カテゴリ:語法_English Usage( 49 )

moreover vs. besides

今日はTOEIC の練習問題からやや tricky な問題を選んでみました。

以下は Part 6 の一連の問題の一部です。
http://www.alc.co.jp/eng/toeic/dojyo/lesson05/#A

下記の下線部に適語を選ぶ空所補充問題です。
よかったら皆さんも考えてみてください。

*******************************
John Gregson, who organized the event, said that previous increases had already created great hardship and that further increases amounted to a slap in the face for all hardworking members of society. _______, he suggested that the government should do more to reduce the amount of bureaucratic waste before increasing the burden on the people.

(A) Otherwise
(B) Moreover
(C) Besides
(D) Nevertheless

**********************************

訳してみます。
そのデモを組織したジョン・グレッグソンは、前回の(健康保険料の)引き上げで、すでに(国民は)大きな苦痛をしいられており、さらなる引き上げを行えば、すべての勤勉な国民に平手打ちをくらわすことになると言った。_______ 彼は、国民の負担を増やす前に、政府は役所の無駄遣い減らすことにもっと取り組むべきだと提言した。

さて、皆さんはどれを選びますか?

まず (A) Otherwise (さもなくば)と (D) Nevertheless (それにもかかわらず)は問題外ですね。
では、(B) Moreover (さらに)か (C) Besides (さらに)のいずれかになるでしょう。

このサイトではどちらに軍配が上がったかというと (B) Moreover でした。

ここで疑問に思った人がいました。。。

(B) Moreover も (C) Besides も同じ意味じゃない?
なぜ (C) Besides ではだめなんでしょうか?

確かに、両者とも「さらに」と訳しますよね。

ではこのサイトはどのように解説しているのか見てみました。引用します。
************************************
2つの文の関係を問う問題ですから、そこまでの話の内容を分かっている必要があります。直前の文で、国民健康保険料のさらなる値上げについて批判していて、空欄から始まる文では、お役所仕事の無駄について批判しています。ですから、この2つの文がうまくつながるために必要なのは、(B) の Moreover(さらに)だとわかります。
*************************************

う~ん。これだけですか。。。
ついでに (C) Besides がだめな理由も載せてくれないと困りますね。
その違いがこの問題のポイントなんですから。

では、実際のところどうなんでしょうか。

この場合の正解はやはり Moreover になると私は思いました。

なぜかというと、moreover と besides はニュアンスがかなり違うからです。これがすべてではないですが、moreover は、前文の情報に対して新たな情報、重要な情報を追加する時に使われるのが特徴的です。一方の besides は in addition と同義ですが、besides の後の内容が、besides の前の情報の範囲を広げる場合に使うことが多いと思います。

moreover がフォーマルで besides がインフォーマルだと言う人もいますが、そういう問題ではないです。

いくつか辞書をあたってみましたが、ランダムハウスがわかりやすかったので引用します。
*****************************
furthermore, further, Besides, Moreoverは、共に述べられたことに対する追加的な事柄を示す。

besides は、その補足事項が、あとからの思いつきという性格を示すことが多い。
The bill cannot be paid as yet, besides, the work is not completed.
(勘定はまだ支払いかねます。それに仕事も終わっておりませんので。)

moreover はもっと形式ばった言葉で、追加情報が特殊か、強調的かまたは重要だという含みがある。
I did not like the house, moreover, it was too high priced.
(その家は気に入りませんでした。その上、値段も張り過ぎたのです。)

*******************************

今回の例題は moreover のあとの情報が「国民の負担を増やす前に、政府は役所の無駄遣い減らすことにもっと取り組むべきだ」ということですから、前の情報で彼が言った内容とは視点の違う内容になります。毛色が違うといってよい情報でかなり強調したい内容になっています。besides がもつ、あとからの思いつきという性格は全くありません。だから moreover の方が適するということなのだと思います。

また besides は and で続けてもよさそうなところで代わりに使う場合も多いので、besides の後の文には前文より重要度が高い情報は来ないのが普通ですが、moreover の後の文では重要度という点で前文を上回る場合が多くあります。

