る動詞は。。。

enables

でした。

★enable の定義(ランダムハウス大英和辞典より)
1. ...できるようにする(make able)、...する力(手段・能力)を与える(give power, means, or ability to)、...する資格(権限)を与える(make competent, authorize)
This document will enable him to pass through the enemy lines unmolested.
この証明書があれば、彼はじゃまされずに敵陣を通り抜けることができるだろう。

2. (行為などを)可能にする(make possible)、容易にする(make easy)
The electronic computer enables the numerical solution of extremely complicated mathematical problems.
コンピューターを使えば、非常に複雑な数学の問題の数値解法が容易にできる。

このように enable という単語はとても便利なやつなんです。
いつも使っているYou can ○○○.という文が enable を使った無生物主語構文に変わるんですね。少し長い英語の文章を書くとき、I や You など、人が主語にくる文をつい書いてしまいがちですが、ちょっと目先を変えると無生物主語に早変わり。。。というお話でした。

ちなみに無生物主語構文が得意な動詞は enable のほかにもいろいろあります。この系列だと allow や let なんかが思い浮かびます。

今回はここまでです。
See you next time.069.gif

by ladysatin | 2013-05-31 21:27 | 日英 Translation | Comments(0)

avoid の使い方

もうすぐ Golden Week ですね。
みなさんのご予定は?(^^)
私は故郷へ帰ります。まっ、すぐ戻ってきますが。

今日は英作文やりましょうか。

Golden Weekの話が出たついでに、こんな文を作ってみますね。

出張は、ゴールデンウイークの時期を避けて行ってください。

連休に出張に行く人はかわいそうですね。(p_q*)

ま、それはおいといて、この文をを英文にしてみましょう。

この文に「避けて」という箇所がありますね。
「避ける」といえば、すぐに思いつくのが avoid でしょうね。いいと思います。

その avoid を使う時は注意してねっていうお話をします。

「ゴールデンウイークの時期を避ける」は日本語では全く問題ないのですが、avoid は危険や望ましくないものが起こるのを避ける場合に使うのが第一義です。

なので、accident や risk of fire などを直接目的語にするのは正しい用法なのですが、「ゴールデンウィークの時期」というのは、一般に楽しい時期なので、これを目的語にして "avoid Golden Week holidays (×)" とはしないようにしてくださいね。

avoid を使う場合は日本語を咀嚼して「ゴールデンウィークの時期に出張することを避ける」という文がよいでしょう。

とすると試訳ですが
Please avoid travelling on business during Golden Week period.

このように travelling を目的語にするといいと思います。

Golden Weekがネィティブの方になじみのない表現であれば "during Japanese consecutive holiday(s) period in May" のように書いてもよいと思います。

avoid は動名詞をとり to 不定詞はとりませんのでこちらもご注意をくださいね。

もうひとつ avoid には「~に近寄らない=stay away from」という意味もあります。
「Johnには近寄らない方がいいよ。」というときは You should avoid John.
なんていう使い方があります。

※今思い出しましたけど avoid と prevent を気分次第で使っちゃう人がいますが、この二つは意味が違いますので注意が必要です。またそのうちに書きたいと思います。

皆様、良い連休をお過ごしくださいね。
by ladysatin | 2013-04-19 21:16 | 日英 Translation | Comments(0)

今日は英作文のヒントになりそうな内容を思い書いてみますね。

"お金やそれ以外の事で愛情を計る事ほど、愚かな事はないくらい分かっている"

この英訳をお願いしますと言われてしまいました。

おお、こいつは難しいわ~。

こんな文を英作するには、多角的な検討が必要だと思っています。
私がよくやるのは、同じ意味を表す日本語を作ってみるということ。

この文は換言すると
「お金やそれ以外の事で愛情を計る事に価値があると信じるほど、私は愚かではない。」と解釈できます。

「愛情を計る」は「愛の深さを測る」と考えることができます。
さらに、これは逆の書き方もすることができます。

つまり
「お金やそれ以外の事で愛情を計る事に価値があると信じるとすれば、私は愚かだということだ。」

そう考えて下記の文を作ってみました。

I would be stupid if I believed in measuring depth of love by money or other things.

