訳詞の世界~Desperado – The Eagles(和訳)

●2017年1月11日の追記●
Desperado の記事を読んでくださる皆様へ

ご訪問ありがとうございます。

このところ You been out ridin’ fences の解釈についていくつかご意見をいただいています。私の解釈は、Desperado に関する様々な文献を読み、ネィティブが議論しているサイトを読んだ上で、自分が一番納得できた解釈です。しかし、異論を唱える方もいらっしゃると思います。そのような方々におかれましては、どうかご自身の解釈を大切にしていただければと思います。私の記事はご参考までにされてください。

************************************
(元の記事はここからです。)

You been out ridin’ fences の意味はとっても深かった。。。

久しぶりに訳詞の世界にひたります。

EaglesDesperado
いい曲ですね~。

この曲は、1973年の Eagles の同名のアルバムに入っています。
私が Eagles を初めて聴いたのは1975年の One of These Nights からでした。
なので Desperado はリアルタイムでは聴いていません。
まだ洋楽を聴くほど成長していませんでしたので。(^^)

久しぶりに Eagles のセカンドアルバム Desperado(ならず者)を聴き直してみて、やっぱり良い曲だと再認識しました。

★Desperado を辞書で引くと。。。
((古)) (通例米国開拓時代の)無法者、ならず者


なるほど。この曲が入っているアルバムの邦題「ならず者」は直訳だったんですね。

もともと desperado という単語は、スペイン語の desesperado の古形なのだそうです。
desesperado は「絶望した」という意味だそう。

そういえば、英語の despair は「絶望」、desperate は「絶望的な」という意味です。
スペルが似ているということは、語源が同じということなのかなと思います。

さて、イーグルスの Desperado について英語版の Wikipedia から引用、訳してみます。
****************************
Desperado is the second studio album by the Eagles. It was recorded at Island Studios in London, United Kingdom and released in 1973. Desperado is a concept album, based on the Dalton gang and the Old West.

デスペラードは、イーグルスのセカンドアルバム。1973年、英国ロンドンのアイランドスタジオでレコーディングが行われた。ドルトン・ギャング西部開拓時代をベースにしたコンセプトアルバムである。

The band members are featured on the album's cover dressed like an outlaw gang; Desperado remains the only Eagles album where the band members appear on the cover.Although the title track is one of the Eagles' signature songs, it was never released as a single.

バンドのメンバーはアウトローのギャングに扮し、アルバムジャケットを飾っている。メンバーがジャケットに登場した唯一のアルバムがデスペラードである。このタイトルトラックはイーグルスを特徴づける歌だが、シングルとしてリリースされたことは一度もない。(引用ここまで)
*******************************

上記の引用文中の青文字のところちょっと解説します。

Dalton gang について Wiki にはこう書かれていました。
The Dalton Gang was a group of outlaws in the American Old West during 1890–1892.
「ドルトンギャングとは1890年から1892年にかけて西部開拓時代に存在した無法者の一団である。」

そういえば、アルバムの1曲目に DOOLIN-DALTON という曲があります。
この Doolin とは ドルトンギャングに所属していた Bill Doolin という人のことのようです。

Old WestAmerican Old West(西部開拓時代)のことです。
西部開拓時代とは、19世紀(特に1860年代に始まり1890年のフロンティア消滅まで)における、北アメリカの時代区分の一つ。(Weblio より引用)

さてさて訳詞にまいります。^^

Desperado という曲は、シンプルな英語で書かれてあってわかりやすいのですが。。。

でも、実はとっても奥が深かったんです。039.gif

最初の You been out riding fences...
このフレーズは、最後の It may be raining に深く結びついているんです。
今回それに気づいてびっくりしちゃった。o(@.@)o

そのあたりも交えて、次回から力をいれて詞の内容を考察しています。
考察は2回ありますので、以下をクリックして読んでいただけたらうれしいです。♪

→ Desperado - The Eagles 訳詞考察(1回目)
→ Desperado - The Eagles 訳詞考察(2回目



このコンサートはいつのだろう。
すごく素敵です。
心にしみわたります。

***********************

Desperado


Desperado, why don’t you come to your senses?
You been out ridin’ fences for so long now


デスペラード
正気に戻ったらどうだい
もうずいぶん長いこと空をながめては思案しているようだね

Oh, you’re a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin’ you
Can hurt you somehow


全く気難しい奴だな
君なりの理由があるのは僕にもわかっているけど
君を喜ばせているそうした理由ってやつが
どういうわけか君を傷つけることだってあるんだよ

Don’t you draw the queen of diamonds, boy
She’ll beat you if she’s able
You know the queen of hearts is always your best bet

なあ、ダイヤのクイーンは絶対引くなよ
そいつに力があれば君をひっぱたくだろうね
いつだってハートのクイーンが確実なんだって知ってるだろう?

