オバマ大統領の広島スピーチ(全文・日本語訳)

今回は予定を変更して、先日のオバマ大統領のスピーチについて書きたいと思います。

テレビでは同時通訳者の声がかぶさって、大統領の声が聞きとりにくかったこともあり、ホワイトハウスの HP からスピーチ全文を入手しました。この歴史的なスピーチをを訳してみたいと思います。

全部で21パラグラフあります。私の翻訳の方針として、できるかぎり原文に忠実に訳すようにしています。意訳は意図しておりませんので、流れるような日本語ではないかもしれません。ご了承ください。新聞などの掲載訳と比較して、訳が異なっていると疑問をもたれた方は、コメント欄にご記入ください。お返事させていただきます。また、「ここの訳おかしいのでは?」って思われた方はご指摘ください。誤訳がある場合は速やかに訂正いたします。

Remarks by President Obama at Hiroshima Peace Memorial

翻訳最終更新日:2016年6月10日

1) Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

71年前、雲ひとつない明るい朝、死が空から降ってきました。そして世界は変わりました。閃光と火柱が町を破壊し、人類が己自身を破壊するための手段をもっていることを、証明したのです。

2) Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in a not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 in Japanese men, women and children; thousands of Koreans; a dozen Americans held prisoner. Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

なぜ、我々はこの場所、広島に来るのでしょうか?それは、そう遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力について、沈思するためです。10万人を超える日本人の男性、女性、そして子供、何千人もの朝鮮半島出身者、十数人の米国人捕虜を含む死者を追悼するためです。彼らの魂が、我々に語りかけます。彼らは我々に、内なる心に目を向けよと、そして今の我々の姿と将来なりうる我々の姿というものを、熟考せよと訴えます。

3) It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting, but against their own kind. On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold; compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen. Peoples have been subjugated and liberated. And at each juncture, innocents have suffered, a countless toll, their names forgotten by time.

広島を他から際立たせているのは戦争という事実ではありません。歴史的遺物が、我々に教えてくれます。暴力的紛争は最初の人類とともに出現していたのだと。我々の初期の祖先は、火打ち石から刃物を、そして木からやりを作ることを学び、これらの道具を、狩猟だけでなく同じ人間に対しても使いました。どの大陸においても、文明の歴史は戦争で満ちています。穀物不足や黄金への欲望に突き動かされ、また民族主義者の熱情や宗教上の熱情が、戦争を余儀ないものにしてきたのです。帝国は台頭しては衰退してきました。人々は従属させられ、解放されてきました。そして、それぞれの転機において、罪のない人々が苦しみ、無数の犠牲者を生み、彼らの名前は時の経過とともに忘れ去られてきたのです。

4) The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth. And yet, the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes; an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints. In the span of a few years, some 60 million people would die -- men, women, children no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

広島と長崎で残酷な結末を迎えた世界大戦は、最も豊かかつ強盛大国間で行なわれた戦争でした。それまで彼らの文明は、世界の偉大な都市と壮大な芸術をもたらしてきました。彼らの思想家達は、正義と調和、そして真実についての概念を前進させました。しかし、この戦争は、最も単純な形態の部族間における争いの原因となったのと同じく、支配や征服に対する基本本能に起因していたのです。つまり古いパターンが、新たな能力によって増幅したということです。かつ新たな制約もなく。数年の間に、およそ6千万人が死んだことになります。我々と何ら変わらない男性、女性、子供たちが、撃たれ、殴られ、連行され、爆弾を落とされ、投獄され、飢えさせられ、毒ガスをまかれるなどして殺されたのです。

5) There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism; graves and empty camps that echo of unspeakable depravity. Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction; how the very spark that marks us as a species -- our thoughts, our imagination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

世界中の多くの場所で、この戦争が記録されています。勇気や勇敢な行動を物語る記念碑や、言うに耐えないほどの悪行を代弁する墓や無人の収容所などがあります。しかし、この空に上っていったきのこ雲のイメージは、我々に、人間の核心にある矛盾をこれ以上にないほどに思い起こさせます。我々を人類たらしめる特性、すなわち我々の思想、想像、言語、道具製作や、自然と我々を区別する能力、そして自然を我々の意志に屈服させる能力 - こういったものこそが我々に、比類なき破壊をもたらす能力をも与えたのです。

6) How often does material advancement or social innovation blind us to this truth. How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause. Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness, and yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith as a license to kill. Nations arise, telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different.

物質的進歩や社会革新が、この真実に対する我々の判断力を奪ってしまうことが、いかに多いことでしょうか。また、何か高潔な大義の名のもとに、我々が暴力の正当性を学習することはいかに簡単なことでしょうか。あらゆる偉大な宗教は、愛と平和、そして正義への道を約束します。しかし、いかなる宗教も、自分の信仰は殺人を許可していると主張する信者の存在を、免れたことはないのです。国家は、驚くべき偉業を見越しつつ、犠牲と協力の中で人々を結束させる物語とともに発展します。しかし、それと同じ物語が、自分たちとは異なる人々の抑圧や人間性を奪うために、頻繁に使われてきました。

7) Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds; to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever-more efficient killing machines.

科学によって、我々は海を越えた通信が可能になり、雲の上を飛行し、病気を治し、宇宙を理解することが可能になります。しかし同じ発見を、より効率的な殺人機械へと変貌させることも可能なのです。

8) The wars of the modern age teach this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution, as well.

近代の戦争はこの真実をわれわれに教えます。広島がこの真実を教えるのです。技術の進歩は、人間社会における同等の進歩がなければ、我々を破滅の運命にいたらしめることもできます。原子の分裂をもたらした科学の革命は、道徳上の革命も求めています。

9) That is why we come to this place. We stand here, in the middle of this city, and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

だからこそ我々は、この場所に来るのです。我々は、ここ、この都市の中心に立ち、我々自身に、爆弾が投下されたときの瞬間を想像することを強いるのです。目の当たりにした光景に混乱した子供たちの恐怖を感じることを、我々自身に強いるのです。我々は、無言の泣き声に耳を傾けます。我々は、あの恐ろしい戦争の弧の中で、またその前の戦争、そしてその後起こった戦争の中で殺された、全ての罪なき人々を追悼します。

10) Mere words cannot give voice to such suffering, but we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again. Someday the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6th, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination. It allows us to change.

単なる言葉でそのような苦しみを表現することはできません。しかし、我々は、歴史の目を直視し、その苦しみを繰り返さないために、これまでと違って何をすべきなのかを問う共通の責任があります。いつの日か、生き証人としての被爆者の声は聞こえなくなるでしょう。しかし、1945年8月6日の朝の記憶は、決して風化させてはなりません。その記憶を糧に、我々は現状への満足と戦うことができるのです。記憶が我々の道徳に対する想像力を掻き立て、我々に変革をもたらしてくれるのです。

11) And since that fateful day, we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people than we could ever claim through war. The nations of Europe built a Union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspire to restrict and roll back, and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

そして、あの運命の日以来、我々は、己自身に希望をもたらす選択をしてきました。米国と日本は同盟関係を築くだけでなく友情をも築き、その友情が、戦争を通じて得られるものよりも、もっと多くのものを我々の国民にもたらしてきたのです。欧州の国々は連合を築き、戦場を交易や民主主義の絆に変えました。抑圧された人々や国々は自由を勝ち取りました。国際社会は、戦争を回避し、核兵器の存在を制限、削減し、最終的には廃絶を目指す機関を設立し、条約を結びました。

12) Still, every act of aggression between nations; every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man’s capacity to do evil, so nations –- and the alliances that we’ve formed -– must possess the means to defend ourselves. But among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear, and pursue a world without them.

