experience に関する一考察

以前、同格の that 節がとれない名詞についての考察 という記事を書きました。


この記事で私は、「case がなぜ同格の that 節をとれないのか」について考察しました。


今日は、もうひとつ、experience が同格の that 節をとれないのはなぜなのか」について、考えてみたいと思います。

これは、私にとって長年の疑問なのですが、なぜダメなのかを解説してある文献が、全くありません。


experience は同格の that 節をとれないのだと、機械的に覚えるのもよいと思います。しかし、ダメには何か理由があるはず。そう思うとやはり追求したくなります。

私は一技術翻訳者にすぎないので、この記事でその答えを解明するまでには至らないかもしれません。しかし、考える価値のある問題だと思います。何故ならば「experience + that 節」の誤用は至る所で見るからです。それほど違和感なく使われている(特に日本人の英語学習者の間で)といってよい思います。


この記事は、experience が同格の that 節をとれないのはこの理由ではないかと、私個人が考察した内容を記述するものです。皆様にも考えていただければ幸いです。


------------------------------------------------------------------


同格について(ロイヤル英文法 P130 より引用)

名詞または名詞相当語句をほかの名詞または名詞相当語句と並べて補足的説明を加えることがある。この関係を同格と呼ぶ。(引用ここまで)

では、ここから具体的な英文を作ってみます。

「私は英語を5年間教えた経験がある。」を英文にします。
I have the experience of teaching English for five years. – 正 〇
I have the experience that I taught English for five years. – 誤 ×

が正しくは間違いです。
...をした経験がある」というときは experience of 動名詞 の形にしなくてはなりません。
しかし、
のようにexperience + that 節」の誤用は、実際多く見受けられます。

同格の that 節の用法とは、「先行する名詞の内容を、それに続く that 節が説明する」というものです。したがって、
が成立するには、the experience の内容を that 節が説明している必要があります。

そこで、私はこう考えてみました。

<②がダメなのは、the experience の内容を that 節が説明していないからだろう。これを証明できれば、 experience が that 節を従えることができない理由が導き出せるのではないか。>

そこで、experience の定義を、英英辞書で調べました。
そしたらちょっと面白いことがわかりました。

experience
には様々な用例がありますが、以下は、
の英文に当てはまると思われる説明文です。
いずれも不可算名詞 [uncountable] の用法です。

●Longman
の記載
experience: knowledge or skill that you gain from doing a job or activity, or the process of doing this
仕事や活動、またはこれを行なう過程から得る知識や技能

e.g.) You’ve got a lot of experience of lecturing.
e.g.) He had no
previous experience of managing a farm.

●Merriam-Webster
の記載
experience: skill or knowledge that you get by doing something
何かを行なうことで得る技能や知識

e.g.) She gained/acquired a lot of experience at that job.

●Collins COBUILD の記載
Experience is
knowledge or skill in a particular job or activity, which you have gained because you have done that job or activity for a long time.
experience
とは、ある特定の仕事や活動の中で、それらを長期間行ったがゆえに得た知識や技能のことである。


e.g.) He has also had managerial experience on every level.

以上が、辞書の定義です。

072.gifこれらを見て、英英辞典の記載に共通点があることがわかりました。

それは、experience
とは knowledge(知識)でありskill(技能)だということです。
しかも、gainする(得る)ものだということなのです。

experience
は日本語で「経験」と訳されますが、私達が「経験」というとき、「過去に自分がしたこと」と捉えがちではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。しかし、今考えると、それは私が浅はかだったというより他はありません。なぜなら、日本語の「経験」にも「知識や技能」が意味として含まれているからです。

●広辞苑における「経験」の定義の一つにこう書かれています。
「何事かに直接にぶつかり、そこから技能・知識を得ること」

このように、英語の experience に対し、日本語の「経験」を訳語にあてることは全く正しいことがわかります。

そして、ここまで見てきてようやく私は思いました。
experience
は同格の that 節をとることはできないであろうと。

なぜならば、experience の中身を that 節で説明などしていないからです。
もう一度、
の文を見てみましょう。
I have the experience of teaching English for five years.