Now it seems to me, some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can’t get


ほらテーブルの上には
いいカードが並んで待っているように僕には思えるんだ
だけど君は手に入らないものを求めるばかりだね

Desperado, oh, you ain’t gettin’ no younger
Your pain and your hunger, they’re drivin’ you home
And freedom, oh freedom well, that’s just some people talkin’
Your prison is walking through this world all alone


デスペラード
時が遡るってことはないんだよ
君の痛みや飢え
それらが君を心休まる場所へと駆り立てる

そして自由、ああ自由か、そうだな
そんなこと話す奴もいるってだけのことさ
君は檻に入ってこの世を歩き回っているんだから
たった一人でね

Don’t your feet get cold in the winter time?
The sky won’t snow and the sun won’t shine
It’s hard to tell the night time from the day
You’re losin’ all your highs and lows
Ain’t it funny how the feeling goes away?


冬になると足が冷たく感じないかい?
空が雪を降らせることはなく、太陽も輝かないなんて
昼と夜を区別することも難しいんだね
心の浮き沈みというものを君は全て失いつつあるよね
そんな感覚がなくなってしまうなんておもしろいことなんかじゃないだろう?

Desperado, why don’t you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin’, but there’s a rainbow above you
You better let somebody love you, before it’s too late


デスペラード
正気に戻ったらどうだい?
柵から下りてきて門をあけなよ
雨が降っているかもしれない
だけど君の頭上には虹が広がっている
誰かに愛してもらうんだ
今ならまだ間に合うのだから。。。

Commented by Yu at 2014-05-04 20:42 x
Desperado、いい曲ですよね。20年近く前、当時大好きだった香港の歌手が日本でコンサートをして、この曲を歌ったのを思い出しました。どうでもいい話でした。詩の内容の解説も楽しみにしています。

私の連休の予定は明日ハーフ・マラソンに出るくらいです。今年最初のレースなので、ちょっと緊張しています。
Commented by ladysatin at 2014-05-05 19:11
Yuさん こんにちは。
連休はハーフ・マラソンですか。
頑張ってくださいね。
結果も楽しみです。(^^)

Desperado は本当に良い曲ですね。
詞の内容を読み解こうと思ってこのところ何度も聴いています。
もう暗記しちゃった。
解説をまた読みにきてくださいね。♪
Commented by tokyobeycats2011 at 2014-12-24 12:52
こんにちは。

クリスマスキャロルやクリスマスソングが沢山流れるラジオから、イーグルスのデスペラードと共に、現地のコンサートで、この曲がリクエスト曲として演奏され多くの方々が涙する姿を見て大好きな歌になったという谷村新司さんのエピソードを伝えてくれました。

デスペラードの歌詞の意味を訪ねて検索して、ブログにおじゃましました。今日は、先の衆議院解散総選挙を経て、新たな内閣の組閣に向けての首班指名も実施されますが、そんな折、政治を司る方々も、目先の利害関係や見果てぬ政治的野望ばかりに目を向けず、この国を守って下さった先人、今生きる市民、未来を託す子孫のためになる政治をと~~~歌詞の意味を知って、改めて思いました。

慌ただしい年の瀬、お身体御自愛下さい。
Commented by ladysatin at 2014-12-24 22:29
tokyobeycats2011さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。

谷村新司さんのエピソード素敵ですね。私のブログではこの記事のアクセスが一番多いのですが、この曲はシングルになったわけではないのに、本当に人気がある曲なんだと今さらながらに驚いています。皆さん色んな思いをもって聴かれているようです。

政治家の方の良い話は昔からあまり聞きませんが、信念をもっておられる方もきっといらっしゃるんだと思いたいですね。来年はどんな年になるでしょうか。

あと数日で今年も終わります。
tokyobeycats2011さんも良い年をお迎えください。
温かな言葉をありがとうございました。
とてもうれしかったです。(^^)
Commented by Worldさん at 2014-12-24 23:01 x
こんばんわ。
本日のSMAPの番組でこの曲が流れていたことを思い出して、久しぶりにいろいろな洋楽を漁っていました。
このページに来て自分なりの解釈とはまた別に、この曲の歌詞の意味を知れてとてもよかったです。「ならず者」がとても深い題名だということがよくわかりました。なんというか、とてもいい歌詞で貴方様の和訳もとても深い。。。
Commented by ladysatin at 2014-12-25 22:26
Worldさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
SMAPの番組で流れていたのですね。チェックしそこないました。残念。
Worldさんもこの曲がお好きなのですね。
毎日たくさんの方がこの記事に来てくださって本当にありがたく思っています。
このような素晴らしい曲は聴く方々がそれぞれに深い思いをお持ちだと思います。
私の解釈に対してそのように言っていただけたことがとてもうれしいです。