それでもなお、世界中でみられる国家間の武力による侵略や、テロ、腐敗、残虐行為や抑圧などの行為すべてが示すのは、我々の仕事には終わりがないということです。我々は、人間が悪事を働く能力を除去することはできないかもしれません。故に、国家や我々が作り上げてきた同盟は、自分らを守る手段を保持しなければなりません。しかし、わが国を含む核保有国において、我々は恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を達成しようという勇気を持たなければなりません。

13) We may not realize this goal in my lifetime. But persistent effort can roll back the possibility of catastrophe. We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles. We can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics.

この目標は私の生きている間には実現しないかもしれません。しかし、粘り強く取り組むことによって、惨劇の可能性を引き下げることができます。我々は、これらの保有核兵器を廃絶に至らしめる道筋を決めることができます。我々は、新しい国への核拡散を阻止し、また、死に至らしめる物質を狂信者の手から確保するができます。

14) And yet that is not enough. For we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale. We must change our mindset about war itself –- to prevent conflict through diplomacy, and strive to end conflicts after they’ve begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy, but by what we build.

しかし、まだそれでは十分ではありません。なぜなら、我々は今日、最も原始的なライフルや樽爆弾でさえ、恐ろしいスケールの暴力を生み出すことができることを、世界中で目の当たりにしているからです。我々は、戦争そのものに対する考え方を変えなければなりません。それにより、外交を通じて紛争を防ぎ、始まってしまった紛争を終わらせる努力をしなくてはなりません。深まる我々の相互依存関係を、暴力的な競争でなく平和的な協力の大義として理解しなくてはなりません。そして、破壊する能力によってではなく、我々が築くものによって我々の国家を定義するのです。

15) And perhaps above all, we must reimagine our connection to one another as members of one human race. For this, too, is what makes our species unique. We’re not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story –- one that describes a common humanity; one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

そして、おそらく何にもまして、我々は、一つの人類の人員として、お互いのつながりを再考しなければなりません。なぜならこれもまた、我々人類を独自なものにするものだからです。我々は、過去の過ちを繰り返す遺伝情報に縛られてなどいないのです。学ぶことも、選択することもできるのです。我々は、子供たちに異なる物語を教えることができます。それは、共通の人間性を描き出す物語であり、戦争を今より少なくする物語であり、そして残酷さが簡単に受け入れられなくなるような物語なのです。

16) We see these stories in the hibakusha –- the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb, because she recognized that what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here, because he believed their loss was equal to his own.

我々は、これらの物語を被爆者の中に見ます。原爆を投下した飛行機を操縦したパイロットを許した女性は、本当に憎むべきは戦争そのものであることに気付き許したのです。また、日本で殺された米国人の家族を探し出した男性は、その喪失感は、自分自身が経験したものと同じであると思ったから探したのです。

17) My own nation’s story began with simple words: All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness. Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens.

私の国の物語は、簡潔な言葉で始まりました。「すべての人間は平等で、創造主によって、生命や自由、そして幸福を追求するなどの、奪うことのできない権利を与えられている」。この理想を実現することは、米国内であっても、米国民の中であっても、これまで決して簡単だったということはありません。

18) But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for; an ideal that extends across continents, and across oceans. The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious; the radical and necessary notion that we are part of a single human family -– that is the story that we all must tell.

しかし、その物語に忠実であり続けるということは、努力に値するものです。それは努力すべき理想であり、大陸をこえ、海をこえて広がる理想です。全ての人にとってこれ以上削りようのない価値、全ての命が大切であるという主張、我々は人類という一つの家族の一員であるという根本的で必要不可欠な概念。それが、我々すべてが伝えていかなくてはならない物語なのです。

19) That is why we come to Hiroshima. So that we might think of people we love -- the first smile from our children in the morning; the gentle touch from a spouse over the kitchen table; the comforting embrace of a parent –- we can think of those things and know that those same precious moments took place here seventy-one years ago. Those who died -– they are like us. Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life, and not eliminating it.

だからこそ、我々は広島に来るのです。その結果、我々は、我々の愛する人々のことを考えるでしょう。朝一番の子供たちの笑顔、食卓越しの配偶者との優しいふれあい、親の温かい抱擁。我々がこれらのことを思うことができれば、71年前にもここで、同じように貴重な時間があったのだとわかります。亡くなった人々は、我々と同様の人々なのです。普通の人であれば、このことを理解すると私は思います。彼らは、これ以上の戦争を望んではいないのです。むしろ、科学の驚異は生活を奪うことにではなく、生活を向上させることに集中すべきであると思っているのです。

20) When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

国家や指導者たちが行う選択が、この単純な分別を反映したものであるとき、広島の教訓は生かされたことになります。

21) The world was forever changed here. But today, the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting, and then extending to every child. That is the future we can choose -– a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening. (Applause.)

世界はここで永遠に変わりました。しかし今日、この市の子供たちは、平和に日々を過ごしていきます。なんと尊いことでしょうか。それは守るに値することであり、すべての子供たちに広げていくに値することです。これこそが、我々が選択できる未来なのです。広島と長崎が、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道徳的な目覚めの始まりとして知られる、そんな未来を我々は選択できるのです。(拍手)

--------------------------------------------------------------

the arc of that terrible war については、別途記事を書いております。
戦争の弧 - the arc of that terrible war

●新聞等メディアの訳の中で、気付いた点をあげたいと思います。

パラグラフ2) Why do we come to this place, to Hiroshima? のところを「なぜ、我々は広島に来たのか?」と過去形で訳されているものがありますが、ここは現在形なので、「来るのか?」と現在形の訳にすべきと思います。オバマ大統領は、「私と側近がなぜここに来たのか?」とアメリカの事情に言及しているのではなく、普遍的な話をしていると思います。この箇所は、スピーチの中で極めて重要なメッセージになります。

パラグラフ19) be focused on improving life, and not eliminating it の箇所で、新聞等で、life と it を「生活、生命」や「人生、命」のように訳し分けているものがありました。しかし、it は 先行する名詞を指します。つまり、life = it です。従って、日本語で訳し分けをすべきではないと思います。どちらでも意味が通じるものとしては「生活」がよいのではと思います。

●同時通訳者の訳を首相官邸HPの動画で拝聴しました。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2016/0527hiroshima.html

厳密には同時通訳ではなく、スピーチの原稿を見ながら訳されているようです。大統領の言葉より、明らかに通訳者の訳の方が早い箇所がいくつかあります。直前に原稿を渡されたのでしょうか。ベテランの通訳者だとは思いますが、ここは訳としてどうかと思う箇所がいくつかありましたのであげておきます。

パラグラフ5) spark を「火花」と訳されましたが、意味をなさないように思います。この spark は a quality of intelligence(知性という特性)のことだと思います。

パラグラフ8) modern age を「現代」と訳されましたが、第二次世界大戦を境に近代と現代の線引きがされるという認識から、私は「近代」を使いました。The wars of the modern age teach this truth. のあとに Hiroshima teaches this truth. とあるので、ここでの modern age は Hiroshima の原爆投下を含むものと思うのです。しかし、現代においても戦争が起こっている地域はあるので、近代を含めた「現代」が訳としてふさわしいものなのか、ここは悩みます。

