訳詞の世界~Luka – Suzanne Vega(和訳)

久しぶりに女性アーティストの曲を選んでみました。

Suzanne VegaLuka という曲です。

Suzanne Vega のデビューは1985年。彼女のファーストアルバムは、美しく深みのあるメロディーが散りばめられていて、毎日のように聴いていた記憶があります。淡々と歌う人です。音域はあまり広くないけど声の質はとても良くて、聴いていると心地よいのです。詞の内容も独特の世界観に満ちています。

ファーストがよかったのでセカンドも買いました。
アルバムタイトルは Solitude Standing(1987年の作品)

(引っ張り出して写真をパチリ↓)
f0307478_0324353.jpg
















このアルバムの1曲目 Tom’s Diner は AGF マリームのコマーシャルに使われました。ご存じの方いらっしゃるかしら。1987年のことです。かなり古いけど、YouTube で探したらありました。ついでながら、Tom’s Diner は世界で最初に MP3 フォーマットになった曲なんだそうです。

本日の曲、Luka は Tom’s Diner が終わって2曲目です。
シングルカットされ全米では3位までいきました。

Luka は何も知らずに聴くと、明るいポップスみたい。

でも、内容はとってもシリアス。

というのも児童虐待をテーマにした曲だから。

虐待を受ける少年の視点から描かれた曲です。

詞を読み込んでいくと、とても切ない気持ちになります。

私が訳詞をするときはなるべく原文に忠実に訳します。今回はもう少し踏み込んで、言葉の裏にある思いも私なりに解釈しています。



Suzanne Vega is a brilliant songwriter and singer.

*******************************

Luka
Written by Suzanne Vega

My name is Luka
I live on the second floor
I live upstairs from you
Yes I think you’ve seen me before

名前はルカっていうんだ
2階に住んでるの
あなたの部屋の上だよ
うん、僕を見かけたことあると思うよ

If you hear something late at night
Some kind of trouble. some kind of fight
Just don’t ask me what it was
Just don’t ask me what it was
Just don’t ask me what it was

もしも夜遅くにね
もめごととか喧嘩みたいな騒ぎ声を
あなたが聞いたとしても
「何だったのかい?」なんて
僕に聞かないでね
お願いだよ
どうか聞かないで

I think it’s because I’m clumsy
I try not to talk too loud
Maybe it’s because I’m crazy
I try not to act too proud

僕って器用なタイプじゃないんだ
だからだと思う
あまり大きな声では話さないように努力はしてる
それか僕が馬鹿だからかな
えらそうにもしていないつもりなんだけど…

They only hit until you cry
After that you don’t ask why
You just don’t argue anymore
You just don’t argue anymore
You just don’t argue anymore

あの人達は泣くまで殴るだけなんだからさ
それが終わったら「どうしてなの?」って聞かないことだよ
それ以上言い争ってもだめ
口論しても無駄なんだ

Yes I think I’m okay
I walked into the door again
Well, if you ask that’s what I’ll say
And it’s not your business anyway

うん、僕は大丈夫だと思うよ
またあの家に戻ったんだ
もしあなたが聞いてきたら僕はそう言うよ
でもどっちみちあなたには関係のないことだよね

I guess I’d like to be alone
With nothing broken, nothing thrown
Just don’t ask me how I am
Just don’t ask me how I am
Just don’t ask me how I am

ただ、一人になってみたいかな
そしたら何も壊されることもないし
何も投げつけられることもないだろうからね

僕に「大丈夫?」なんて聞かないでね
「どうしてる?」なんて聞かないで
お願いだから

My name is Luka
I live on the second floor
I live upstairs from you
Yes I think you’ve seen me before

名前はルカっていうんだ
2階に住んでるの
あなたの部屋の上だよ
うん、僕を見かけたことあると思うよ

If you hear something late at night
Some kind of trouble, some kind of fight
Just don’t ask me what it was
Just don’t ask me what it was
Just don’t ask me what it was

もしも夜遅くにね
もめごととか喧嘩みたいな騒ぎ声を
あなたが聞いたとしても
「何だったのかい?」なんて
僕に聞かないでね
お願いだよ
どうか聞かないで

And they only hit until you cry
After that, you don’t ask why
You just don’t argue anymore
You just don’t argue anymore
You just don’t argue anymore

あの人達は泣くまで殴るだけなんだからさ
それが終わったら「どうしてなの?」って聞かないことだよ
それ以上言い争ってもだめ
口論しても無駄なんだ

*************************
訳詞は以上です。

ここからは詞について考察したいと思います。

この歌には特徴的なことがありますが、皆さんは気づきましたか?
実は韻を踏んでいる箇所がたくさんあるんです。それについても書きますね。

では最初のパートから…。

Luka はアパートの外の階段にポツンと座っています。
そこを1階の住人が通りかかり Luka に話しかけます。
「君ってこのアパートに住んでる子だよね。たまに見かけるよ。名前は何て言うんだい?」