この文は「私は英語を5年間教えた経験がある。」と訳してかまいませんよね。

しかし、この文がもつ本来の意味は、「私は、5年間英語を教えたことから得た知識や技能をもっています。」ということです。これは、上の辞書の定義からも明らかであろうと思います。

つまり、ここで使われている the experience とは、「得たもの」すなわち「成果物」というとらえ方ができるのではないでしょうか。5年間英語を教えたことを通して、the experience が生じたということです。だから、同格になりようがないのではないかと、私は思うに至りました。

違う視点から見てみます。
以下は、同格の that 節を使った典型的な文です。

I was surprised at the news that she won the game.
彼女が試合に勝ったという知らせを聞いて驚いた。

that 以下(彼女が試合に勝った)は、 the news(知らせ)の内容を具体的に説明しています。

一方、
の文をもう一度見てみます。
I have the experience that I taught English for five years.

②の文は、that 以下は the experience を説明していません。that 以下は the experience を得るために行った内容です。つまり the experience をもたらした要素と考えることができると思います。だから、同格とみなすことはできない。故に、同格の that 節を使うわけにはいかないということではないかと、私は思うに至ったのです。

皆様はいかが思われるでしょうか。

----------------------------------------------------------

最後に、このサイトの記述を取り上げたいと思います。

→ http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5022


(ここから引用)

○ Tom had the sad experience of losing her wife.
× Tom had the sad experience that he lost her wife.


同格の of は、「行為」「経験」「習慣」等の意味を表すような名詞の説明によく使われます。一方、同格のthat 節は、「伝達」「考え」「認識」の意味を表すような名詞の説明によく使われます(名詞節の同格の項を参照)。上記の experience 以外にも、下記の名詞は、同格のof を使用し、that 節は原則的に使用しません。(引用ここまで)

----------------------------------------------------------


このサイトによると experience は 同格の of を使い、同格の that 節は使わないと書かれています。しかし、私はこの記載には納得できないでいます。というのは、ここの記載は明らかに、「experience of 動名詞」を同格表現として説明しているからです。一方私は、experience は「of 動名詞」を要素とする成果物だと考え、同格表現とはとらえていません。理由は上に述べた通りです。


このように、この of は同格の of ではなく、[材料・構成要素]を表す of と考えるのが妥当ではないかと、私は思いました。


●ジーニアス英和大辞典で of を引くと、9a にあります。

[材料・構成要素] …で作った、・・・から成る

これに当てはめて考えると、①は「英語を5年間教えたことで出来上がった experience」のような感じです。


以上、experience について考察しました。


ご感想やご意見がありましたら、コメント欄にお願いいたします。075.gif



Commented by がんた at 2017-01-29 17:53 x
本日、Lady Satinさんのブログを発見した者です。

実は私も、翻訳の仕事に就いております。そのため、Lady Satinさんのブログの面白さ、並びに、すぐに役に立つところにすぐに夢中になりました(実は自分の翻訳について調べ物をしている過程でLady Satinさんのブログに遭遇し、そのおかげで問題が解決したのです。ありがとうございます)。

今回のexperienceに関する論もとても興味深く、私もためしにMacBookに付属している辞書(「New Oxford American Dictionary」)でexperienceを引いてみました。

するとそこには「practical contact with and observation of facts or events」とありました。

これを読んで、私も自分なりに「なるほど」という気がしました。

Lady Satinさんの論とは、切り口が違うのかもしれませんが、つまり、experienceとは、factに触れることであって、factそのものではないから、同格のthat節をとることはできない、とも言えるのではないでしょうか。factは同格のthat節をとることができるわけですが、experienceの意味は、そのfactに触れること、なわけですから、同格のthat節をとることができないということになるのか、と考えています。