パラグラフ9) We remember を「記憶しております」と訳されましたが、remember には「追悼する」という意味があります。こちらが相応しいのではと思います。

パラグラフ18) radical を「革新的」と訳されましたが、オバマ大統領は「根本的」の意味合いで使われているのではと思います。

※まだ書きたいことはあるのですが、一つの記事につき、文字数13,000文字という制限があるため、本文にはこれ以上文字を入れることはできなくなりました。コメント欄はOKです。
Commented by vanhalenaerosmith at 2016-05-29 14:21
平春来(たいらはるき)、と申します。

”レミオロメン・藤巻亮太に春よ来い”
というブログをやっております。

さて本文、昨日の読売新聞・英語版で
読みました。

歴史的スピーチとなるでしょうね?。

しかし、御存じのとおり、アメリカは
原爆投下時の大統領:トゥルーマンの主張の様に

”原爆を投下する事で日本を早期降伏に追い込み
結果、沢山の日本の人を救ったのだ”

という思想が多数です。

子供達や奥さんの事を思えば、原爆投下は
出来ないハズだ

という話も納得しましたね。

余談ですが、オバマし来日時に私が
netラジオで、アメリカの放送で
大統領・広島訪問を和訳した記事がありますので
もし御一読頂ければ、幸いです。

言えるのは、アメリカは多数の核を所有して
いますが、それを逆に自分達に使われた経験は
無い。広島は、ある種”他人事”だという事です。

Commented by ladysatin at 2016-05-30 14:32
平春来さん
初めまして。コメントをありがとうございます。

そうですね。歴史的スピーチだと思います。アメリカの世論は、これまで原爆投下に対して正しいことをしたという意見が過半数を超えていたようですが、最近の調査では、30歳以下の比較的若い方々の間で、原爆投下をすべきではなかったという声の方が多くなっているとのデータがあるようです。

平春来さんのブログを拝読いたしました。5月28日の記事ですね。アメリカ人に原爆の恐ろしさを切々と説いても、実感として感じられないというのはわかるような気がします。でも今回のオバマ大統領の訪問をきっかけに、少しずつ変わっていけばという思いが、やはりあります。現役の大統領が広島に来たということ。私はとてもうれしかったです。

平春来さんのブログは、音楽関連の記事が多いようにお見受けしました。私も音楽が大好きなので、少しずつ読ませていただきたいと思います。この度のコメント、とてもうれしかったです。ありがとうございました。
Commented by obayamafight at 2016-06-01 23:48
和訳ご苦労様です。
原爆は本来宇部市に投下予定でした。予定通り投下されていたら俺は生まれていなかったでしょう。当時父も母も宇部に居たからね。投下予定地付近に。
オバマ大統領のスピーチは良かったと思う。(訳を読んで)
原稿を誰が書こうがオバマ大統領が広島でこのスピーチをしたことに意味があるんだろうね。人によって受け取り方はそれぞれでいいんだけど、アメリカとしてはギリギリの所の文章だと思うよ。
Commented by ladysatin at 2016-06-02 21:03
ファイトさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。

長崎への原爆投下は小倉の予定が変更になったものとは知っていましたが、宇部の話は存じませんでした。オバマ大統領のスピーチは良かったと私も思いました。スピーチの内容については賛否両論あっていいと思っています。ファイトさんのように、私の訳を読んで何かを感じてくださる方がいれば、この記事を書いた甲斐があったと思っています。
Commented by Southern Man at 2016-06-02 21:08 x
ロングヘアを紫色に染めたソリッドなロック少女。十日も経たないうちに、ウェリントンタイプの黒縁眼鏡をかけた英語の先生のようになっていました。君子豹変といいますか、青天の霹靂といいますか、今回の記事には本当に驚きました。今でも比類なき軍事力を有する、世界最高権力者の歴史的スピーチの翻訳です。椅子の上に正座して読ませていただきました。

相変わらず鮮やかですね。ただ、どんなインセンティブが働いてこの訳に取り組まれたのか? いつもなら冒頭に書かれているのですが、今回はなかったですね。意識的に避けたのでしょうか。たしかに、大統領の広島訪問やスピーチには、一家言ある方が多いと思います。私も持っています。しかし、ここは英語に日々精進されている方や、懐かしい洋楽に夢中になっている方の集う場所です。そんな野暮はしないことにします。
ただ、ひとついえることは、ladysatinさんの性善説に根ざす、透徹した物事の見方にはとても好感が持てます。それは〈訳詞の世界〉の全体に通底していて、私が繰り返しこのブログを覗く理由でもあります。

この記事にエールを贈るために、今日のお薦め曲はVan Morrisonの「Bland New Day」です。彼のサード・アルバム『Moondance』に入っています。私の英語力では断片的にしか歌詞が解りませんが、ladysatinさんならしっかりと味わえると思います。いつ聴いても心が揺さぶられる、私の取って置きのバラードです。

追記
意味がわかり過ぎて、涙を流さないでください。
 
Commented by ladysatin at 2016-06-03 16:22
Southern Man さん
こんにちは。コメントをありがとうございます。そして私の訳を読んでくださってありがとうございます。

この記事を書いた理由は、私の母が被爆者で私が被爆2世であるということが一つにはありました。母は長崎で被爆したのです。私は母から当時のことをよくきいていたので、原爆や核廃絶は、私にとって大きな関心事でした。また関連の記事もよく読んできました。そして、自分も何か人の役に立てないかと思い、朝日新聞の「広島・長崎の記憶~被爆者からのメッセージ」というサイトで、数年前からボランティアの一員として、被爆者の手記の日英翻訳に携わってきました。このような背景もあり、オバマ大統領の広島でのスピーチを訳すことは、必然的なことだったかもしれません。

ということを冒頭に書いていたのですが、書きたいことが次々に出てきて、文字数の上限オーバーになってしまい、どこかを削らなくてはならなくなりました。そこで、英訳に関連する下の方の記事を優先し、私が記事を書いたいきさつは削ったのです。

オバマ大統領の広島訪問とこのスピーチについては、ネット上では否定的な意見も多々あるようです。私は、オバマ大統領が広島の原爆資料館を訪れた際に、自分で折った折り鶴を子供たちに贈ったということを知りました。そのことをある人と話しながら「オバマ大統領って優しい人ね」というと、その人は「これは計算の上だ」と言いました。私はその言葉を聞いて、がっかりしました。人の言葉の裏にある心を詮索する人がいます。しかし、人の心というものは見えません。だから私は、個々の人が書いた言葉や行動をできる限り信じようと思っています。もちろんこれには危険性が潜んでいることも知っています。でもそのほうが、ずっと明るい気持ちでいられるし、自分自身も良い人間になれるような気がしています。

Van Morrison の Brand New Day のご紹介ありがとうございます。じっくりと詞を読ませていただきました。素晴らしい曲です。人は皆、多かれ少なかれ苦しみを味わうものです。でも誰にでも Brand New Day は来ますね。
そう私は信じています。
Commented by はちどり at 2016-06-03 16:22 x
こんにちは、スピーチの丁寧な翻訳お疲れ様です。
原文寄りだと日本語の読みやすさが犠牲になることが多いのに、この訳は大変読みやすかったです。