Luka は恥ずかしそうにこう答えます。
************************
My name is Luka
I live on the second floor
I live upstairs from you
Yes I think you’ve seen me before

名前はルカっていうんだ
2階に住んでるの
あなたの部屋の上だよ
うん、僕を見かけたことあると思うよ
************************
★floor とbefore が韻

1階の住人は心配そうに Luka を見つめます。
その表情を見てLuka は、夜中に騒動を起こしているのを彼は知っているんだろうと思います。

そしてこう言います。
************************
If you hear something late at night
Some kind of trouble. some kind of fight
Just don’t ask me what it was
Just don’t ask me what it was
Just don’t ask me what it was

もしも夜遅くにね
もめごととか喧嘩みたいな騒ぎ声を
あなたが聞いたとしても
「何だったのかい?」なんて
僕に聞かないでね
お願いだよ
どうか聞かないで
************************
★night と fight が韻

1階の住人は、Luka の話を黙って聞いています。

Luka は話を続けます。
************************
I think it’s because I’m clumsy
I try not to talk too loud
Maybe it’s because I’m crazy
I try not to act too proud

僕って器用なタイプじゃないんだ
だからだと思う
あまり大きな声では話さないように努力はしてる
それか僕が馬鹿だからかな
えらそうにもしていないつもりなんだけど…
************************
★clumsy と crazy、そして loud と proud が韻を踏んでいます。

Luka は、小さな頭で虐待される原因を考えています。
でもどうしていいのかわからないのです。

次のパートで、自分は虐待が終わるまで我慢するしかないのだと、住人に語ります。
************************
They only hit until you cry
After that you don’t ask why
You just don’t argue anymore
You just don’t argue anymore
You just don’t argue anymore

あの人達は泣くまで殴るだけなんだからさ
それが終わったら「どうしてなの?」って聞かないことだよ
それ以上言い争ってもだめ
口論しても無駄なんだ
************************
★cry と why が韻

ここで突然 you が出てきましたが、これはもちろん会話の相手(1階の住人)のことではありません。
一般論を言っています。「そういうものなんだ」という気持ちが入っています。

私はこの後、場面が変わったと思います。
というのは I walked into the door again と過去形が出てきたからです。

しばらく1階の住人は Luka を見かけていなかっただろうと思います。
Luka は多分、家を出たんでしょう。でもまた戻ってきたんです。
そして、Luka を見かけた1階の住人が、心配して話しかけます。
「大丈夫なのかい?」

Luka は答えます
************************
Yes I think I’m okay
I walked into the door again
Well, if you ask that’s what I’ll say
And it’s not your business anyway

うん、僕は大丈夫だと思うよ
またあの家に戻ったんだ
もしあなたが聞いてきたら僕はそう言うよ
でもどっちみちあなたには関係のないことだよね
************************
★okay, say, anyway の3つが韻

I walked into the door again のところは別の解釈をされている人もおられるようです。
「ドアに頭をぶつけた」という解釈ですが、私はそのように解釈しませんでした。
というのは、1階の住人と Luka は既に事実を共有していますから、うそをつく必要はないのです。
私は「また家に戻った」ことを述べていると思いました。

「君はこれからどうしたいの?」と1階の住人が聞きます。
それに対しての Luka の答えがこれです。
************************
I guess I’d like to be alone
With nothing broken, nothing thrown
Just don’t ask me how I am
Just don’t ask me how I am
Just don’t ask me how I am

ただ、一人になってみたいかな
そしたら何も壊されることもないし
何も投げつけられることもないだろうからね

僕に「大丈夫?」なんて聞かないでね
「どうしてる?」なんて聞かないで
お願いだから
************************
★alone と thrown が韻

I guess I’d like to be alone のところは、かなり控えめな表現になっています。

文頭の I guess は住人に「君はこれからどうしたいの?」と聞かれて、ここで少しの間があったんだろうと思わせる表現です。「そうだなあ」というニュアンスを感じます。そして、I’d like to be alone は「できたら一人になりたい。無理だろうけど。」という思いで言っていると思います。I want to be alone であれば「是非とも一人になりたい」となるでしょうが、I’d like to be alone はもっと控えめです。おそらく一人になりたいとか Luka はこれまで考えたことはなくて、1階の住人に不意をつかれてそう答えたのではないかと、私は思いました。

考察は以上です。

日本でも親から虐待を受けている子供達がいます。
私達は、死という最悪の結末を受けた子供がニュースになって初めて、こんな状況があるということを知ります。
今も助けを求めている子供達がいるのではないか。
もしかしたら自分の近くに。
何か自分にできることはないだろうかと考えます。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。