年の瀬のお忙しい時にこのようにコメントを書いてくださってありがとうございました。
また遊びに来ていただければ幸いです。
Worldさんも良い年をお迎えください。
Commented by 森のクマさん at 2014-12-26 20:46 x
こんばんわ。
とある所でこの歌を耳にして以来なんとなく懐かしい感じがして和訳を探していたところこのサイトを見つけました。
貴方の訳を知ってからのこの歌はより趣深く、年のせいか聞くだけで想起させるものがあり涙ぐんでしまいますw
素晴らしい訳をありがとうございました、良いお年を。
Commented by ladysatin at 2014-12-26 22:26
森のクマさん
はじめまして。コメントをいただきありがとうございます。
私の訳をそのように言っていただいて恐縮です。
と同時に大変うれしいです。

デスペラードは私も大好きな曲です。
考えてみたらもう40年も前の曲だということに今さらながら驚きます。
良い歌というのは時を超えてずっと人々の心に響くものなのでしょう。

年末のお忙しい時期にコメントを賜り、本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
Commented by ひなた at 2015-02-07 10:22 x
デスペラードを始めての知ったのは10年前、ピアノのアレンジのCDの中の一曲で、誰の曲なのか調べてみたらイーグルスだと知りまして。

とても素敵な曲で、仕事や人間関係がうまくいかなかったり、ミスしたり、自分に自身がないとき、この曲がいつも側にあったような気がします。
Commented by ladysatin at 2015-02-07 16:00
ひなたさん
コメントをありがとうございます。

この曲の記事は多くの方がアクセスしてくださり、大変うれしく思っています。
皆さんのコメントを読んでいますと、それぞれの方にこの曲に対する思いがおありなんだとわかり、感慨深いものがあります。

ひなたさんがお書きになっているように、この曲って優しく励ましてくれる感じがしますね。誰でも落ち込むことや失敗することもあるわけですが、そんなときに心を癒してくれる音楽の存在って、本当に大きいものだと思います。

素敵なコメントをありがとうございました。
Commented at 2015-11-03 08:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2015-11-03 21:06
星星さん
初めまして。コメントをありがとうございます。

星星さんは絵を描かれるのですね。希望、愛、勇気などを、どんなふうに絵の中に表現されるのでしょうか。
絵の中に様々な思いを込めてお描きになっているのだろうと思いました。

この歌の彼も誰かに愛される日がきますよね。きっと。
星星さんのコメントを読ませていただいていたら胸が熱くなりました。
素晴らしいコメントをありがとうございました。
Commented by どうよ東洋 at 2015-12-10 00:56 x
はじめまして。
Desperado の上手な日本語訳がないか探して、たどり着きました。
唐突なんですが、私の中で「ギター侍」の波田さんとDesperadoがリンクしまして…
記事に本ページをリンク貼らせていただきました。
もし御迷惑でしたら遠慮なくおっしゃっていただけますでしょうか。
心震える対訳で素晴らしいと思います。
Commented by ladysatin at 2015-12-10 22:59
どうよ東洋さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
私の記事をほめてくださり恐縮いたします。

リンクを貼ってくださったのですね。
迷惑だなんてとんでもないです。大変うれしく思っています。

どうよ東洋さんは東洋医学の専門医でいらっしゃるのですね。
ブログを拝見し、すごい方なのだなあと思いました。
少しずつ拝読いたします。

このご縁に感謝。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by しぁおうぇい at 2015-12-19 04:01 x
こんばんは(おはようございます??)、はじめまして。
イーグルスのデスクペラド、すてきですね!
訳の詩をfacebookに転載させていただきたいので、よろしくお願いいたします。
Commented by ladysatin at 2015-12-19 21:38
しぁおうぇいさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。

私の訳を facebook に転載してくださるとのこと、もちろん OK です。
しぁおうぇいさんのお友達にも読んでいただければ大変うれしく存じます。
こちらこそよろしくお願いいたします。
Commented by スターレス at 2016-01-19 18:43 x
本日(1月19日)、グレン・フライの訃報を聞きました。
無性に「ならず者」が聞きた、さらに訳詞が知りたくて
検索し、ここにたどり着きました。