日本の被爆者だけではなく、この戦争で犠牲になったすべての人に配慮している感じが伝わってきました。

ところで、原文で言わんとすることがよくわからなかったのが、
4)の途中
「 an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints」
のconstrains に"and" と"new"がついているところです。
「an old pattern amplified by new capabilities without constraints」でも
「an old pattern amplified by new capabilities without new constraints」でもない。

ちゃんと文法を理解しきれていないのが恥ずかしいのですが、
差支えなければどのように解釈されたかご教示いただけると幸いです。
Commented by b093965 at 2016-06-03 19:17
21)の
「The world was forever changed here」
の解釈が新聞によって異なっていました。
他の場所ではなく「この場所にとっての世界」なのか、
hereと対比させた上での「全世界」
なのかの違いです。
僕は前者のような気がします。


Commented by ladysatin at 2016-06-03 19:54
はちどり さん
こんにちは。コメントをありがとうございます。

はちどりさんのご指摘で、私は大きな読み間違いをしていたことに気付きました。

まず、このように訳しました。
an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.
「つまり、古いパターンが、新たな制約のない新たな能力により増幅したということです。」

ここで「新たな制約のない新たな能力により増幅した」と解したのは、私が and を見逃しており、
an old pattern amplified by new capabilities without new constraints と読んでいたからでした。
ゆえに、without new constraints が new capabilities を修飾した日本語になっています。
これは明らかに誤訳ですね。

and があるということは、without new constraints は amplified を修飾していると思われます。
つまり以下の意図だと思います。
an old pattern amplified by new capabilities and (amplified) without new constraints

and を入れた訳にするとこうなると思います。
訳例1 「つまり、古いパターンが、新たな能力によって、また新たな制約もなく増幅したということです。」
訳例2 「つまり、古いパターンが、新たな能力によって増幅したということです。かつ新たな制約もなく。」

もう一度この箇所を聴いてみたのですが、オバマ大統領は、and without new constraints の前で一呼吸おかれています。その点を考慮すると、訳例2の方が適切のように思います。早速ですが、本文上の訳を修正いたしました。

はちどりさんのご質問への回答になっていますでしょうか。
その他ご指摘がございましたらお願いいたします。
Commented by KIRICKLAND at 2016-06-03 21:34 x
はじめまして。
朝日新聞の訳で理解できないことがあって、ネットに配信されている他社の訳を参照するうち、こちらにたどり着きました。
それは9にあるacross the arc of that terrible warの arcってなに?です。
朝日新聞の訳はこちらと同じように「戦争の弧」で、私が参照できた範囲の他社は訳としては一切触れていません。
浅学の身で恥ずかしい限りですが、 the がついていると余計に気にかかります。
これ、いったいなんですか?
Commented by ladysatin at 2016-06-03 22:05
b093965 さん
コメントをありがとうございます。

The world was forever changed here.

私の訳は「世界はここで永遠に変わりました。」としましたが、本来は受動態なので、「世界はここで永遠に変えられました。」ですよね。日本語としては変なので能動態で訳していますが。つまり、外界の作用があって変わったということです。外界の作用とは、atomic bomb にほかなりません。ここは b093965 さんのコメントから脱線しますが、付け加えさせていただきました。

The world was forever changed here. の解釈についてですが、私の訳は後者の考え方に基づいています。オバマ大統領は、広島と長崎で起きたことによって、その2つを含む我々の住む世界が変わってしまったということを言いたいのだと思ったからなのです。しかし、b093965 さんは、前者「この場所(広島)にとっての世界」を指すと思われたのですね。なるほど、But today, the children of this city…と展開することを考えると、その考え方はありかもと思いました。

もう一度、この箇所を聴いてみました。オバマ大統領は、The world を非常に力強く発音されています。一方の here の発音はごく弱いものでした。The world をゆっくりと声高らかに強調し、一拍おいて was forever changed here をかたまりで発音しています。これが何を意味するのかと考えました。私見ですが、「我々の住む世界は」と一旦人々の注意を引き付けて、「変わったんです。ここで。」とつなげたと考えるほうが自然ではないかと思いました。というのは The world ときたら、普通の人の感覚として、「世界のことについて何か話すんだな」と思うと思うのです。そのあとの was forever changed here ときて、「あっ実は広島の世界のことだったんだ」とは思わないのではないでしょうか。もしそれを意図していたとしたら、スピーチ文としては、confusing かなと思います。このように考え、the world はやはり「全世界」を指していると私は思います。
Commented by ladysatin at 2016-06-04 01:49
KIRICKLAND さん
コメントをありがとうございます。

across the arc of that terrible war は比喩表現です。the arc はこの場合、戦争が起こった地域を指していると思います。arc は地政学における概念のようです。イギリスの地理学者のマッキンダーが、アフリカ、バルカン半島から中東を通って、東南アジア、朝鮮半島に至る、帯状の紛争の地域を「危機の弧 arc of crisis」と定義したとのこと。これになぞらえて、アメリカは油田のあるアフリカ北部を「チャンスの弧 arc of opportunity」、治安と経済が安定しているヨーロッパを「安定の弧 arc of stability」として、アメリカの世界戦略基盤と考えています。また、紛争地域を「不安定の弧 arc of instability」と呼ぶようです。

これら一連の表現から the arc of that terrible war という表現をオバマ大統領は使っているのだと思いました。
the がついているのは、世界大戦に関わった国々も地域も特定されているからです。
Commented by KIRICKLAND at 2016-06-04 09:15 x
早速回答していただきありがとうございます。
半分だけ理解できました。たびたび『地政学』に使われてきたこと。
どの語彙も初耳でしたが。

わからない半分は「なぜ弧というのか」。地表にそって帯状に表現された「一帯、地帯」なので(球体である地球では)弧?
ともあれこの半分はいずれ、ご回答をヒントに理解できることとします。
お世話になりました。
Commented by Southern Man at 2016-06-04 15:33 x
詳細なお返事ありがとうございます。そういう生い立ちがあり、動機があったんですね。

〈力〉はそれを使う相応しい場所がなければ、〈力〉ではないといいます。使命感を持って、ご自身の卓越した英語力を社会に提供されているんですね。尊敬いたします。オバマ大統領の広島訪問とスピーチへの私の意見は、ご紹介した曲の通りです。より良き未来への第一歩になればと思っています。

世の中がどのように見えるかは、世の中をどのように見るかで違ってくるといいます。
「だから私は、個々の人が書いた言葉や行動をできるだけ信じようと思っています」。
この部分を読んでいて、ある哲学者の言葉が頭に浮かびました。
〈美しいものを見るためには、目は美しくなければならない〉
ladysatinさんのブログに出会えたことを幸せに思います。

追記
この記事へのコメントの内容、それへの応答も〈らしく〉なってきましたね。これこそ、『Lday Satin's English Project』の醍醐味です。貧相な英語力の私ですが、この雰囲気が好きです。
また、「訳詞の世界」でお会いしましょう。とびっきりの曲を持って登場させていただきます。
Commented by はちどり at 2016-06-04 16:35 x
お返事いただきありがとうございます。
なるほど。

実は「New constraints」が具体的に何を指すのかよくわからなかったのです。
背景知識不足、というところもありますが、
そもそも文の構造をしっかりと解釈できていないからなのかと思い質問をしたのでした。

「新たな能力」はわかりますが、「新たな制約」・・・
Commented by ladysatin at 2016-06-04 21:59
KIRICKLAND さんの「なぜ弧というのか」の件で、私は地政学には詳しくないのですが、おそらく形状のことだと思います。調べてみたのですが、arc of XXX という表現はよく使われているようです。先に述べた「不安定の弧 arc of instability」は、まっすぐに伸びているものではなく、弧の形であらわされています。

