Rocket Queen – Guns N’ Roses 訳詞考察

本日は訳詞の考察をやっていきますね。

Rocket Queen の詞も Axl が書いています。
Axl の詞っていつも思うんだけど、とっても素直に感情を表現しているんですね。
よくも悪くも嘘をつけないタイプの人だと思います。(>-<)

えっと...

f0307478_22372946.jpg

Hey, Satin.
What's going on?






きゃっ♪
Duff & Steven (*゚▽゚*)
今から、Rocket Queen の訳詞の考察をやるの。
長くなるけど待っててな。

それにしてもあんたら仲ええなぁ。y(^ー^)y



まだ訳詞の記事を読んでない方はこちらからどうぞ。
→ 訳詞の世界~Rocket Queen – Guns N’ Roses(和訳)

ではいきます。

***********************
If I say I don't need anyone
I can say these things to you
'Cause I can turn on anyone
Just like I've turned on you

もう誰にも依存なんかしない
そう俺が言うときはこれをお前に言ってやるさ
俺は誰だってその気にさせることができるんだからな
ちょうどお前がそうだったようにな
***********************

最初のこの部分はものすごく難しいです。
these thing が何を指しているのか、とってもわかりにくいんです。

★If I say I don't need anyone, I can say these things to you
この文に対して最初あてていた訳はこれでした。
「もし俺が、俺には誰も必要ないって言うとしたら、お前にも同じことを言ってやるよ」

この訳は、these things = I don't need anyone と解釈した訳なんです。
意味としてはスムーズなんですが、よく考えたら変だなと思って。
というのは these things が複数形なのは、I don't need anyone が4ワードだからじゃないですよね。

普通に考えると these things はいくつかの事象を指すはずです。
だから考え直しました。

では何を指すの?おそらくこのあとに書かれていると思いました。

ここはストーリーを考える必要があると思います。
まず、この歌はまだ大人になりきれていない男の子の話です。当時の Axl なんでしょうね。

で、私が考えたのがこれ。
★If I say I don't need anyone, I can say these things to you
「もう誰にも依存なんかしない - そう俺が言うときはこれをお前に言ってやるさ」

これが私が最終的に落ち着いた訳です

ここで言いたいことは、「誰も必要ない→誰にも依存しない→自信にあふれた大人の男だと俺が言えたら、お前にこう言ってやるよ」だと私は考えます。

で、何を言うの?

うん、その前に理由が語られています。
★'Cause I can turn on anyone just like I've turned on you
「俺は誰だってその気にさせることができるんだからな
ちょうどお前がそうだったようにな」

言い換えると「なぜなら、今の俺は、お前をメロメロにしたように、他のどんな女だってメロメロにすることができるんだぜ」ということ。だから、誰にも依存しなくて言いわけなのね。自由自在に女の子をあやつれるって。

●turn on - 〔性的に〕刺激する、興奮させる、関心を持たせる、その気にさせる
 この表現はよく出てきますね。私の場合は、「電化製品の電源をいれる」で使うことしかありませんが。

さて、ここから展開して「these things(これらのこと)をお前に言ってやるわい。」というその内容が次のフレーズで出てきます。

***********************
I've got a tongue like a razor
A sweet switchblade knife
And I can do you favors
But then you'll do whatever I like

俺のカミソリみたいな舌は
甘い飛び出しナイフみたいなもんだとね
それとお前の頼みはきいてやる
だけどそのあとは俺の望むこと全部やれよな
***********************

そう、自信に満ちあふれているからこそ、これらの表現ができるんですよ。
「女は皆、俺の思うままだ」という感じです。
ホントに Axl らしい歌だ。

ということで these things は、この4行の固まりのことなんじゃないかと私は考えたのでした。

さて次にいきますね。
***********************
Here I am
And you're a Rocket Queen
I might be a little young
But honey I ain't naive

さてと来てやったぜ
お前はロケットクイーンなんだろ
俺ちょっとガキかもしんないけど
夢見るバカなんかじゃないぜ
***********************

ここもいかにも Axl が言いそうなフレーズですよ。
上から目線で「俺に来てほしかったんだろ?だから来てやったんだよ」という感じ。
Rocket Queen は実際にいた人物らしいです。意味は「昇天女王」でいいのかな。(゚ー゚;A

さて naive に「夢見るバカ」という訳をつけています。「現実を知らない未熟なやつ」と言いたかったんです。
この naive という単語は、日本人が間違って使っているのをよく見ます。

日本語で「ナイーブ」というとき、sensitive(感受性が強い)あるいは vulnerable(傷つきやすい)という意味で使う人が多いのですが、英語の naiveそのような意味はありません。

●naive - 〔経験不足であまりに〕うぶな、ばか正直な、考えが甘い(英辞郎より引用)

このように意味としては良くないので sensitive のつもりで You are naive. なんて言ったら、言われた人は間違いなく気分を害します。ここ気をつけたいですね。

***********************
Here I am
And you're a Rocket Queen oh yeah
I might be too much
But honey you're a bit obscene

ほら俺はここだって
お前はロケットクイーン
そうだろ
俺イカレてるかもしれないけど
お前もちょいエロいぜ
***********************

obscene は「卑猥な、みだらな」という意味ですが、今どきの造語「エロい」を使いました。
1987年はまだ「エロい」はなかったけど、今、訳するなら「エロい」がピッタリだと思わない?