TOEICの問題は、日本人的発想から言えば、どっちでも正解なんじゃないかと思われるものが結構あると思います。しかし、ネィティブが読んだら、自然な答えはこれだと思うものなのだと思います。今回の例題は、そういうネィティブ的感覚をためす問題とも言えるのではないかと思いました。こういうところが TOEIC の問題のおもしろさでもあるのでしょうね。

moreover と besides については、もう少し深く検討していきたいと思います。

では。
by ladysatin | 2014-07-26 19:57 | 語法_English Usage | Comments(0)

rewarding の意味

これまでも何度か書いていますが、知っているつもりの単語でも改めて辞書を引いてみると、「こんな意味があったなんて」と驚くことがあります。何十年も英語の旅をしている私ですが、語法の勉強が一番奥が深いと感じます。

さて、本日のテーマ rewarding は名詞の reward から派生した形容詞です。

reward -(奉仕・功労などに対する)報酬、報奨、報い、ほうび
これはジーニアスからの引用ですが、他の辞書も概ね同じ内容かと思います。

ということは、形容詞の rewarding の意味は名詞の reward から大体推測がつきますね。
英和辞典を引いてみました。

Rewarding の意味
★ジーニアス英和大辞典
(…する)価値のある、有益な、ためになる、謝礼としての
用例:a rewarding job (もうけは多くないが)やりがいのある仕事

★ウィズダム英和辞典
<仕事・経験などが>やりがい[価値]のある;<本などが>ためになる

★英辞郎(辞書ではないけれど^^)
報いのある、報いる、報われる、得るところのある、かいのある、実りある、報酬の良い、働きがいのある、読み応えのある、読みがいのある

このように英和辞典の意味はどれも似たり寄ったりですが、概ね「何かをすることで何らかの見返り(心理的または物理的なもの)をもたらす」という含みが rewarding にはあるように思います。

ところが、英英辞典の定義ではニュアンスがかなり違うようです。
調べてみて勉強になったので書いておきます。

★Longman
making you feel happy and satisfied because you feel you are doing something useful or important, even if you do not earn much money
多額の報酬を得るわけではなくとも、有益あるいは重要なことに取り組んでいると自分が感じるため、幸福感や満足感が得られるということ

★COBUILD
An experience or action that is rewarding gives you satisfaction or brings you benefits.
rewarding な経験や行動は、あなたに満足感を与え利益をもたらす

この二つの辞書の定義を見て何か気づきませんか?
英和辞書にある「価値のある、やりがいのある」 に相当する記述がないのです。むしろ satisfied, satisfaction つまり「満足が得られる= satisfying」 の意味が強いように思います。

英和辞典では「満足」という言葉自体、rewarding の定義の中には入っていないんですね。もちろん、この場合の満足は、やりがいがあるまたは有益であるからこその満足なのですが、英英と英和での定義の違いには驚きました。

もうひとつ OXFORD も調べてみました。
★OXFORD
worth doing; that makes you happy because you think it is useful or important
やりがいのある; 有益あるいは重要だと自分が思うので幸福感が得られる

OXFORD には「worth doing やりがいのある」の記載があります。また rewarding は satisfying の類語の1つとして挙げられていました。

もうひとつ fulfilling も含めて類語として使い分けのヒントの記載もあったので記しておきます。

--------------------------
satisfying, rewarding or fulfilling?
Almost any experience, important or very brief, can be satisfying. Rewarding and fulfilling are used more for longer, more serious activities, such as jobs or careers. Satisfying and fulfilling are more about your personal satisfaction or happiness; rewarding is more about your sense of doing something important and being useful to others. (Oxford Learner's Dictionary より引用ここまで)

重要な経験やと短い経験に関係なく、ほとんどの経験は満足を与えうるものだ。rewarding と fulfilling は、仕事や職業など長期的で重要度の高い活動に多く使われる。satisfying と fulfilling は、個人的な満足感や幸福感に関するものである。rewarding は、重要なことを行っているという感覚、あるいは他人にとって有益となっているという感覚についていう。
---------------------------

このように見てくると、同じ満足感を得るという意味でも、状況によって適切な単語を選択する必要があることがわかります。

このことを友人と話していたら、友人はオーレックス英和辞典の記載を教えてくれました。
こう書いてあったらしいです。
rewarding:①満足[利益]が得られる,報われる,(…する)価値がある ②報酬の,返礼の

おっと、オーレックスでは最初に「満足」がきていますね。友人所有のオーレックスは、2013年発行のものだそうです。辞書は新しいものがいいといいますが、もしかしたらそれも関係しているのかもしれません。

いずれにしても、単語の意味を考察するにはいくつかの辞書を見比べてみるということが大切だと思います。
辞書を何冊も買うのも費用がかかりますが、今の時代、多くの辞書はインターネットでフリー検索できます。
英和辞典と英英辞典の両方をうまく活用していきたいです。