以下のサイトで地図上に、ARC OF INSTABILITY を弧で示してあります。
http://www.tlaxcala-int.org/article.asp?reference=14134

また、以下のサイトでは、ARC OF TENSION がやはり弧状に地図に示されています。
https://www.americanprogress.org/issues/security/report/2012/04/18/11439/climate-change-migration-and-conflict-in-northwest-africa/

こちらは ARC OF DEFORESTATION の地図です。
http://www.economist.com/node/21541033

また、第一次安倍内閣のときに麻生外務大臣が提唱した「自由と繁栄の弧 (the arc of freedom and prosperity)」の指す地域は、「北欧諸国から始まって、バルト諸国、中・東欧、中央アジア・コーカサス、中東、インド亜大陸、さらに東南アジアを通って北東アジアにつながる地域(Wiki より引用)」です。これも形状が弧の形です。このようにみてくると、the arc of that terrible war も同様に、 that terrible war が指す地域も弧状だと考えることができます。よって、この表現がなされているのではないでしょうか。
Commented by ladysatin at 2016-06-04 22:00
Southern Man さん
私は、日本語での表現能力に乏しいことを自覚しており、いつも Southern Man さんのコメントから日本語を学んでいます。幅広い知識と知性。今回の記事のコメントで「透徹」という言葉を使ってくださいました。このような言葉を見るとハッとします。私ももっといろんな書物を読み、表現力を増やしたいと思います。そしていつも励ましの言葉をありがとうございます。
Commented by ladysatin at 2016-06-04 22:32
はちどりさんの new constraints の件ですが、私は「新たな制約」と訳しました。この日本語は「新たな制限」でもいいと思います。

Longman で constraint の countable の意味を復習しました。
constraint: [countable] something that limits your freedom to do what you want [=restriction]

「新たな制限」がなかったからどうなったのかは、「我々と何ら変わらない男性、女性、子供たちが、撃たれ、殴られ、連行され、爆弾を落とされ、投獄され、飢えさせられ、毒ガスをまかれるなどして、殺されたのです。」というくだりに表されているのだと思いました。単純な例では、毒ガスは原始時代にはありませんでしたが、技術の進歩で作ることが可能になりました。このような危険物質には使用規制があって当然ですが、戦争においては使われました。「毒ガスは人間にはまいちゃいけないよ」という制限がなかったからまかれたんだと考えると without new constraints が理解できるように思います。(私見ですので異なる考えをおもちの方がいらっしゃるかもしれませんが。)
Commented by akinori at 2016-06-05 12:55 x
エンジニア関連の仕事をしており、週末を中心に英語の勉強をしております。
オバマ大統領の演説スピーチの英文、和訳を探していて当サイトを拝見しました。
英文をパラグラフに分け、英文・和訳と交互に載せられていたので大変見やすい構成だと思いました。
英文の訳し方も、堅苦しくなく、とても分かりやすかったです。
自然に演説の内容が理解出来るように、自分自身繰り返し勉強したいと思います。


Commented by ladysatin at 2016-06-05 21:09
akinori さん
コメントをありがとうございます。

この記事は英語学習の一環として書きましたので、英語と日本語を対比すると英語を学ぶ皆様にわかりやすく読んでいただけるのではないかとの思いから、このような構成にしました。akinori さんに見やすい構成と言っていただき、この形にしてよかったと思いました。社会人の皆様も英語を使われる方が大変多いことと存じます。この記事がそんな皆様の参考になるようでしたら、こんなにうれしいことはありません。

この度のコメント本当にありがとうございました。
Commented by Lady Green at 2016-06-06 14:23 x
相変わらず、凄いですね。これだけの訳、なかなか出来ないと思います。

オバマ大統領のスピーチ、私は読売新聞に掲載されたものを見ましたが、Why do we come to...?の時制が気になっていました。新聞の訳では、最初のWhy do we come ...?の部分を現在形で、後半で出てくる同じ表現は過去形で訳されていました。訳者さんに聞かなければわかりませんが、何か意図があって訳しわけたのでしょうかね?私もSatinさんがおっしゃるような意味に取りましたが。

補足説明で書かれているmarchの訳についてなのですが、私はこれを聞いて最初にバターンでの行進をイメージしたのですが、どうなのでしょう。ただ、この史実については色々と意見があるようなので、オバマ大統領がどういう意図でこの言葉を使われたのかはちょっと考える必要があるかもしれません。並列してあるgassed to deathというのがドイツでのことを想起させるので、もしかして具体的な出来事を指しているのかなと思ったのですが・・・。「連行」と訳すとバターンのイメージが全くなくなりますね。Satinさん、どう思われますか?
Commented by ladysatin at 2016-06-06 23:04
Lady Green さん
コメントをありがとうございます。

YOMIURI ONLINE を見たのですが、
Why do we come to this place, to Hiroshima? に対して「我々はなぜこの地、広島に来たのか。」
That is why we come to this place. に対して「それこそが我々がここに来た理由だ。」
とあります。私が見た限りでは両方とも過去形でした。

これを訳した翻訳者がどのような意図があったにせよ、ここは過去形にすることはできないというのが私の考えです。オバマ大統領が現在形の come を使ったのは、当然のことですが、過去も今もそして未来も人々は広島に来るからだと思います。「来たのか」という過去形の訳では、これからは来ないのかという疑問がわきます。この二つの文については、翻訳者の思惑を挟み込む余地はないものと考えます。

march については、日経、産経は「連行され」の訳が、毎日、朝日は「行進させられ」の訳がついていました。私はこの march は特定のものを指すものととらえず「連行する」の訳をつけましたが、march ときくと Bataan Death March や Sandakan Death Marches のような死の行進のイメージが、確かにあります。ちょっとここは保留にさせてください。もう少し調べてみます。また、この件に関し追加のコメントがありましたらお願いいたします。
Commented by ひで at 2016-06-08 22:00 x
受験生です。塾の英語教師に、今年のオバマさんのスピーチは受験英語のような文章だから何かしら来年の受験に影響を及ぼす可能性があるので、読めと言われ探したところこの素晴らしいサイトに出会いました
丁寧で読みやすいです
その他の記事も読んでみます(*^^*)
Commented by ladysatin at 2016-06-08 23:00
ひでさん
コメントをありがとうございます。

受験生からコメントをいただいたのは初めてかもしれません。とってもうれしいです。

オバマ大統領のスピーチ原稿は、有能なスピーチライターがついていますので、内容もさることながら、英文も素晴らしいと思います。とてもきれいな英語です。

実は私も過去に大学受験生に英語の授業をしていたことがあるんですよ。
だからでしょうか。文法や語法の記事を多く書いています。

そうそう、今年のセンター試験の記事も書いています。
→ http://ladysatin.exblog.jp/24877250/
よかったら読んでくださいね。

受験生はこれから追い込みですね。
どうか精一杯頑張ってください。
陰ながら応援しています。(^_^)
Commented by 加藤登 at 2016-06-09 07:07 x
加藤登と申します。
thousands of Koreans をどう訳すか?
多くの朝鮮半島出身者 読売新聞 2016年5月28日 08時38分
何千人もの朝鮮人   朝日新聞 2016年5月28日 05時00分
この数字に関しては、韓国のメディアが問題にしているというニュースに触れ、
原文をあたってみたという経緯があります。
thousandsの意味に多くのという意味があるかどうかについて知りたいと考えます。
Commented by ladysatin at 2016-06-10 00:54
加藤登さん
コメントをありがとうございます。

thousands of には「何千もの」という意味のほかに、略式で「非常に多数の」という意味もあります。

私の訳で「何千人もの」としたのは、オバマ大統領は具体的な数字を念頭に言っていると思ったからでした。というのは、日本人を「10万人を超える over 100,000」、米国人を「十数人 a dozen」とあるので、朝鮮半島出身者に対しても表現を統一されているものと思いました。