今回の記事は、これから続きをお書きになられるとのことで、コメントはそれからにすべきだろうかとも思ったのですが、自分の発見(?)に嬉しくなり、待ちきれませんでした。。。。
Commented by 小石 at 2017-01-29 21:38 x
いつも楽しく読ませていただいてます。
ちょと見当はずれかもしれませんが、experienceの場合、during my experienceといえますね?during my knowledgeやduring my skillとは言えない。
つまりexperienceはある期間の間に体験したもので、Tom had a sad experience in which he lost her wife.とはいえるでしょう。
そういうことで、experience thatは、そぐわないということでは?
Commented by ladysatin at 2017-01-30 13:32
がんたさん
初めまして。コメントをありがとうございます。

がんたさんも翻訳のお仕事をされているのですね。私のブログで問題を解決していただけたとは、お役に立ててうれしいです。

辞書を引いてくださったんですね。
practical contact with and observation of facts or events

なるほど。fact との practical contact とありますね。fact そのものではないから、同格の that 節をとることができないということですね。私が調べた辞書には、それに類似した記載を見つけることができなかったので、新しい情報です。ありがとうございます。

読者の皆様からこのように新たな情報をいただくと、私自身の知識も深まります。
ブログをやっていてよかったと思う瞬間です。
Commented by ladysatin at 2017-01-30 14:06
小石さん
いつもありがとうございます。

おっしゃる通り、experience の場合、during my experienceと言えますが、during my knowledge や during my skill とは言えないと思います。この場合の experience は「具体的に体験したこと」になりますよね。そうすると、可算名詞としての experience の用法になるのではと思いますが、いかがでしょう。

Tom had a sad experience in which he lost her wife.
この文についてですが、気になる点があります。この文は二つに分解すると以下のようになると思います。

a. Tom had a sad experience.
b. He lost his wife in a sad experience.

b の文に不自然さを感じるのですが、小石さんはそう思われませんか。
少し考えてみます。すみません。
Commented by 小石 at 2017-01-31 02:16 x
Tom had a sad experience in which he lost her wife.が成り立つのは、なにか悲しい出来事を経験している間に、彼の奥さんが亡くなったという不幸が重なったいうような時には使えるでしょうね。
さて、Tom had a sad experience when he lost her wife.は、いけるでしょ?
で、when = in whichですから、in which でも文法的にはOKでしょうという人がいるかもしれませんが、そうはいかないんですね。だから英語は難しい。
Commented by ladysatin at 2017-01-31 14:45
小石さん
ご説明いただきよく理解できました。「なにか悲しい出来事を経験している間に、彼の奥さんが亡くなったという不幸が重なった」という場合が考えられるということ。英文を見て、そこまで頭が回りませんでした。
ありがとうございます。
Commented by 小石 at 2017-02-01 16:58 x
すみません、打ち間違いです。... in which he lost his wife.でした、her wifeだとおかしい。
こういうの、私、よく、やっちゃうんですよね。
単純な間違い.....。あとでしばらくたってから見直すと、あらまあ!というのがあります。
そういうことで、翻訳は必ずだれか他の人が目を通したほうがいいということですね。
もちろん、すでに、投稿した内容は修正していただかなくて結構です。
Commented by ladysatin at 2017-02-01 20:11
はい、了解しました。(*^_^*)
Commented by ryu at 2017-02-10 21:36 x
Lady Satinさん こんばんは!

推理小説のような謎解き、ミステリーを読むようなスリリングな体験(experience)になりました\(^o^)/

experience、経験
いずれも抽象的な(?)概念なのに、用いるときは具体的な何かを念頭に置いて使われることが多いのがフシギと感じました。
Commented by ladysatin at 2017-02-11 13:43
ryu さん
お久しぶりです♪

謎解きを始めると、どこまでも行ってしまいます。
experience はまだ途中ですが、考えること自体が楽しいです。
スパッと解決できないところが言葉の勉強の面白さですね。
by ladysatin | 2017-01-29 16:22 | 英文法_English Grammar | Comments(10)