では。
by ladysatin | 2014-06-28 14:27 | 語法_English Usage | Comments(4)

compensate の用法

今日は compensate という単語の使い方にフォーカスです。

またまたお友達からの質問。
こんな英文がある参考書に載っていたらしい。

① He compensated him for his lack of experience with the effort.
 彼は自身の経験不足を努力で補った。

compensate には「(損失・欠点などを)相殺する、埋め合わせをする」という意味があります。

compensate には他動詞と自動詞の用法がありますが、この英文では him が目的語にきていますので、ここではもちろん compensate は他動詞として使われています。

そこで、compensate を自動詞として使えば、him はなくてもよいのではないかと質問されたのです。
しかも、この文では He と him は同一人物であることは明らかです。him はとっちゃっていいでしょって。

というのも、英辞郎には compensate の直後に for がきている例があるとのこと。

抜粋します。
★compensate for 「~を償う、~を相殺する」
② You don't need to compensate me for this. : 弁償は結構です。
③ Reading often compensates for lack of knowledge. : 読書はしばしば知識不足を埋め合わせる。

なるほど。②の compensate は他動詞用法で me を目的語としています。
一方、③は自動詞用法で compensate for となっています。

ということは、自動詞用法にすればいいことにして①から him をとってみよう。
①’ He compensated for his lack of experience with the effort.

③がよかったから①’も良さそうですが、この文はおかしいんです。

では検討します。
③ Reading often compensates for lack of knowledge.
この文においては、Reading というものが lack of knowledge を補完すると言っています。わかりやすく言えば、知識全体を100としたときに、今現在はその知識は70しかない。そこで残りの不足した知識30を Reading で補うのです。

この理屈を①’に当てはめるとおかしなことになってしまいます。
①’ He compensated for his lack of experience with the effort.
経験全体を100としたときに、今は70しかない。残りの不足分の経験を He で補うと解釈されるため論理が破綻します。さらに、with the effort は何なのさって話になります。

結論として、①’は非文になるでしょう。him は省略できません。

元に戻って①の英文を見てみます。
① He compensated him for his lack of experience with the effort.

この文から him を省略することはできないことはわかりました。
ただし、他動詞用法であれば、his lack of experience を直接目的語にすれば①と同じ意味になります。
= He compensated his lack of experience with the effort.

さらに、同じ意味を表すために compensate を自動詞として使って書くことはできるかと言われたら、もちろんできます。
= The effort compensated for his lack of experience.
経験全体を100としたときに、今は70しかない。残りの不足分の経験を The effort で補うという意味になりますから、③のReading...と全く同じ考え方です。

compensate の用法はもちろんのこと辞書に書いてあるのですが、前置詞の使い方ひとつで大きな間違いになるという典型的な例ではないかと思いました。

ではまた。
by ladysatin | 2014-06-21 20:35 | 語法_English Usage | Comments(9)

up to はややこしいな~

今日は語法のお話です。

タイトルにもあるように up to の用法なのですが、「うわっ、ムズカシイぞこれ」と思った内容です。

その前に up to をおさらいしましょう。

up to にはいろんな意味があるわけですが、今回は以下の用法についてです。

ジーニアスより引用します。
●up to ~:[時間・空間](最高)~まで、~に至るまで 

up to はこのように「~まで」という最大値を表すときによく使いますね。
ついでに例文も引用します。

例1)count up to ten
   10まで数える

例2)The water was up to my waist.
   水は腰まで来た。

例3)This robe will fit anyone up to size twenty.
   このローブはサイズ20号までの人ならどなたにも合います。

これらの例は、そんなに難しい文ではないですね。

そこでなんですが、次の英文を見てみてください。↓
★You can apply for a visa up to 3 months before your date of travel to the UK.