加藤さんからコメントをいただいて調べましたところ、韓国人原爆犠牲者慰霊碑のそばにある「慰霊碑の由来」には、「1945年8月6日原爆投下により、2万余名の韓国人が一瞬にしてその尊い人命を奪われた。」とありました。これは恥ずかしながら私の知識不足でした。「2万余名」が正しいとすれば、「非常に多数の」という訳語を当てるべきです。ただその場合、なぜオバマ大統領が、thousands of という大雑把な言い方をしたのか理解に苦しみます。米国では2万余名という数字を正式なものととらえてないのでしょうか。このあたりの意図が不明瞭ですね。個人的な意見としては、この英文の書き方から、オバマ大統領は「何千人もの」という数字を意識して話をされているように思いました。
Commented by yoshihik0822 at 2016-06-10 16:53
加藤登です。丁寧なコメント本当にありがとうございます。

the world was changed
世界が変わってしまいました 朝日の訳
世界は変わってしまった  読売の訳


以下の文が省略されている受身形です。
by nuclear weapons
by atomic bomb
ただ受身形で訳すと誰が変えたのか、何が変えたのかいう疑問が残ります。
この疑問が残らないように、世界を主語にし、能動形で訳したのかと勘ぐるのは私だけでしょうか?



同じような言葉は最後にも出てきます。
The world was forever changed here.
  世界はここで、永遠に変わってしまいました。 朝日の訳
  世界はここ(広島)で一変した。       読売の訳
この文章の意味について
この文章が出てくる前のセンテンスでは科学の発展によって人類を滅ぼすことはできる戦争の武器を人類は手に入れた。
だから、人類は広島長崎のことを思い起こし、反省し、道徳の覚醒が必要だ。
このような世界の変化のことを言っているのだと思います。
でも、この後の文章を読むと、広島長崎は破壊されたけれど、子供たちに笑顔が戻ったと続きます。
だからこの変化とは、原爆の投下という意味にも取れます。
どう把握すればよいのでしょうか。


Commented by ladysatin at 2016-06-10 23:19
加藤さん
ありがとうございます。

the world was changed の件ですが、元の英文は受動態なので、日本語は「世界は変えられた」と直訳にしても問題ないと思います。本来はそうすべきなのだと思いますが、そうしたときに、世界を変えた主体についての意識がどうしても入ってしまいますよね。加藤さんがおっしゃる「何が変えたのかいう疑問」です。ただ、それはさておき私としては、「何が変えたのか」ということよりも、「世界は変わった」という事実に重きを置いた訳の方がこの場合は馴染むのではと思いました。

最後の The world was forever changed here. については、the world was changed を受けて、再度同じことを述べているのだと思います。ここでは、forever と here を入れて、より明確に、よりインパクトのある文になっています。私見ですので、異なる考えをおもちの方もいらっしゃるかもしれませんが。
Commented by 加藤登 at 2016-06-11 12:52 x
加藤登です。本当に丁寧なコメントありがとうございます。

Someday the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness.

いつか、証言するヒバクシャ(被爆者)の声が聞けなくなる日がくるでしょう。 朝日訳
いつの日か、証言する「ヒバクシャ」の声は失われていくことだろう。    読売訳
いつの日か、生き証人としての被爆者の声は聞こえなくなるでしょう。  ladysatin訳


いずれの訳も被爆者が高齢のため死んでしまいその声が聞けなくなると読めます。
原文はヒバクシャの声が証人として私たちに運んでくる。その声がその私たちと共にいるまでも一緒とは限らない。私たちの記憶、心の在り方の問題として語っています。
前後の文章を読めば、そのことが一層はっきりすると思います。
このセンテンスでは、オバマは記憶の風化の問題を言っています。
忘れてはならないヒバクシャの声の問題です。
Commented by 原爆の犠牲者に哀悼の意をささげます at 2016-06-11 19:26 x
across the arc of that terrible warsのご考察については大変参考になりました。有難うございました。

私も「原爆投下が結果として終戦を早め、多くの日本人と世界の人々の命を救った」という見方が客観的に正しいと感じます。

原爆の被害に遭われた方を心から哀悼します。
ただ、原爆が落とされなければ切腹見栄っ張り精神論ネオテニー文化の大日本帝国は国民を見境なく死地に送り続け、投降の機会を失いました。原爆は悪というけど、それを使わせるほどに悪行を繰り返した日本を棚に上げて、よくも被害者気取りでいられますね。一体どういう神経なのでしょうか?ちょっと思想的に偏っていると思います。

米国の「終戦を早めた」論は米国人の思想ではなく、数学的、論理的な「事実」です。
だから「アメリカ人には他人事」などと穿った見方をされている平春来とかいう中学生には全く同意できません。お子様にオバマ大統領の高尚なスピーチの重みが理解もなく、英語の授業で人生経験の足りない子供たちにこの演説をおしえることも全く無駄な行為だと思います。文法の勉強にはなるかもしれませんが、所詮は馬の耳に念仏というやつです。 子供ごときが背伸びしてオバマ大統領の演説を勉強などと、百万光年早いです。 管理人様もそう思われるでしょう?
では、失礼しました。

arc of that terrible warsの件は本当にありがとうございました。
Commented by ladysatin at 2016-06-11 23:16
加藤さん

Someday the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness.

広島と長崎では、原爆の語り部と言われる方々が高齢になり、今後どのように原爆の実相を語り継いでいくのかが懸念事項となっています。私の訳は、そのことを念頭においています。

>原文はヒバクシャの声が証人として私たちに運んでくる。その声がその私たちと共にいるまでも一緒とは限らない。私たちの記憶、心の在り方の問題として語っています。

上記の英文から何故、この解釈にたどり着かれたのかが、私にはよく理解できませんでした。
素直に英文を読んではいけませんか。
Commented by ladysatin at 2016-06-12 00:29
“原爆の犠牲者に哀悼の意をささげます”さん

across the arc of that terrible wars の考察につき、参考になったとのご意見をいただきありがとうございます。

原爆投下の件、様々なご意見があろうかと思います。私自身も思っていることはありますが、ここで政治的な議論をするつもりはありませんことをご了承ください。それとは別に、私の記事に対して善意のコメントを書いてくださった方を侮辱するような発言は看過できません。このようなことはおやめいただきたいと思います。

>お子様にオバマ大統領の高尚なスピーチの重みが理解もなく、英語の授業で人生経験の足りない子供たちにこの演説をおしえることも全く無駄な行為だと思います。文法の勉強にはなるかもしれませんが、所詮は馬の耳に念仏というやつです。 子供ごときが背伸びしてオバマ大統領の演説を勉強などと、百万光年早いです。

