Listening Practice: Boy George Talks about Pete Burns

去る10月23日に Dead or Alive Pete Burns がお亡くなりになったことを、ニュースで知りました。
まだ57歳だったなんてちょっとショックでした。

Dead or Alive は80年代にすごく人気があったグループで、Pete はボーカルでした。
妖艶な美貌でたちまち人気者になったんです。

全盛期の頃の Pete Burns です。美しいです。
f0307478_22135743.jpg


















今回 Pete のことをトピックにした理由は、Culture ClubBoy George が Pete Burns についてインタビューで語っていたからです。

私は Boy George の大ファンです。(今年の来日コンサートにも行きました^^)好きな人の英語を聴いてリスニングの練習をするのは、英語を聞く力をアップするのにとっても効果的だと思っています。なので、今回も一生懸命聞きました。

Pete の死を受けてのインタビューです。ごく最近の話題でもあり、興味のある方もいらっしゃるかなと思い、インタビューを訳してみました。

「Pete との思い出をシェアしてくれませんか」というインタビュアーの問いかけに、George が答えています。

ではでは Let’s listen ♪



以下は訳です。

0:07
Pete Burns とはおかしな思い出がたくさんあるんだ。70年代に初めて会ったときのことだけど、彼が僕の方へ歩いてきて、「お前、俺の真似しただろ」って言ったんだ。カムデンパレスっていうクラブでのことさ。僕がトイレに行こうとしているところに、Pete Burns と彼の妻の Lynn、それからドラマーの Steve Coy に出くわしたんだ。僕も彼もドレッドロックスだっただろ。それで彼が近づいてきて「お前、俺の真似したな!」って言ってきた。僕は「お前になんか似てないよ」と言ったんだけど、対決みたいな感じだったよ。

0:46
Pete のことは初めて会うずっと前から知っていたんだ。70年代が面白かったのは、パンクが終わったあとだけど、インターネットもなければ携帯電話もなくて、ファンジン(ファン雑誌)以外にはコミュニケーションの手段はなかったことかな。雑誌はいくつかあったけど、まだ発展途上だった。

1:07
そんな中、僕らは何でかお互いのことを知っていた。リヴァプールの Pete Burns と Eric’s Club のこと。それに彼のバンドのこともね。リヴァプールの Pete Burns、バーミンガムの Martin Degville、彼はあとで Sigue Sigue Sputnik を始めたけどね。そしてロンドンには僕、Marilyn、それと Steve Strange がいたよ。僕たちは皆、お互いのことを知っていた。

1:29
一番おかしな思い出は70年代のことだけど、僕はリヴァプールに行きたくってね。というのも Eric’s Club は人気がある場所って聞いていたからさ。でも行くのは怖かったんだ。というのも行ったらボコボコにされるぞって聞いていたからね。

1:45
70年代っていうのは、見た目が全てだったんだ。もし、君が誰かにちょっとでも似ていて、近づいたとすれば、殴られるんだから。だから最初の頃は、Pete Burns との間には敵対心みたいなものがあったよ。でも、何年かしたら次第に握手して友達になっていった。でも80年代はお互いに意地悪なことを言い合ってたよ。僕は彼のことを "Third-degree Burns (第三度熱傷)"って呼んでたんだ。僕のThe Medal Song っていう曲はシングルとしては初めての大失敗で、上位のチャートにはいかなかったんだ。そしたら Pete は「お前にマリファナを送ってやる」って言ったんだよ。

2:27
お互いに嫌なことを言い合ってたけど、おかしかったよ。僕は彼のことが大好きだったよ。驚くべき人だったし、常に魅力的だった。彼が部屋に入ってきたり、通りを歩いていたら、避けることなんてできない。彼が自分自身を変えてしまって目立つようになって、ショッキングでもあった。でも変人の仲間として、彼は憧れの対象だった。