Commented by Smily oh yeah! at 2016-10-14 02:34 x
Dear Satin san♪
Mark Chesnutt stays alive at the age of 53!
自分の勘違いに,びっクリ chesnut(栗)!?(^_^)v
Including Country Western songs,I love Fredy Marcury's performance Luka's relics are very interesting&deep!
I'm looking foward to reading your next article,probably concerning Luka.
Have a nice week end!
Oh yeah♂?=really♂?(笑)
Alias,Smily Anthing goes
Commented by ladysatin at 2016-10-14 23:13
Smily さん
こんにちは。Chesnutt さんはご存命でしたか。びっ栗ですね。

Freddie Mercury って Queen のですよね?
私が初めて買った洋楽のアルバムが Queen でした。(^^)

Luka の記事はもう少し書くつもりなんですが、今大きな仕事が入ってしまって、それが終わってからになりそうです。気長にお待ちいただければと思います。m(_ _)m

Thank you for your lovely comment!
Commented by Smily Oh Yeah! at 2016-10-23 23:20 x
Thank you very much for your heart-warming reply.

About Freddie Mercury's spelling綴り(not spell:呪文),I made a mistake.
It seems you are busy business wise.
Please take a rest and be carful of yourself!
Your blog is my cosy joint(plase) anyway.
Stay happy and healty!
Love always
Smily ♯“Anything goes”♭♪ ♯~♭
Song by Tonny Benett ane Lady Gaga
Commented by ladysatin at 2016-10-25 18:52
Dear Mr. Smily,

I always make spelling mistakes, too. No big deal. I’ve been a busy bee these days, but I really wanted to complete this article and finally I did. I’m happy. (^_^) I hope I can make this blog more comfortable for readers so that they can relax and have a good time here over a cup of coffee.
Thank you for your support.♪
Commented by smily at 2016-10-31 00:45 x
余りにも遠慮なく連続したコメントで,特に愛読者の方々は不愉快,不可解なのではと危惧しております。
SatinさんのJokeは若葉の頃♪のように爽やか!
You've got a sense of humour, really.

And your English expressions are“staying alive♪”.

From B‐class aged guy Smily,alias B gee.

(Remain)Single B級 爺

(^_^;)

Bee Gee.
singular⇔plural
Commented by ladysatin at 2016-10-31 14:13
Smily さん
連続コメントは大歓迎です♪
Smily さんの Joke も素敵ですよ。Stain’ Alive は懐かしいです。Saturday Night Fever もちろん観に行きました。Smily さんが Bee Gee だったら、私は Bee Baa ですよ。
B級 婆 (^w^)
Commented by KOTA at 2016-12-04 20:34 x
My name is Luka、で始まるこの曲を、初めて聞いた時胸が痛くなり、もっと彼女を知りたくてCDを買いました。その時は、とても悲しい曲だと思いました。
最近「砂の塔」というTVドラマを見て、いじめられている子に対する自分の考え方が変わっているのに気づきました。いじめの決着を誰にも頼らず耐える魂を、自分だけでつけて自殺する魂を、なんて高貴な魂なのだと思っています。
その魂は自立していて、だから、いじめられることになるのかもしれないけれど、いじめに反撃するより、いじめに耐える方を選び、誰にも迷惑をかえず耐え続ける、その勇気ある魂を、可哀そうなんて言ってはいけないと思っています。
それよりも、自分の意志を尊重して生き抜く魂の気高さを、勇気を、その生き方を嫉妬し、力で押さえつけるゆがんだ魂を悲しいと思っています。

Yes I think I’m okay
I walked into the door again

いじめるより、いじめらるほうがずっといいよ。
そんな声が聞こえるんです。
Commented by ladysatin at 2016-12-05 17:01
KOTA さん
コメントをありがとうございます。
この曲は Suzanne Vega の感性満ち溢れる名曲だと思います。
こんなに重たいテーマを淡々と歌われると、一層心に沁みますね。

KOTA さんのお考えにはハッとさせられました。いじめに耐える方を選んだ子の高貴な魂を、可哀そうなんて言ってはいけないということ。これには色んなご意見があるかもしれませんが、いじめで死んでしまった子供達の魂は、せめてそう考えてあげなくては浮かばれないと私も思います。

またそれとは別に、子供達が発するサインを見逃さないようにするにはどうすればいいのかを、周りの大人が深く考えるべきだとも思います。学校でいじめを受けている子供の場合、毎日同じ屋根の下で生活しながらも、親が自分の子供の様子の変化に気付かなかったケースを報道で知ることがよくあります。公園で一人の子供がポツンといるのを見たら、素通りするのでなく、何か悩み事でもあるんじゃないかなとか、ほんの少し気にかけてあげることが、私達大人ができる一歩なのではと思っています。

