戦争の弧 - the arc of that terrible war

前回のオバマ大統領の広島スピーチに関する記事は、想像以上に多くの方に読んでいただいているようです。ありがとうございます。その中で the arc of that terrible war arc をキーワードに検索をかけて、記事を読みに来ていただいている方が多いようです。この arc は何のことでしょうかと質問を受け、前回の記事でコメント欄に回答しましたが、記載箇所がわかりにくいこともあって、この件については記事を独立させることにしました。

前回の記事はこちらです。
オバマ大統領の広島スピーチ(全文・日本語訳)

arc の訳は英和辞典にある通り「弧」になります。しかし、この訳が新聞などの訳には出ていないため、疑問に思われている方が多いようです。この arc は、「弧」として明確に訳出する必要があると思います。

もう一度この箇所のあるパラグラフを見てみましょう。前回の記事の試訳です。
--------------------------------------------------------------
9) That is why we come to this place. We stand here, in the middle of this city, and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

だからこそ我々は、この場所に来るのです。我々は、ここ、この都市の中心に立ち、我々自身に、爆弾が投下されたときの瞬間を想像することを強いるのです。目の当たりにした光景に混乱した子供たちの恐怖を感じることを、我々自身に強いるのです。我々は、無言の泣き声に耳を傾けます。我々は、あの恐ろしい戦争の弧の中で、またその前の戦争、そしてその後起こったの戦争の中で殺された、全ての罪なき人々を追悼します。
--------------------------------------------------------------

ここから先は解説です。お断りしておくと、私は地政学についての知識はありません。ですので、下に書いた内容は、あちこち調べて、こういうことであろうと行き着いた内容です。

across the arc of that terrible war は比喩表現で、the arc はこの場合、戦争が起こった地域を指していると思います。arc は地政学における概念で、イギリスの地理学者のマッキンダーが、アフリカ、バルカン半島から中東を通って、東南アジア、朝鮮半島に至る、帯状の紛争の地域を「危機の弧 arc of crisis」と定義したのが、この用語 arc が使われた起源のようです。これになぞらえて、アメリカは油田のあるアフリカ北部を「チャンスの弧 arc of opportunity」、治安と経済が安定しているヨーロッパを「安定の弧 arc of stability」として、アメリカの世界戦略基盤と考えています。また、紛争地域を「不安定の弧 arc of instability」と呼ぶようです。

これら一連の表現から the arc of that terrible war という表現をオバマ大統領は使っているのだと思いました。
the がついているのは、世界大戦に関わった国々も地域も特定されているからです。

ところで、「なぜ弧というのか」という疑問も出てくるかと思います。これはおそらく形状のことだと思います。調べてみたのですが、arc of XXX という表現はよく使われているようです。先に述べた「不安定の弧 arc of instability」は、まっすぐに伸びているものではなく、弧の形であらわされています。

以下のサイトで地図上に、ARC OF INSTABILITY を弧で示してあります。
http://www.tlaxcala-int.org/article.asp?reference=14134
f0307478_23352752.jpg












また、以下のサイトでは、ARC OF TENSION がやはり弧状に地図に示されています。
https://www.americanprogress.org/issues/security/report/2012/04/18/11439/climate-change-migration-and-conflict-in-northwest-africa/
f0307478_2336675.jpg



















こちらは ARC OF DEFORESTATION の地図です。
http://www.economist.com/node/21541033

f0307478_23362457.jpg














上記3つの例のように、なだらかなカーブを描く帯状の地帯を「arc 弧」と表現すると考えてよいと思います。

また、第一次安倍内閣のときに麻生外務大臣が提唱した「自由と繁栄の弧 (the arc of freedom and prosperity)」の指す地域は、「北欧諸国から始まって、バルト諸国、中・東欧、中央アジア・コーカサス、中東、インド亜大陸、さらに東南アジアを通って北東アジアにつながる地域(Wiki より引用)」です。これも形状が弧の形です。

このようにみてくると、the arc of that terrible war も同様に、 that terrible war が指す地域を弧状ととらえて、この表現がなされているのではないかと思います。
Commented by 浅田正人 at 2016-06-09 13:17 x
arc of that terrible war について詳細な解説ありがとうございました.今,高2の英語の授業でこのスピーチを取り扱っているところなので,とても参考になりました.ところで arc でもう一つ連想されるのは island arc 島弧というか 列島 ではないでしょうか.
Aleutian Islands, Kuril Islands, Ryukyu Islands, Philippine Islands, Sunda Islands, Andaman & Nicobar Islands, Mariana Islands, Bismarck Islands, Solomon Islands そして言うまでもなく Japanese Archipelago と,代表的な弧状列島の多くが太平洋戦争の戦場となっています.
Commented by ladysatin at 2016-06-09 22:39
浅田正人さん
コメントをありがとうございます。
このスピーチを授業で取り上げてらっしゃるとは、素晴らしいですね。