2:58
彼は自分の人生を生きたんだ。スポットライトの中でね。彼は自分自身を創造することで、隠れることなんてできなかったんだ。僕なら消えることができる。帽子を脱いで、化粧をとって、フードを被ってサングラスをすれば、人は僕には気づかないよ。だけど、Pete Burns は、家を出た後も常に Pete Burns だったんだ。

(終わり)
--------------------------------------

大体聞き取れましたが、George はかなり早口なので、何度聞いてもわからなかった箇所が3箇所ありました。
もし聞き取れた方がいらっしゃったら、是非教えてください。

XXX が聞き取れなかったところです。

①Because I heard this club Eric, XXX place to be. (1:35)
(というのも Eric’s Club は人気がある場所って聞いていたからさ。)

place to be の前になんか言ってるんですが、よくわかりません。little のような気もするのですが。

●place to be - 《the ~》みんなが行きたがる場所◆クールで、人気のある、一見の価値のある場所(英辞郎より)

②He said he’s gonna send me a XXX. (2:23)
(Pete は「お前に〇〇を送ってやる」って言ったんだよ。)

ここかなりはっきりと発音されていて leaf に聞こえるんですが、意味をなしませんよね。
音としては L でなくて R に聞こえませんか。そうだとしたらますますわかりません。

③There were a lot of bitchy XXX, very funny. (2:28)
(嫌なことを言い合ってたけど、おかしかったよ。)

ここもわかりませんでした。

以上3箇所です。お分かりになった方は教えていただけるとうれしいです。

今回はリスニングのトピックでした。
ではまた。001.gif

------------
★上記の問題すべて解決しました。(^_^)/

①正しくは because I heard this club Eric...it was like "the" place to be.
②〇〇はマリファナのこと
③正しくは There was a lot of bitchiness - it was really funny.


花瑠々さん、そらさん、ありがとうございました。
Commented by 花瑠々 at 2016-11-22 01:46 x
こんばんは。
多分
②he said he's gonna send me a reef.
だと思います。
urban-dictionaryで調べたらreefはでマリファナの意味がありました。
Commented by ladysatin at 2016-11-22 14:34
花瑠々さん
わざわざ調べてくださってありがとうございます。

reef にマリファナの意味があったとは全く知りませんでした。
確かに Urban Dictionary にありますね。
A slang term for Marijuana: Cannabis

まさに Pete はブラックユーモアで言ったんでしょう。
いやはや参りました。本文訂正しておきます。

ひとつ私の疑問が払拭されました。
ブログをやっていると、こんなご褒美もあるんですね。
花瑠々さん、本当にありがとうございました。
Commented by 花瑠々 at 2016-11-24 02:08 x
こんばんは。
前回は私のコメントに、丁寧なお返事をいただきまして
ありがとうごさいました。
それに気をよくして、また来てしまいました。

①the place to be
かな?って思ったのですがどうでしょう??

正直②のようにはっきり聞き取れたわけではないので自信ないですが…

ladysatinさんのブログはいつも色々為になるなあと思いながら読んでます。お仕事お忙しいとは思いますが、ブログ楽しみにしています(^^♪
Commented by ladysatin at 2016-11-24 21:00
花瑠々さん
①にもチャレンジしていただいてありがとうございます。

私も何度も聞いてみましたが、おっしゃる通り定冠詞の the を発音していますね。
それと、私の最初の聞き取りではこのように書いていましたが、間違いでした。
Because I heard this club Eric, XXX place to be.
このように Eric と XXX place to be は同格だと思っていたのですが、heard 以下は that 節ですね。
George は Eric was the と言っています。やっと今日、聞き取れました。

だからこうすべきでした。
Because I heard this club Eric was the XXX place to be.

そこで XXX の箇所なのですが、やっぱり何か単語を発音しているように聞こえます。
よろしかったらもう一度聞いていただけませんか?