この英文は英国ビザの申請要項にあった英文ですが、どう解釈しましょうか。

あなたなら以下のどっちの意味を選びますか?
①あなたは英国に立つ日の3か月前 までに ビザの申請ができる。
②あなたは英国に立つ日の3カ月前 から ビザの申請ができる。


トリッキーなのが、up to 3 months before という表現です。
ここをどう解釈するかが運命の分かれ道。

即答できた方は素晴らしいと思います。
私は一瞬、「え???」と思ったんです。
何か両方とも良さそうじゃない?

up to 3 months before は、3か月前のその日が MAX なのです。
これは問題ない。しかし。。。
その MAX に前から向かうのか、後ろから向かうのかわかりにくいんです。

つまりこういうこと。

①の考え方
8月1日に出発するとしたら、4月30日までにビザを申請しなくてはなりません。ということは、4月30日が MAX であり、これがビザを申請できる最終日です。

②の考え方
8月1日に出発するとしたら、早くても4月30日が MAX ですということ。ここでは出発日からさかのぼって計算しての MAX なんですね。


で、正解はどっちかということなんですが、①です。
出発日から逆算した日数の MAX ということではなく、「この日までしかビザの申請はできないよ」という MAX なんです。(注:詳細は英国大使館で確認する必要があります。)

もう一度書きますね。
★You can apply for a visa up to 3 months before your date of travel to the UK.

同じような例文が、これもまたジーニアスにありました。

★This medicine must be taken up to 30 minutes before a meal. 
この薬は食事の30分前までに飲まなければいけません。

この英文を「30分前から飲む」と解釈したらえらいことになりますので、皆さんお気をつけください。

今回の英文、とってもトリッキーだと思ったので書きとめておきたいと思いました。
説明がわかりにくかったらごめんなさい。(゚ー゚;Aアセアセ

ではまた。001.gif

************************************
追記)2015年8月29日

本記事の英文について、実際に英国ビザを申請された方からコメントいただきました。
英国ビザ申請要項の意味は②、すなわち「あなたは英国に立つ日の3カ月前 から ビザの申請ができる。」が正しい解釈とのことです。

一方、ジーニアスの例文は、その全く逆の解釈の英文になっています。

[up to 期間 before] の文は、二通りに解釈の可能性がある英文なのかもしれません。
もう少し調べてみる必要がありそうです。

いずれにしても、この表現が出てきたら要注意ですね。
by ladysatin | 2014-05-21 22:19 | 語法_English Usage | Comments(4)

visit に stay の意味が

あるんです。(^^)

今日はちょっと間違いやすい語法のお話です。

visit という単語は中学で習います。
意味は「訪問する」ですよね。

例文です
①I visited Tokyo yesterday.
② Many foreign tourists visit Kyoto.


ね、この使い方が visit の典型的な用法です。
例文は他動詞の用法ですね。

これが自動詞になると。。。
stay (滞在する)と全く同じ意味で使えるんです。

これ結構、盲点だと思います。

●ジーニアス英和大辞典の visit の自動詞の項目にこう書いてあります。
visit - (米)(町などに/ホテルなどに)滞在する(stay)(in, at/at)、(人の)家に泊まる(with)

例文)
I am visiting in Nagano.
私は今長野に滞在中です。

従ってこの文を stay を使って書くと。。。
= I am staying in Nagano.

全く同じ意味です。

***************

今日はこれだけ。
めずらしく短いでしょ。

明日から連休なんでショートバカンスしてきます。
帰ってきたらまた長いの書きます。
おみやげ買ってくるわね~。

皆様もよいゴールデンウィークを。043.gif

by ladysatin | 2014-04-25 23:21 | 語法_English Usage | Comments(0)

やっかいな even

even を使った表現ってよく出てきますね。
今日はおもしろい英文に出くわしたので取り上げてみました。
ある参考書に載っていたという英文です。

She was discouraged by her failure to win even one game.

この文なのですが、以下の二つの訳のうちどちらが正しいでしょう。

①彼女は1勝すらできなかったので落胆した。
②彼女は1勝し損なっただけで落胆した。


①と②は意味が全く違いますが。。。

私がこの英文を素直に読んでの解釈は①でした。
おそらくほとんどの方が①を選ぶのではないでしょうか。

しかし。。。

参考書に載っていた訳は②だったそうです。
「えっ、訳の間違いでは?」と最初思いました。
参考書も嘘っぱちを書いている場合が多々ありますからね。

でも、色々と調べた末、この英文については①と②の両方の解釈が可能ではないかと思うに至りました。

まず even についておさらいしましょうか。

ジーニアスを引いてみました。even には、比較級を強める用法や、前出の語句の言い換えを強調する用法などいろいろな場合がありますが、この場合にあたる用法は一番オーソドックスな形です。

ジーニアスの1番目にある記載
even - [例外的な事柄を強調して] ...(で)さえ、...すら、...だって、...までも

誰もが知っている even の意味がこれでしょうか。

では、英文に戻ってみましょう。
She was discouraged by her failure to win even one game.
①彼女は1勝すらできなかったので落胆した。
②彼女は1勝し損なっただけで落胆した。