***********************
I've seen everything imaginable
Passed before these eyes
I've had everything that's tangible
Honey you'd be surprised
I'm a sexual innuendo
In this burned out paradise
If you turn me on to anything
You better turn me on tonight

俺はありとあらゆるものを見てきたんだ
この目でな
見えるものは全部手に入れたのさ
お前にとっては驚きかもな
俺を見れば SEX を思い出すだろ
この燃え尽きた楽園で
お前が俺の気をどっかに向けさせたいのなら
今晩やるんだな
***********************

imaginable と tangible は韻を踏んでいますね。

●sexual innuendo - 性的なほのめかし[当てこすり] (英辞郎より)

innuendo 自体に sexual な意味があるようです。Longman にはこう書いてあります。
●innuendo
- a remark that suggests something sexual or unpleasant without saying it directly
直接的に言わずに、性的または不快な示唆をともなう表現

●turn someone on to... – (人の)関心を...に向けさせる

★ここから曲調が変わってブレイクダウンに移ります~。

***********************
I see you standin'
Standin' on your own
It's such a lonely place for you
For you to be

お前が立っているのが見える
自分の足でな
そんな寂しい場所で立っているなんて
***********************

ここは特に問題ありませんね。
For you to be の後ろは standing が省略されています。

***********************
If you need a shoulder
Or if you need a friend
I'll be here standin' until the bitter end

肩が必要なら
友達が必要なら
最後まで俺はここにいるよ
***********************

bitter には「つらい、苦々しい、ひどい」などネガティブな意味がありますよね。
しかし、until the bitter end は「つらい、苦しい最後まで」という意味ではなくて、「難しいことがあるだろうが最後まで」という意味で使われるようです。

Longman には to the bitter end が載っています。
●to the bitter end - continuing until the end, even though this is difficult
たとえ困難でも最後まで続く

***********************
No one needs the sorrow
No one needs the pain
I hate to see you walkin' out there
Out in the rain

誰もそんな悲しい思いなんてする必要ないんだ
痛みだって必要ない
俺、お前が雨の中を歩いていくのを見たくないんだ
***********************

ここは大切。
the sorrow と the pain に定冠詞の the がついています。
ということは、一般論としての sorrow や pain のことではありません。
彼女が今抱えている 悲しみや痛みのことです。だから、the sorrow と the pain となっています。

***********************
So don't chastise me
Or think I, I mean you harm
Of those that take you
Leave you strung out
Much too far baby yeah

だから俺を非難しないでくれ
お前を傷つけてるなんて思わないでくれよ
お前を連れ回して
アレにお前を酔わせるだけ酔わせて
置き去りにする奴らと同じにしないでくれ
***********************

●mean someone harm - (人)に対して悪気がある、(人)に故意に危害を加える (英辞郎より)

●strung out - 《be ~》〈俗〉麻薬にひどく酔っている、麻薬中毒である (英辞郎より)
The man who was strung out on heavy drugs, was strolling along the street.
重症の麻薬中毒の男が、通りをぶらついていた。

ここの strung out は全く知りませんでした。
strung は string の過去形ですが、なぜ、strung out で麻薬につながるんでしょうね。
で、ここは「麻薬」という言葉を使いたくなかったので、「アレにお前を酔わせるだけ酔わせて」とぼかしています。

***********************
Don't ever leave me
Say you'll always be there
All I ever wanted was for you
To know that I care

俺を置いて行かないでくれ
いつでもそこにいるって言ってくれよ
俺はただ、俺がお前を心配してるって
知ってほしかっただけなんだ
***********************

ここは特に問題ないでしょうか。
Don't ever leave me の ever は強調。

ということで Rocket Queen の考察は終わりです。
正直なところ、かなり駈け足になりました。
あとで加筆すると思います。
書き足らないところがたくさんあるのです。

皆さんも何か疑問点があったらお知らせくださいね。

ところで、Guns N’ Roses の曲はどれもやっぱりいいです。
以前、You Could Be Mine の意味をやって、 次が Sweet Child O' Mine でした。
Rocket Queen の次は何がいいかな。
November Rain もいつかやりたいです。

先週は大変な一週間でございました。
でもいろいろあっても、好きな音楽を聴くと元気になれる。
それと皆さんからのコメントは本当にありがたかったです。

Thank you so much.
by ladysatin | 2015-06-14 19:20 | Music & English_1 | Comments(0)