花瑠々さんのおかげで、少しずつ解明されつつあるようでうれしいです。
また何か気づかれましたら何でもお願いします。σ(^_^;)
Commented by rollingwest at 2016-11-25 22:27
初めまして、ローリングウエストと申します。(もしかして2回目訪問かもしれません) 新潟県柏崎生れ川崎市在住の58歳(山好き・旅好き・歴史好き・昭和レトロ好き・洋楽好き)の中年オヤジです。最近、スマホ普及のせいか洋楽ブログをやめちゃう人が多くなり寂しさを感じていたのですが、洋楽への深い考察をされている方を発見してお邪魔させて頂きました!これから色々と勉強させて頂ければと思います。ちょうど今、フリートウッドマックの1975名曲を公開中ですので是非とも遊びに来られて頂ければ幸いです。
Commented by そら at 2016-11-26 00:02 x
いつも興味深く拝見しています。
洋楽トピック楽しいです!

① because I heard this club Eric...it was like "the" place to be.
かな?と思いました。
Ericという店名を言った後に、再度itで受けて言い直してるような感じに聞こえたんですがどうでしょうね? そしてtheを強く発音して、まさに行っておくべき人気の場所だったってことを強調しているように聞こえました。強調している割にはlikeを入れて、「〜みたいな」と軽いノリですけど。

② There was a lot of bitchiness - it was really funny.
でしょうか?

Dead or Alive よく聴いてましたー♪
今でもたまに聴いてます笑

Boy Georgeさん - なんだか明るく思い出を語ってくれてて、しんみりしてなくて、それが逆にとっても愛を感じます。

Commented by 花瑠々 at 2016-11-26 18:44 x
どうも。こんばんは。

あれから、また聞き直してみました。

①because I heard this club Eric, it was (like) the place to be

前にコメントした時は、theの前のゴニョゴニョがわからなかったのですが、そらさんのコメントを見てitとwasは言ってるなと思いました。この箇所私には早口過ぎて、likeが聞き取れませんでした(汗
theは強調されて(日本語風にすると”ザぁ→↑”って感じ)発音されていると思います。なのでtheとplaceの間に単語は無いかと。。。

③は、そらさんのコメントの通りだと思いました。(自力では聞き取れなかったと思いますw)


Dead or Aliveは、昔、夜ヒットに出ていたのを観て、チョット不気味と思ってました。(子供だったので、、、ファンの方すいません<(_ _)>
Commented by ladysatin at 2016-11-26 20:40
ローリングウエスト さん
初めまして。コメントをありがとうございます。

ブログを拝見しました。ローリングウエストさんの洋楽コーナーは、私の思い出の曲がたくさんありました。ひとつひとつの解説が詳細で読み応えがあり、素晴らしいです。Fleetwood Mac の Rhiannon は大好きな曲です。Stevie Nicks は、私の中では女性ボーカリストの筆頭です。ソロアルバムも全部もっています。Bob Welch の記事も読ませていただきました。Sentimental Lady 大好きです。

ローリングウエストさんのブログを拝読していると、なつかしい記憶がよみがえります。
またお邪魔させてください。今後とも宜しくお願いいたします。
Commented by ladysatin at 2016-11-26 21:12
そらさん
コメントをありがとうございます。

①は再度 it で受けて、it was like the place to be なんですね。会話でのことなのでとても自然だと思います。the のあとは何もなさそうですね。私にはなぜか聞こえるのですが、花瑠々さんも何もないみたいとおっしゃっていますので、たぶん私の空耳だと思います。σ(^_^;)

②は bitchiness でしたか。私は形容詞の bitchy にとらわれて、行き詰まりました。
もう一度聞いてみたら、おっしゃる通りズバリ bitchiness でした。

そらさんはもしかして海外での生活が長い方でしょうか。
こんなに細部まで聞き取れるなんて尊敬します。

私の疑問を解決してくださってありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
Commented by ladysatin at 2016-11-26 21:22
花瑠々さん
いつもありがとうございます。