なぜ、こんなことが言えるのでしょう。英語を真摯に学ぶ子供達にオバマ大統領の英語に触れさせたいという教師の気持ち、私には痛いほどわかります。今回、高2の授業でこのスピーチを題材にしているという先生、また大学受験生の方からもコメントをいただいています。貴殿の発言は、こうした方々を侮辱するものです。
Commented by cafe at 2016-06-12 16:11 x
細々と英語を学習している者です。Satinさんの記事にはいつも感服しております。質問するのも気が引けてしまいますが、どうかお許しください。4)と9)の中の助動詞wouldの意味がよくわかりません。

4)…In the span of a few years, some 60 million people would die..
(数年の間に、およそ6千万人が死んだことになります。)
9)… and the wars that came before, and the wars that would follow.
(またその前の戦争、そしてその後起こった戦争)

辞書でwouldを引くと、「過去を表す文脈では過去時の推量を表すが、would have doneを用いることが多い」とありますが、4)の場合はこれに当たるのでしょうか。また、some 60 million people would dieをsome 60 million people diedとしていないのは、「世界大戦でおよそ6千万人が亡くなった」と断言しないためでしょうか。
9)のwouldは、ひょっとして「話し手のいらだちを表すwould」なのでしょうか。でも辞書には「略式」とあるので、やはり正式なスピーチには使われませんよね。the wars that would follow.がthe wars that followed.となるとどうなりますか。
Commented by ladysatin at 2016-06-13 11:42
cafe さん
以前にもコメントをいただきました。今回もコメントをありがとうございます。

ご指摘の would の用法は、私自身もとても悩みました。would は法助動詞の仲間ですが、could, might, should などに比べ、カバーする範囲は大変広く、一筋縄ではいかない助動詞です。このスピーチでは、過去形でよさそうなところで would が使われています。このあたりは日本人にはとても難しく、文法書を読んだだけではわかりにくいのですが、実際には英文を読む中でよく出てきます。

cafe さんのご質問を受けて調べたところ、ヤフーの知恵袋で、some 60 million people would die における would の用法についての質問が上がっていました。その質問には2名の方が回答されていて、ひとりの方はその前の文の the war grew out of… を戦争開始時ととらえ、それを起点に、この would は「発言者から見た将来の歴史」と回答されていました。もうひとりの方は、この would には「ただ単に過去形で書くよりも、申し訳ない気持ち」が入っていると回答されていました。私は両者のお考えにはそれぞれ説得力があると思いました。

さて、ここからは私の解釈です。
In the span of a few years, some 60 million people would die.
「数年の間に、およそ6千万人が死んだことになります。」

ほとんどの新聞では「約6千万人が死んだ」という訳がなされていると思いますが、私は「死んだことになります」と訳しました。この訳は、would を「現在の推量」と考えた上での訳です。

まず、オバマ大統領は some 60 million とおっしゃっていますが、この some にはちょっと注意が必要だと思いました。というのは、some は about よりも漠然とした数字のときに用いるからです。Wiki には「第二次世界大戦における連合国・枢軸国および中立国の軍人・民間人の被害者数の総計は5000万〜8000万人とされる。8500万人とする統計もある。」とありますので、死者数については諸説あるのだと思います。

(以下に続きます。)
Commented by ladysatin at 2016-06-13 11:50
(上からの続きです。)

オバマ大統領は some 60 million と表現しました。米国では 60 million というとらえ方をしているので about でもよかったのでしょうが、about だったら 59 million か 61 million くらいまでしか含まないので、世界に向けたスピーチとしてはどうかという懸念があります。そこで some を使いもっと数字を漠然としたものにしたのだと思います。

そして、Wiki にもあるように、今でも死者数については様々な議論があり、この件についてはまだ結論は出ていないことは米国も承知のことだと思います。その背景があるために would die という表現をしたのだと私は思いました。would have died であれば「死んだでしょう」となり、現在はどうかという示唆はありません。また、単なる過去形の died であれば、過去の事実を述べただけになります。

would die とすることで、「確定ではないが大体こんなところでしょう」という思いが反映されているのだと思いました。そのことを表現したく「およそ6千万人が死んだことになります」という訳に行き着きました。この訳でよかったかは検討の余地があるのですが、そんな思いを込めた訳だということです。

このように、私はここでの would は「現在時の推量」と考えています。もちろんこれは私見ですので、異なるご意見もあろうかと思います。cafe さんには知恵袋の回答も含め、ご自身の考えを深めていただければと思います。

(以下に続きます。)
Commented by ladysatin at 2016-06-13 11:59
(上からの続きです。)

次に、and the wars that came before, and the wars that would follow の would です。この would は「過去から見た未来」 (future in the past) ではないかと思います。the wars that would follow を the wars that followed としてもよいと思います。しかし、そうすると時間の流れが見えにくいように思います。

that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow

この箇所は時系列に書かれていません。ここを the wars that followed にすると、the wars that came before と同様の過去形になり、何のあとに続いた戦争なのか不明瞭になるおそれがあります。the wars that would follow とすることで、came の過去に対する would follow の未来という対比の構造が生まれます。そこで、この場合の現在は何かというと that terrible war だということが明確になります。そのような意図があって、わざと the wars that would follow という書き方をしたのだろうと思いました。

以上、私見になりますが参考になれば幸いです。
Commented by cafe at 2016-06-14 21:44 x
大分前にほんの数回投稿させていただいたのですが、名前を覚えていて下さりとてもうれしく思っています。
今回も丁寧なご回答ありがとうございました。何度も何度もじっくり読ませていただきました。本当にwouldは一筋縄ではいきませんね。
4) Satinさんのおっしゃる通り、死者数には諸説あることから推量のようにも思えるし、世界大戦が起こった時点から見た未来のwouldのようにも思えるし、・・・考えれば考えるほどわからなくなってしまいます。
9) Satinさんのご説明ですっきりしました。また、the ark の解説も大変参考になりました。図で示されると一目瞭然ですね。どうもありがとうございました。
Commented by ladysatin at 2016-06-15 22:54
cafe さん
今回、2件の would についてコメントをいただきましたが、この2つを素通りせず、疑問をもたれたということ自体が素晴らしいと私は思いました。きちっと精読をされているからこその疑問だと思います。これからも英語の勉強頑張ってください。私も頑張ります。
Commented by ボンボン at 2016-06-19 15:28 x
はじめまして。
今回のオバマさんの歴史的広島訪問の際のスピーチについてネットで検索していてこちらにたどり着きました。
自分では訳せないので新聞各社の日本語訳を比較したり、英文から自分でも訳してみようかと思っていたのですが、
Lady Satinさんの訳と、丁寧な解説、その後も推敲されるなど、通訳することへの姿勢が素晴らしいなぁ~!と思い、
自分なりの訳の読み込みにはなかなか時間がかかりそうな感じがしたので、
取り急ぎお礼のコメントをさせていただきました。

世間的には実のない単なるパフォーマンスだとか、謝罪するしない、、色々意見があるとは思いますが、そういう様々な政治的な背景を超えて、オバマさんが現職の大統領として被爆地を訪問したということに、非常に意義があると感動している者として、
そこで発せられた貴重な言葉は、じっくり噛みしめておく必要があると思っています。

言葉には大きな力があり、そのニュアンスで受け取り方は全く変わって来ることがある、
同時に言葉には限界があって、例えばその言語を理解できなくても、その場で触れ合った人だけが感じられるなにかがある、その人が持っている空気感、言葉にできない何かを、直接感じ取ることができることがある、
だから本当のところは、その場に居た人しかわからない、ということもあるかもしれません。