ほら、①には「すら」が入ってますよね。ジーニアスにある意味がきれいに使われています。
一方②は「だけで」という訳が当てこんであって、辞書の意味とはまったく違うではないですか。
でも、そう短絡的に考えていいものか。。。と思っていたら、ジーニアスに面白い例文がありました。

例文)She didn’t even open the letter.
この英文には2通りの解釈できるとあります。

a) 彼女はその手紙を(読むどころか)開きもしなかった。
b) 彼女はその手紙さえ開けなかった。(letter に強勢を置く場合)


つまりa) は even が open にかかっているのに対し、b) では letter にかかっているということです。
ここでわかることは、even のかかる位置は必ずしも直後ではないということなんですね。

今度は even を英英辞典で調べてみました。
●Merriam-Webster
— used to stress something that is surprising or unlikely
●Longman
— used to emphasize something that is unexpected or surprising in what you are saying


上記の内容はほとんど同じですね。
even の意味は surprising, unlikely, unexpected (驚くべき、ありそうもない、予想していない)なことを、stress, emphasize すなわち強調するために使うということなんです。

したがって、英和辞典にある意味「さえ、...すら、...だって、...までも」は、英英辞典の記載に合う日本語として適切な意味が載っているのです。こういう日本語訳がふさわしかろうということですね。

しかし、英英辞典が述べている even は「概念」しかありません。
つまり、「あれ?おかしいな。そんなことありえないでしょ。びっくりするよね。」という気持ちを even で表しているということです。

ということは、そういう気持ちを表すためであれば、解釈はいろいろ可能になります。

こういうこと。。。
She didn’t even open the letter.
a) 彼女はその手紙を(読むどころか)開きもしなかった。
  →「手紙来たんだから普通は読むでしょうに。信じられないわ。」という驚きです。
b). 彼女はその手紙さえ開けなかった。
  →「たくさん手紙が来ていて、その手紙は一番大切な人からの手紙だった。
    その手紙すら開けないなんてどういうことよ。」という驚きです。

では、元の文から even を抜かして書いてみましょう。
She was discouraged by her failure to win one game.
「彼女は1勝できなかったので落胆した。」

この文自体には複数の試合が全敗だと示唆するところはありません。わかるのは、1つの試合に負けて落胆したということだけです。ここに 「驚きや予想外」の気持ちを出すために even を入れてみると、①も②も成立するようです。

She was discouraged by her failure to win even one game.
①彼女は1勝すらできなかったので落胆した。
1勝くらいはできて当然という思いがあったのだが、それができなかった。1勝もできないのは予想外であり「驚き」だったのです。だから「1つの試合すら」という意味が可能となります。

②彼女は1勝し損なっただけで落胆した。
1勝できなかったくらいで意気消沈することは考えられなかった。まだあと何試合か残っているのだから、「たった1つの試合」に負けた程度で意気消沈するなんて、という「驚き」の気持ちが表れていると思います。

では、only や just にすればよいではないかという意見もあるでしょう。確かにこれらの語も強調のために用いられますね。しかし、only や just では「驚き」や「予想外」という主観は表現できないのです。ここが決定的に違うところと言えそうです。

単語の意味を覚えるときに、私達はつい英和辞典に頼ってしまいがちですが、やはり最終的には英英辞典で確認するということが大切だと再認識しました。apple がリンゴ、book が本というふうに、1対1で対応するものばかりだったら苦労はしません。英語の概念を汲み取った上で、何が言いたいのかを掴むということがいかに難しいことかを感じます。

私自身、これまで even ときたら「~ でさえ」と直結して考えていたので、大いに反省した次第です。

ではまた。
by ladysatin | 2014-03-30 20:52 | 語法_English Usage | Comments(2)

immediately vs. quickly

今日は immediatelyquickly についてです。

二つともよく使う副詞ですが、使い方が紛らわしい場合があるので、書きとめておきたいと思った次第。

まず、quickly には「動作・行為の時間が速く」という意味があるのは誰でも知っています。
●I cook quickly during the weekdays 「平日は手早く料理します。」

この quickly は fast と同じ意味です。「1時間でなく30分で料理をすませる」という意味ですから、この用法において quickly の代わりに immediately を使うことはできません。
この点はわかりやすいと思います。

紛らわしいのは、話者が発話してからの「経過時間」が関わってくるときです。

簡単な文を作ってみました。

① Do it immediately.
② Do it quickly.