私にとってイーグルスは、「ホテルカリフォルニア」ではなく、
「呪われた夜」であり「ならず者」です。

「ならず者」、曲も素敵ですが、詞も深いですね。
この曲を聴いて多くの米国の方が涙する、何となくわかるような気がします。

訳していただいた方、コメントを寄せていただいた方、ありがとうございました。

今夜は「ならず者」を流しながらG・フライのご冥福を祈ります、合掌。



Commented at 2016-01-19 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2016-01-20 01:04
スターレスさん
初めまして。ご訪問いただきありがとうございます。
Glenn Frey のこと、私も今日知ってとてもショックを受けました。

Glenn Frey は songwriter としても singer としても素晴らしかったですね。
私は彼の New Kid in Town を聴くといつもほっとするような気がしました。
Desperado はひときわ歴史に輝く名曲ですね。

私も彼のご冥福を祈ります。
Commented by ladysatin at 2016-01-20 01:10
GKpower さん
初めまして。コメントをありがとうございます。
私も含め The Eagles のファンにとって、今日は悲しい一日となりました。

リンクを貼ってくださったとのこと。
もちろん OK です。
私の記事を皆様と共有できて大変うれしいです。
ありがとうございました。
Commented by Cello at 2016-01-27 18:11 x
はじめまして。
初めてこの曲を知ったのはテレビ番組のBGM(ウルトラクイズだったかな?)。
どうしてもほしくなって録音を英語の教授に聴いてもらい、やっとCDを手にした時の感動を今も覚えています。
そして歌詞カードを開く…自分にこれ以上当てはまる歌詞の曲はないと思いました。
その後「Eagles最後の来日公演か」と言われた東京ドーム、アンコールで生で聴けたときは涙をこぼしてました。

様々な和訳を見て自分は励まされていますが、特にこちらで解説されている歌詞は前向きで、他よりも励まされる気がしてコメントさせていただきました。

Glenn Freyの訃報は私も驚きましたが、Desperadoはいつまでも自分の中に流れています。
先天性で不治の障害を持ちながらも、「音楽があるから生きようと思える」という私の中に。
Commented by ladysatin at 2016-01-28 21:32
Cello さん
始めまして。コメントをありがとうございます。

Cello さんにとって、この曲は励ましの曲なのですね。良い曲は人々に生きる希望を与えてくれます。
私も悩み落ち込むことが多々ありますが、好きなアーティストの曲を聴いて、また元気をもらうことが多いです。

人を勇気づけてくれる音楽って素晴らしい。

とても個人的なことまでお書きくださいました。
Cello さんがこれからも前向きに人生を歩んでくださいますよう、切に願っております。
私も頑張ります。
Commented by not too late at 2016-02-15 17:46 x
はじめまして。素敵な訳と解説、ありがとうございます。
(誰もがそうであるように)ならず者の彼の手を取り、彼女がいつでも自分の家に帰ってきていいのよ、あなたが傷ついた時は。と伝える歌のように感じました。
Your Prizon = freedom 、若い時に感じる『それ』に振り回されるその言葉にとらわれていると、ハートにベットできなくなる。
ladysatinさんのお陰でそんな風に感じました。
いい詩ですね。ありがとうございます。
Commented by ladysatin at 2016-02-16 15:52
not too late さん
初めまして。コメントをありがとうございます。

not too late さんは女性の視点からこの曲が書かれているようにお感じになったのですね。
確かに、母性を感じる詞のように思います。彼女は彼を陰から見守っているのでしょう。

皆さまのコメントを拝読していますと、様々な思いをもってこの曲を聴いておられることがわかります。
ひとつの曲がリスナーに与える感銘の深さに驚きます。

素敵なコメントをありがとうございました。
Commented by honda_stones at 2016-03-09 13:31
はじめまして…

すごく、参考になりました。
ありがとうございます。
Commented by ladysatin at 2016-03-09 19:44
honda stones さん
初めまして。コメントをありがとうございます。

参考にしていただけて大変うれしいです。
honda stones さんもエキサイトのブログをされてるのですね。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by ネモマン at 2016-05-25 00:46 x
英文法はよく分かりませんが、思うにDesperadoさんは薬物中毒で、ダイヤのクイーンはdrag queenの隠喩、you ain’t gettin’ no younger は薬物の影響で人間的な成長という意味で年輪を重ねることが止まってしまい(「いい年してもう若くないんだよ」ということが分からなくなってしまっている)、your prisonはこれまで何度も繰り返し刑務所に入っており、この世に生きる限り、どこへさまよい歩いたとしてもまた塀の内側に落ちる可能性がある、しがたって、You been out ridin’ fences for so long now とは、その塀の上を随分長い間綱渡りしているね、という感じを受けました。ちょっと深刻に過ぎる解釈でしょうか…
Commented by ladysatin at 2016-05-25 13:57
ネモマンさん
初めまして。コメントをありがとうございます。