「島弧 island arc」という考え方は、私自身は思いつきませんでしたので、大変新鮮に受け止めました。おっしゃる通り、あげてくださった弧状列島の多くが太平洋戦争の戦場となっています。このことを、オバマ大統領は the arc of that terrible war と表現したのではないかと考えることができるかもしれません。ただその場合、複数の島弧を指すと考えられますので、arcs と複数形になるのではと思いますがいかがでしょうか。
Commented by 浅田正人 at 2016-06-10 10:23 x
はい.私も単数形であることは気がついていますので,直接的にそれらの各島弧を指すとは思わないのですが,それらを含めて,太平洋戦争が戦われた(米大陸〜)アリューシャン〜千島〜日本列島〜南西諸島〜(東南アジア)〜フィリピン〜太平洋諸島(〜ハワイ?)という弧状の地域ということでは如何でしょうか.世界地図を眺めると,割と自然な気もするのですが.それとも,世界史的に考えるとやはりヨーロッパ戦線も含んだ方が良いのでしょうか?
Commented by ladysatin at 2016-06-10 14:22
詳しくご説明いただきありがとうございます。おっしゃる意図がよくわかりました。

We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

この文なのですが、the wars that came before (その前に起こった様々な戦争)、そして the wars that would follow(その後に起こった様々な戦争)とあります。つまり、この2つの間に the arc of that terrible war があるという書き方です。そこで、that terrible war とは何なのかという話になろうかと思います。太平洋戦争だけを指すのか。それともそれを含む第二次世界大戦のことなのか。

私見とお断りして申し上げると、私は第二次世界大戦のことではないかと思います。というのは、オバマ大統領は、The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki と述べ、In the span of a few years, some 60 million people would die と世界大戦における具体的な死者数を挙げておられます。このような点を鑑み、that terrible war は第二次世界大戦を指しているのではないかと考えました。
Commented by mocchi at 2016-06-17 17:04 x
arcに関してですが、新聞等の訳では抜けている例が多く疑問に思っていました。arcには確かに弧という意味がありますがそれ以外アーク溶接(arc welding)で用いられている火花という意味もあります。
アーク溶接でググっていただければアーク火花の例(写真等)は種々見れるかと思います。
地政学的な意味でも考えられるとは思いますが、ここはもう少し直接的に「あの恐ろしい戦争の火花の中で」と解釈する方がより直接的で明確かと思いますがいかがでしょうか?
Commented by ladysatin at 2016-06-18 22:09
mocchi さん
コメントをありがとうございます。

arc welding という表現は、恥ずかしながら存じませんでした。アーク溶接の意味なのですね。
the arc of that terrible war についての私の見解は本文に書いた通りなのですが、異なるご意見もあってしかるべきと思います。mocchi さんの「あの恐ろしい戦争の火花の中で」という解釈もありうると思います。

私の解釈についてもう少し付け足したいと思います。

We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

この文は3つのフレーズが並列になっているように思います。その3つとは以下です。
the arc of that terrible war
the wars that came before
the wars that would follow

この3つを across が抱え込んでいます。across は「ある範囲をまたいで、あるいは横切って」のような意味で使われていると思いました。そう考えたときに、「あの世界大戦の弧、そしてそれ以前に起きた数々戦争、そして世界大戦後に起きた戦争をまたいで」と解釈するのが自然ではないかと思いました。

お返事になっているかどうかわかりませんが、以上のように考えた次第です。
Commented by mocchi at 2016-06-21 12:47 x
ご丁寧なコメント大変勉強になりました。

おっしゃる通り3つのフレーズが並列になっている点を考えれば、 across と共に arc を弧として考えるという解釈の仕方が最も適切な考え方だろうと思いました。
小生は単に前後の戦争としか考えず、並列して見るという考え方はしませんでした。
今更ながら丁寧な読み方が大事であることを教えていただきありがとうございました。
Commented by ladysatin at 2016-06-22 00:24
mocchi さん
ご返信をありがとうございます。

arc welding という表現は初めて知りましたので、こちらこそ勉強になりました。コメントをくださる皆様から様々な疑問を呈していただき、私自身新たな知識を増やせていることに、日々感謝しております。
by ladysatin | 2016-06-06 23:53 | 英文精読_Reading | Comments(8)