両方とも「さっさとやってよ!」みたいな意味になるのかなと思うのですが、同じ「さっさ」でも、間の取り方が違うんです。

Longman で比較をしてみましょう。

★immediately
http://www.ldoceonline.com/dictionary/immediately_1
1番目の項目) immediately: without delay [= at once]
「直ちに」という意味です。つまり、話者は Do it immediately. と言った直後に相手にそれをしてもらいたいと思っています。10分後とかではない。

★quickly
http://www.ldoceonline.com/dictionary/quickly
2番目の項目) quickly: after only a very short time [= soon]
この記載を見ると、immediately との違いがかなりはっきりします。
immediately が at once なのに対し、quickly には soon と記載されています。

soon は「すぐに」という意味がありますが、Do it quickly. と言った直後という差し迫ったニュアンスはないようです。immediately よりも、取りかかるまでに時間の余裕が若干あるといえますね。

お母さんが「はよ宿題せーよ」とせかしている場面
●Do your homework immediately.
ゲームに夢中になっていつまでたっても宿題をしようとしない息子に、しびれを切らして言う時はこっちかな。

●Do your homework quickly.
夕食が終ってテレビを見ている息子に、明日も朝早いんだからさっさととりかかりなさいというときはこっちを使うかしらね。

ということで、この二つの違いをまとめると
immediately -発話後の時間の経過はない。「たった今すぐ」という感じ
quickly -発話後、主観的にそんなに経っていないと感じる程度の時間の経過は許容範囲


こんな感じかなと思います。

今日はちょっと気になった副詞の用法でした。
by ladysatin | 2014-03-22 18:21 | 語法_English Usage | Comments(0)

今日は reason のお話です。

これも英語学習者の盲点になりそうなところです。
自分の復習もかねて書きとめておきたいと思います。

まず reason の意味って皆様ご存じ?

「理由」に決まってるじゃないですかぁ。何をいまさら。

はい、「理由」という答えは正しいんですが、それだけじゃないんですね。

その前に、先日 remember の意味について色々考察しましたが、何といったらいいでしょう。こういう誰もが知っているような単語こそ盲点なんですよ。というのは、一度「わかった」と思ったら、それから先は辞書を引かなくなるケースが多いの。私の場合、Eric Clapton の Tears in Heaven の訳詞のときにもびっくりしました。「tear – 涙」が複数形の tears になると「深い悲しみ」という意味になるということを初めて知りましたから。

では本題の reason について考察します。
以下の2つの文を見てみましょう。

①She has a good reason to be angry.
②She has good reason to be angry.


上の①と②の違いは、reason に a があるかないかですね。
ということは①の reason は可算名詞、②の reason は不可算名詞なのです。で、辞書を引いてみると可算か不可算かで意味が違うことに気付きます。

・可算の reason:理由、原因
・不可算の reason:理性、思考(判断)力、分別、道理、理屈


この違いはかなり重要です。
reason イコール「理由」だと思っていると、思わぬ落とし穴になると思います。

では①と②の意味はどのように違うのかみていきましょう。

①She has a good reason to be angry.
この reason は可算ですから「理由」の意味です。ということはこの文は「彼女が怒るのにはもっともな理由がある。」という意味になります。発話している人が彼女の気持ちに同意しているかどうかは、この文だけではわかりません。「彼女には彼女なりのもっともな理由がある。」という客観的な事実を述べています。

ジーニアスで good を調べてみると似た例文がありました。
I had a good reason to be absent from school.
「私には学校を休むもっともな理由があった。」

②She has good reason to be angry.
今度は reason が不可算です。不可算の reason には「理由」の意味はありません。「道理、理屈」の意味になります。この文を直訳すると「彼が怒るのはもっともな道理(理屈)にかなったことだ。」という意味です。つまり「彼が怒る気持ちはわかる。」という発話者の気持ちが表れています。

このように reason は可算名詞のときと不可算名詞では意味が違うということがわかった上で、もう少し検討しましょう。

②の文についてある人から質問されました。
以下のどっちの意味ですかね?という質問なんです。

「彼女が怒るのは当然だ」が示唆するのは
ア)今すでに怒っている
イ)まだ怒っていないが、これから彼女が怒ってもそれは当然だ


これは難しいですね。今怒っているのかどうかということです。
②の文は may well を使って書きかえることができます。
She has good reason to be angry. = She may well be angry.