>theは強調されて(日本語風にすると”ザぁ→↑”って感じ)
なるほど~。そのあたり私がよく聞き取れてないのだと思います。

今回は、花瑠々さんとそらさんにすごく助けられました。
また私自身、とても勉強になりました。本当にありがとうございました。

リスニングのトピックは、こんな感じで読者の皆さんが参加できていいかもしれませんね。
長さも3分ちょっとで聴きやすいですね。また良さそうな材料を探してみます。(^_^)
Commented by そら at 2016-11-27 00:32 x
Satinさん 花瑠々さん こんばんは

①の部分は本当に早口ですよねー。
私が書いたのが本当に合ってるかはわかりませんがー汗
likeって言ってるように聞こえるんですけど、確信はない。。
まぁ、他の部分でも、kinda, sort of, it was like... など「〜みたいな」的な言葉をよく使っておられるので、ここもlikeかなーと。

私は大学時代に2年間アメリカに留学していました。
短大卒業後渡米し、3年次に編入して2年間で四年制大学を卒業する形です。90年代の話ですよ... :P
今の仕事でも読む・書く・訳すの英語は使いますが、聞くことと話すことを全くしなくなって久しいです。

私はやはり北米の英語が一番聞き取りやすく、Britishは苦手なのですが、GeorgeさんはBritishだけどすごくneutralな聞きやすい英語を話されますねー。
笑い声とのギャップが好きです(笑い声だけおやじっぽい...)

Dead or Alive... 花瑠々さんがチョット不気味とおっしゃられるのわかりますー笑
流行りのユーロビートのちょっとイロモノ的バンドって感じでしたよね。Satinさんのお好きなカルチャークラブとはメディアでの扱いも違ったように思います。

Satinさんは、技術翻訳者というお仕事柄、ものすごく細部にこだわっておられるのがすごいなーといつも感心しています。文法の知識にもいつも圧倒されます。

長々とすみませんー。
Commented by ladysatin at 2016-11-27 21:33
そらさん
やはり留学されていたのですね。正規留学するにはその時点で高い英語力が求められますから、相当優秀な成績を収めておられたのだと思います。私は留学経験はないのですが、翻訳の仕事をする前は外国人のマネジメントに長く携わっておりました。当時は数百人の外国人と仕事をしましたが、今は外国人と会って話す機会はほとんどなく、リスニングの力もかなり劣ってきたように感じています。

私もアメリカ英語の方が聞き取りやすいです。George は British な上に話すスピードが速いので、他のインタビューを聞いてもくらいつくのに必死です。

ところで、George と Pete は見た目がきれいなので昔はよく比較されていましたが、次第に Pete が自分の顔を変えるようになって、最後は本当にショッキングな風貌になってしまいましたね。元から美しいのにもっと美しくなりたかったんでしょうか。人間ってわからないものだと思います。

このブログも3年以上たちました。更新の頻度は少ないのにコメントを下さる方が多く、ありがたいことだといつも思っております。これからも不定期ですが更新していきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by はるまき at 2016-12-13 05:36 x
私も聞き取り挑戦してみました
まずは正解を見ずにビデオを見始めたら、いきなりladysatinさんの訳と違うところが・・・
最初の方、トイレに行ってる時『コピーしただろ』と言われて
I was like... I don't look like you...
と言ってますよね?
また、『俺はお前には似てないぞ?』と思っただけで
言い返してはいないようです、殴られるのは嫌だったからでしょう(笑)

①は早いですね、正解を見た後でも"the"の前が聞き取れません
Commented by ladysatin at 2016-12-13 14:58
I don’t look like you ですね。
ここはさらっと聞いて、I don’t know about you だと思ってました。
こういうところが私ってまだまだなんだと思います。
これで4か所聞き取れてないことがわかりました。
そのほかにも思い込みの箇所があるかもしれません。
教えてくださってありがとうございます。
by ladysatin | 2016-11-17 22:23 | Music & English_1 | Comments(14)