でも、オバマさんのようなスピーチの名手の言葉を、言外に込められた気持ちも含めて、色々と考えてみるというのは、良いことだと思うので、
ゆっくり愉しみながらやってみたいと思います。

ライターが書いたとはいえ、ご本人もギリギリまで手直ししていたようですよね。自分が肩書を背負って発する言葉の重みを誰よりも自覚しているからこそだと思います。
日本語には、たくさんの言葉があって、微妙なニュアンスも云い始めればきりがないほど無限の色がある分、どれを選択するかで迷うこともたくさんありますね、
そこがまた日本語の面白さ、奥深さでもありますが。

長々と失礼しました。

また時々覗かせていただきます。


Commented by ladysatin at 2016-06-19 21:12
ボンボンさん
初めまして。コメントをありがとうございます。

この記事を書いてからまだ1か月にもなりませんが、多くの方に読んでいただき、またこんなにたくさんのコメントをいただき、皆様には本当に感謝しています。

ボンボンさんのコメントを読ませていただいて、私と考え方がとても似ていると思いました。オバマ大統領の広島訪問とスピーチの内容については辛口の方も多いことと思いますが、私は今回の訪問をポジティブに受け止めました。そして、このスピーチは精読に値するものと思いました。

オバマ大統領のスピーチを深く読んでいくと、言葉の選び方が実に慎重で、各方面に配慮した言葉使いをされていることがよくわかります。だから訳をする側も相当慎重になります。そんな中で、私自身の日本語のボキャブラリーの貧困さに愕然とすることも多々あります。まだまだ勉強が足らないことを痛感している次第です。

ボンボンさんのブログにリンクを貼ってくださってありがとうございます。
とても素敵なブログですね。拝読いたします。

この度はご丁寧なコメントをお寄せくださり、本当にありがとうございました。
Commented by GS at 2016-07-18 07:40 x
オバマ大統領の広島演説を聞いて、改めて英語の難しさと面白さを感じている英語教員です。
スピーチと同時に、あるいは1日経たずして、テレビ、ネット、新聞で、各種のinterpretationとtranslationが公表されましたが、差異がとても大きくて、興味を覚えました。どの解釈・訳語がベストかと考えている時に、Satinさまに出会いました。勉強させてもらっています。
ところで、スピーチの翌日に各紙が掲載したtranscriptionにも、かなりの差異がありました。正式原稿が未公表だったため、全国紙や通信社の担当者が一生懸命聴きとったのでしょう。抑揚や「間」をどうとらえるかで、句読点の使い方と段落の作り方に違いが出たようです。文言自体には違いがなかったようですが、1つ気になる点がありますのでお尋ねします。
パラグラフ2)over 100,000 in Japanese men, women and children の〝in″です。おそらく全ての社の最初のtranscriptにはありませんでした。ビデオで確かめても、一瞬の詰まりがあるものの、inとは聞こえません。ところが、ホワイトハウス発表の公式テキストにinが入っており、Satinさまも採用しておられます。inは発音されているでしょうか?inの有無で内容的にどのような違いがあるのでしょうか?お教えいただければ幸いです。
Commented by ladysatin at 2016-07-18 20:59
GS さん
コメントをありがとうございます。

大変重要なご指摘をいただきました。オバマ大統領のスピーチを再度聴いてみました。おっしゃる通り、”in” は発音されていないと思います。

まず、私が引用した transcript はホワイトハウスの HP からコピーしました。公式のものなので全く何の疑問ももたず訳しました。というのも該当箇所がさらっと読めてしまったからなんです。

We come to mourn the dead, including over 100,000 in Japanese men, women and children.

ここで in があることで、Japanese men, women and children を日本人の総人口とし、その中の10万人以上が死亡したという意味だろうと思いました。in がなかったら、over 100,000 が Japanese men, women and children に直接かかると思いました。これが GS さんに回答しようと思った内容です。

しかし、ご指摘を受け、オバマ大統領が in を発音していないと私も思いました。ということは、この英文はタイプミスという可能性があると思います。

もう一度英文をよく読んでみたのですが、この in は違和感があります。これが、100,000 people among Japanese men, women and children であれば自然です。ネットで同じような例がないか調べてみたのですが、見つけることができませんでした。現段階では、私はこの in はタイプミスかつ語法の誤りではないかと思っています。

ホワイトハウスの HP に Contact us のページがありました。これは国内外のアメリカ国籍の人向けのものですが、問い合わせることにしました。毎日数千件の問い合わせがあるとのことなので、読んでいただいて回答が来るかどうかわかりませんが、以下の文面を送信しました。宛先はオバマ大統領ですが、事務の方から回答があればとかすかな期待をしています。もし来たらこちらでお知らせいたします。

私の考えが間違っていたとしても真実が知りたいと思っています。
GS さん、貴重なご意見をありがとうございました。
Commented by ladysatin at 2016-07-18 21:17
以下が送信内容です。

Dear Mr. Obama,

I am a Japanese translator who has been impressed with your remarks in Hiroshima Peace Memorial. Please allow me to ask one question.

The following phrase is a part of your speech on May 27 shown on the transcript in Speeches & Remarks.
“We come to mourn the dead, including over 100,000 in Japanese men, women and children”

I listened to your speech many times on video, and I have noticed you pronounced “over 100,000 Japanese men, women and children” without preposition “in” before “Japanese men”. My colleagues and I have been wondering if the transcript is a typo.

Your remarks in Hiroshima are truly educational. In fact, this speech has been used in Japanese high schools as a teaching material. I believe my question is very important for all the English learners. In my opinion, “in” is not necessary. “100,000 in Japanese men, women and children” is grammatically wrong.

I would appreciate your answer on this question.
Commented by ladysatin at 2016-07-18 21:38
お返事は来ない確率が高いかもしれませんが、これを読んだホワイトハウスの職員の方が、スピーチライターに確認してくれないとも限りません。公式文書に間違いは許されないことなので。とりあえず、ダメもとで気長に待ってみます。

忘れた頃にお返事が来るかも...。
Commented by GS at 2016-07-19 02:02 x
Satin さま 早速、本格的に対応していただきましてありがとうございます。ホワイトハウスへのご質問は達意の文章がよどみない英語で書かれており感服いたしました。
Your remarks in Hiroshima are truly educational. で始まる一節を読んだら、どんなに忙しくてもきっと返答してくれる、と思うのですが…。返事がありましたら、お教えください。
なお、当方は半月ほど前に、米国大使館に、”in”は発音されているか?文法的に正しいか?類例はあるか?と問い合わせました。文化センターから返信が来ましたが、「ホワイトハウスの音源を聞いて判断してください、正誤は答えられません」というものでした。 GS
Commented by ladysatin at 2016-07-19 14:28
GS さん
ご返信をありがとうございます。すでに米国大使館に問い合わせをされていたのですね。大統領の言葉に関することなので安易に回答できないのかもしれませんね。私のメールにも何らかの返信があるとよいのですが。いずれにしましても、何事も行動を起こさないことには始まりません。ホワイトハウスからお返事がきたら、こちらに書かせていただきますね。

GS さんは英語教員をされているとのこと。このように、素晴らしい視点をもった先生に教えてもらっている生徒さん達は、幸せだろうなあと思いました。またお時間のあるときに遊びに来ていただければ幸いです。
by ladysatin | 2016-05-29 00:42 | 英文精読_Reading | Comments(46)