直訳は「if 以下のことをすれば、私は愚かだということになる。」となります。

英語ではこのような言い方をよくしますね。

日本語を直訳するばかりでは、どうしても行き詰ってしまうことがあります。
そんなときは、別のアプローチをしてみるといいかもしれません。

ちょっとしたヒントを書いてみました。
by ladysatin | 2013-04-09 22:32 | 日英 Translation | Comments(0)

ガードン博士の言葉

少し古くなりましたが、ノーベル賞の話題です。山中博士のことはたくさん記事になっているので特に私が書くこともありませんネ。(*'-'*)今日はその相棒?のJohn Gurdon博士のことについて興味深いお話があったことを思い出しましたので引用します。

*****************************

ロイターの記事から
[ストックホルム 10月8日 ロイター]

あらゆる細胞に分化増殖できるiPS細胞の研究で、京都大学の山中伸弥教授(50)とともにノーベル医学・生理学賞を受賞した英ケンブリッジ大学名誉教授のジョン・ガードン博士(79)。学生時代はかなりの落ちこぼれで、教師に見放されるほどだったという。

ガードン博士は今なお、学生時代の学業報告を額に入れて机に置いている。その中で教師は、①「科学者になるという考えを彼は持っていると思う。これは全くばかげている」と指摘。さらに、②「彼にとっても、指導する必要がある側にとっても全く時間の無駄だ」と、若き日の博士を酷評している。

ガードン博士は一度科学から離れたが、大学でかつての夢に再び取り組み、1962年にその後のiPS細胞作製の原点になる実験に成功した。

ガードン博士は、今もその報告を持っている理由を聞かれ、③「例えば、実験がうまく行かないなどの問題が起きた時、結局自分はこの仕事に向いておらず、先生が多分正しかったと思い出すのは良いことだ」と語っている。(引用終わり)

********************************

私の興味を引いたのが教師の発言①②とガードン博士の発言③です。

英語で何といったのかなあと思ったのです。

あまり難しい英文ではなさそうですね。高校生を教えてらっしゃる方だったら英作文の宿題に出すのにちょうどよいレベルです。

調べたら①と③がWikiにありましたので引用します。
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Gurdon

①「科学者になるという考えを彼は持っていると思う。これは全くばかげている」
"I believe he has ideas about becoming a scientist; on his present showing this is quite ridiculous."


③「例えば、実験がうまく行かないなどの問題が起きた時、結局自分はこの仕事に向いておらず、先生が多分正しかったと思い出すのは良いことだ」
"When you have problems like an experiment doesn't work, which often happens, it's nice to remind yourself that perhaps after all you are not so good at this job and the schoolmaster may have been right."


これを読んでちょっとうれしくなったんですよ。だって、これらは私たちが中学高校で学ぶ文法や単語ばかりじゃないかって思ったから。学校で学ぶ英語は、オーソドックスな英語なんだということを再確認したのです。

学校英語(私はこの言葉がきらい)はこれまでも、読み書き偏重だと批判され続けてきたことは皆さんご存じの通りです。しかし、物事の一側面だけ見て批判するのはどうかといつも思います。学校で勉強する英語のほとんどは英語力の基盤を作るものだと私は思っています。だから、これらの英文を読んで安心したのです。

ついでに教師の発言②はどう訳すかな。試訳してみよう。

②「彼にとっても、指導する必要がある側にとっても全く時間の無駄だ」

My translation
It’s an absolute waste of time for him, and of course, for us too, having to give him instructions.

。。。まあ、無味乾燥な直訳しかできないなあ。
何かもっと上手な表現思いついたらどなたかお願いしますネ。

それにしてもガードン先生の言葉は、人間味にあふれていると思います。
思わずニコッとしちゃいました。
by ladysatin | 2013-03-04 21:45 | 日英 Translation | Comments(0)