また辞書を引いてみると、これも似た文がジーニアスに載っていました。
You may well be surprised at the news.
=You have good reason to be surprised at the news.
=It is natural you should be surprised at the news.
意味は「君がそのニュースを聞いて驚くのも当然だ。」

上記の例文は You に対して言っています。つまり、すでに驚いている人に対して言っています。
ということは、②の文は「彼女が怒るのは当然だ。→今すでに怒っている」と考えられますよね。

今日は reason について考察しました。

「理由」の意味で使う時の reason は、可算名詞のときなんだということ、不可算になると意味が変わるよというお話でした。

ではまた。001.gif
by ladysatin | 2014-03-16 20:23 | 語法_English Usage | Comments(2)

今日は日本語と英語のニュアンスの違いについてです。

これは私も知らなかったことなのですが、おもしろい内容なので皆さんとシェアしたいと思います。

まず、太郎君と花子さんの会話を読んでみてください。
太郎「お昼ごはん食べにいかない?」
花子「ごめん、まだ私仕事終わってないの。あと30分待てるでしょ?」
太郎「お腹すいてるんだ。だって朝から食べてないんだもん。」


こんな会話ってよくありますよね~。
さて、ここからが問題なのです。

「朝から食べてない」というこの表現です。

太郎は朝ごはんを食べたんでしょうか?

この会話から皆さんはどう思います?

私の推測では。。。
ほとんどの方が、太郎は「朝ごはんを食べていない」と思われたのではと思いますが、いかがでしょう。

実はこれを日本人の方々にきいてみたところ「朝起きてから食べてない」という人がほとんどでした。かくいう私もそのひとりでした。

ただし少数ですが「いやいや、食べたかもしれない。」とおっしゃる方もいました。その時の状況や文脈によって色んな解釈が可能だというわけです。

そこでです。

この会話をそのまま英語にしてみましょう。どうなるのでしょう。

ではいきます。Mike と Sarah の会話です
Mike: Why don’t we go for lunch?
Sarah: Sorry, I haven’t finished my work yet. Can you wait about 30 minutes?
Mike: I’m hungry because I haven’t eaten since this morning.


いかがでしょう。正しく訳されていますね。
こんどは Mike が朝ごはんを食べたのかどうかです。

この文の I haven’t eaten since this morning. を日本語にすると「朝から食べていない」になりますね。その他の訳はありません。

では、日本語の多数派だった解釈「朝起きてから食べてない」という解釈はできるのでしょうか。

答えは。。。「できない」です。

「なんでやねん」というツッコミがきそうですが、早い話、皆さんの近くにおられるネィティブの方に聞いてみてください。おそらく、10人に聞いたら10人全員が「Mike は朝ごはんを食べた」と言うはずです。これホントの話なんです。

では、なぜこのような考え方になるのかということなのですが。。。
COBUILD で since を引いてみたら以下のような説明がありました。

★You use "Since" when you are mentioning a time or event in the past that a situation has continued from then until now.
「Since を使うのは、ある状態が過去のある時または出来事から現在まで継続したということを言うときである。」

a situation has continued from then until now:
これは「ある状態が from then until now において継続した」ことを示しています。
今回の英文においては「食べていない」という状態が this morning を境に今に至るまで続いていると考えることができます。

this morning - 食事をした
その時点で食事をしていないという状態がスタートします。
それが今まで続いているということです。

これがもし、昨晩の10時に食事をしたあと一切食事していないと言う場合に、この英文を使うととても違和感があります。「何のために」 since this morning を使ったのかが説明できませんから。

なので、昨晩食べたあと寝て、朝起きてからも何も食べていないと言いたいときはこうなります。
→ I haven’t eaten since last night.