貴重なご意見をありがとうございました。
Commented by KOTA at 2016-12-05 18:42 x
早速のお返事ありがとうございました。

私はLukaでした。こぶしではなく、ことばでしたが。
心が真っ黒くなっていくたくさんの言葉。耳がワンワンする大声。
Lukaでなくなった日、愛することをやめました。

中学を卒業して二年後に級友が自殺しました。
いつも微笑んでいた彼女もLukaだったことを知りました。
愛することを最後まで止めなかったLuka。
大勢の級友と現場に花を手向けに行った時、
泣けなくて、踏み切りの前でひとりで線路を見つめていました。
ここからあそこまで長かっただろうな、と思っていました。

いじめは、一度では終わりません。
生きている限り、何度も、何度も起きます。
愛を知らない魂は、何処にでもいて、どんなことでもします。

がんばっているLukaたちは、いじめに耐えているのではなく、自分の愛を守っている勇気ある魂です。
元Lukaには、その強くて気高い姿がとても眩しいです。
Commented by ladysatin at 2016-12-06 19:48
KOTA さん
そのようなことが過去におありになったのですね。
心に秘めておられたであろう個人的なご経験を打ち明けてくださって、ありがとうございます。

読ませていただくうちに心が苦しくなりました。KOTA さんとそのご友人がどんなにつらい思いをされたのかは、実際に同じ経験をした人にしかわからないと思います。ですが、愛することをやめたなんてどうかおっしゃらないでください。愛したい人だけを愛していただきたいです。

私も子供の頃にいじめを受けたことがあります。KOTA さんのご経験には比較にならない程度のささいな内容です。それでもその頃に受けたいじめの記憶は、今でも消えることはありません。ですが、その記憶と共存しながら生きていこうと、いつしか思うようになりました。また、その経験をしたからこそ、今の自分があるような気がしています。

KOTA さんはきっと、心穏やかで優しい方だと思います。先日、Catch The Rainbow にコメントをくださいました。その文面を読んでそう思ったのです。私のコメントバックにさらにお礼のコメントをくださいましたね。今回もそうでした。そのような方が、人を愛することをやめるなんてできるのでしょうか。

とりとめのないことを書いてしまいました。
お返事になっているかどうかわかりませんが、今の私の正直な思いです。
Commented by KOTA at 2016-12-06 21:20 x
Lukaの訳がとても良かったので、心にしみたので、コメントしました。
つらい思いをさせてごめんなさい。

なんの苦労もなく、のんきに見える人がいたら、私です。
楽しく仲間と笑い合い、でもちょっとだけ、わからない程度に離れている人がいたら、私です。

私も折り合いをつけて生きています。

アドバイス、嬉しかったです。
Commented by ladysatin at 2016-12-07 16:13
KOTA さん
悩みがあってもそれを表に出さない人って素敵だと思います。
そして、「いつも笑ってるけどあの人にも悩みがあるんだろうな」って思える人も素敵です。

過去を変えることはできませんが未来は変えられます。
今の自分の心ひとつで未来は良い方向に向かうのだと思いたいです。

12月に入り冬の寒さが身にしみます。
外は寒いけど、心の中は暖かくしてお過ごしくださいね。
Commented by tacaQ at 2016-12-17 10:19 x
Despradoでコメントさせていただいた者です、
おひさぶりです、と挨拶してもよろしいですかね。

Lukaが流行っていた頃、その意味を聞いてアメリカの暗い部分にやりきれない気持ちを抱いたことを覚えています。
ただ、こうした社会的なメッセージ性をもった歌が受け入れられるアメリカのふところの広さも羨ましくも感じました。

こうした問題は、もはやアメリカだけでなく、日本でも珍しくなくなってしまいました。残念なことですが。
しかし、日本では、この手の歌はあまり、今もうけいれられていません。それが、この社会が狭量なのか、歌い手の資質と意識の問題なのか、私にはわかりません。

問題解決になにもできないままの自分ですが、この歌にこめられた想いだけでも、かたりたいものです
Commented by ladysatin at 2016-12-17 16:44
tacaQ さん
ご無沙汰しています。
Desperado でコメントをいただいた時は、とてもうれしかったです。

本当にこの歌はアメリカだから受け入れられたのかもしれないですね。Suzanne Vega がグラミー賞でこの歌をうたっているのを YouTube で見たのですが、会場の人々がじっと聴いていたのが印象的でした。Suzanne が歌い終わると、先日亡くなった Prince が立ち上がって拍手していました。彼はこの歌にとても感動したことを Suzanne に手紙に書いて送ったそうです。

日本ではこういう内容は歌にしにくいのでしょうか。デリケートな内容であるだけに作る人がいないのと、作ろうと思っても簡単に作れないのかもしれません。

この歌はメロディもメッセージも素晴らしいですね。
コメントをありがとうございました。
by ladysatin | 2016-10-13 00:45 | Music & English_3 | Comments(14)