ということは、since は日本語の「~から、~以来」にぴったり対応できないものなんだということが言えそうです。since の明示するものは明確な時の分岐点なのですが、日本語の「~から、~以来」は物事の開始・終了という分岐点が、受け取る側にゆだねられる表現と言えるのかもしれません。

さらっと書きましたが、この問題、実はもっともっと深いんです。
実は今、行き詰っている since の表現がありまして、頭を悩ませているところです。
またその話はいずれ。。。009.gif

とりあえずわかったこと。。。
I haven’t eaten since this morning.
が示唆することは「朝ごはんを食べた」ということのようです。
by ladysatin | 2014-02-11 21:40 | 語法_English Usage | Comments(2)

PERSON of INTEREST の意味

今日は「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット」という人気のあるTVドラマシリーズについてです。

といっても内容についてではありません。
このタイトルがなかなか興味深いので、本日のトピックとしました。

person of interest の意味を皆さんはご存じでしたか。

私は知りませんでした。そこで気になって早速調べてみました。
しかし、辞書には載っていないようでした。
こんなとき結構助けてくれるのが英辞郎君です。

さすがです。英辞郎にありました。
→ http://eow.alc.co.jp/search?q=person+of+interest&ref=sa

person of interest - 《a ~》〔犯罪の〕容疑者◆suspectの婉曲表現。

へえ~ 「容疑者」という意味なんですね。
知りませんでした。

下の方を見るとこんな言い方があります。
•person of wide interests
《a ~》趣味の広い人、多趣味の人
•person of diverse interests
《a ~》興味が多岐にわたる人

このように interest は趣味や興味を表すことが多いのですが、person of interest の interest は少し違うようです。どこからこういう意味になったのでしょうか。

もうひとつ、Weblio も調べてみました。すると
person of interest - 参考人

あら。。。こちらは「容疑者」ではなくて「参考人」ですね。

とりあえず基本に戻って。。。

040.gif interest の意味をおさらいします。
ジーニアスの記載を引用しました。(U は不可算、C は可算の意味です。)
1) U/C [単数形で](~に対する)関心、興味
2) U/C (人に)関心をそそること[もの]
3) U [修飾語を伴って]重要性、重大性
4) U/C 利害(関係)、関与[通例 ~s]、利益
5) C (~の)所有権、要求件
6) U 利子、利息
7) [~s 集合的に] 同業者、(利害)関係者
8) U (~に対する)勢力、支配力、影響力

ということで、8個も意味がわかれていました。
たくさんありすぎて、書いているうちに疲れてきました。
今さらながらに interest の意味の深さに驚きます。

では元に戻って person of interest の interest は何なのか?ということなのですが、まず気付くことはこの interest は無冠詞なので Uncountable(不可算)なのだということです。そこではじかれるのは、上記の5)と7)です。

残った中で候補として考えたのはまず 3) です。
例)a matter of great interest - 「重要な事柄」
ここから考えると容疑者のことを「核心の人物」という言い方をしているかもしれません。
しかし、この用法だとどうも修飾語が必要のようなのです。この場合は great です。

次に、4)の「利害、関与」という意味をあててみました。とすると
person of interest - 犯罪に関与する人物
と考えることができるのではないかと。

まだ確信がもてず、さらに調べましたところ、wikiにこんな記載がありました。
...but refers to someone in whom the police are "interested"
「警察が関心を持っている人」


なるほど~。これは信頼性が高そうです。
せっかくですからリンクを貼りましょう。
http://en.wikipedia.org/wiki/Person_of_interest

最初のところを訳してみます。
********************
"Person of interest" is a term used by U.S. law enforcement when identifying someone involved in a criminal investigation who has not been arrested or formally accused of a crime. It has no legal meaning, but refers to someone in whom the police are "interested", either because the person is cooperating with the investigation, may have information that would assist the investigation, or possesses certain characteristics that merit further attention.

"Person of interest"は米国法執行機関における用語で、逮捕されていないあるいは正式に罪に問われていない人物で、犯罪捜査に関与している人物を特定する際に使われる。法的な意味はないが、警察が「関心をもっている」人物のことである。「関心」をもつ理由としては、その人物が捜査に協力している、捜査を補助する情報をもっている可能性がある、あるいはさらなる注目に値する明らかな特性をもっているということなどがあげられる。
*********************

ということは、person of interest という表現は米国では普通に使われているということなんでしょう。こう見てくると、英辞郎の「容疑者 suspect」という意味は、狭義のものといえそうです。

Wikipedia を信じると、person of interest のもつ意味はもっと広くて、警察にとって有利な情報を提供してくれる人もはいることになります。Weblio の「参考人」が近い感じがします。

person of interest にこんな意味があったとは初めて知りました。

では、辞書にあった8個の意味のどれなのか。
やっぱり。。。

1) U/C [単数形で](~に対する)関心、興味

これですね、きっと。

今日もいっぱい調べた。
おなかいっぱい。

001.gif
by ladysatin | 2014-02-02 16:14 | 語法_English Usage | Comments(16)