ネモマンさんの解釈は大変ユニークだと思います。Desperado という曲には裏の意味があって、表現された言葉は比喩として使われているとお考えになったのですね。

私が訳をするときは、表現されている言葉をストレートに受け止め、それでストーリーが成立しないときは別の観点から考えるというやり方をします。

私自身は、この曲のメッセージは詞を読んでほとんど読み取れるように思い、上のような訳になりましたが、ネモマンさんの解釈を読ませていただいて、新たな解釈への新鮮な驚きを覚えました。

大変参考になりました。ありがとうございます。
Commented by 紅茶キノコ at 2016-06-06 10:05 x
https://www.youtube.com/watch?v=u9z5jxC2IWY

Daishi Danceが流して、韓国シンガーが歌うDesperado。訳が知りたくて、ここにたどり着きました。深い歌詞だったんですね~ なぜDaishi Danceさんがこの曲を選んだのか、また気になってきました。ありがとうございました。
Commented by ladysatin at 2016-06-06 15:49
紅茶キノコさん
初めまして。コメントをありがとうございます。

Daishi Danceさんのことは存じませんでした。日本の方なんですね。
リンク先を聴かせていただきました。素敵ですね。
検索してこのサイトに来てくださったのですね。
コメントまで残してくださって、こちらこそありがとうございました。
Commented at 2016-09-27 17:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2016-09-27 22:29
yasu さん
お久しぶりです。お元気そうですね。(^^)

私の訳詞の記事は、検索にかけるとトップに出るものが多いです。(嬉しい♪)
Desperado も毎日たくさんの方が読みに来てくださって、ありがたいです。

私も sit on the fence でピンときました。
何だかなぞなぞを解くような感じでした。

早速、動画を拝見いたしました。
yasu さんの訳は素晴らしいです。
とても自然に読めました。

yasu さんも最後を「まだ間に合うのだから」とされていて、私と感覚が同じなんだなってうれしくなりました。「手遅れにならないうちに」が直訳ですが、そうすると警告のように聞こえます。「まだ間に合うのだから」とすると、「心配しなくていいんだよ」という優しさが伝わるような気がします。

言葉の選び方って奥深いですね。
Commented at 2016-09-28 19:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-28 19:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2016-09-28 22:32
yasu さん
こんばんは。Peter Frampton は大好きでした。
Frampton Comes Alive! もってますよ♪

あのアルバムが大ヒットした頃、MUSIC LIFE に、よく当時の彼女とのツーショットが載っていました。ラブラブだった彼女への思いを込めたラブソングが Baby I love Your Way だったんだと思います。

Your Way…あなたの元へお届けします…これはダメかなと思います。スミマセン。 m(__)m
この Your Way は、先に書かれた「生き方、仕草」など、彼女が行う全てを指します。

君が僕を見つめるその瞳、笑顔、僕に触れるその手、おはようのキスなど、全てが好きなんだということを、I love your way で表現しています。しかも、every day 毎日です。来る日も来る日も、君のことが好きでたまらないんだと言っています。

And they're moving across the page
この they はその前の shadows のことです。across the page は、昼から夜に場面が切り替わる様を表現しているようです。その次に Suddenly the day turns into night. とありますよね。

それと your love won’t wait は、「君の恋は待ちきれないのだから」と訳されました。別の方もブログで「きみの愛はもう待てないんだから」と訳されていました。確かに主語は your love なのでそうなりそうですが、私は違う意見をもちました。人ではなく物が主語の場合は、違う意味にもとれます。ここの意味は、「君の愛を後回しにすることなんてできない」になるのではないかなと思いました。つまり、「今すぐ君がほしいんだ」ということです。

意見を求められるとズケズケ書いてしまいます。
私見ですので参考までにしていただければと思います。
気を悪くされたらごめんなさい。

start と begin の違いは後日書きますね。
Commented by yasu at 2016-09-28 22:43 x
ladysatinさん
ありがとうござます。

やっぱり、そうでしたか(^_^;)

Desperadoの"so long now"と同じで
"every day"のタイミングに合わせて言葉が入れられなくて、、、

作り直します。

頑張ります。

すごく嬉しい。

オヤスミなさい。(*^_^*)
Commented by ladysatin at 2016-09-29 15:36
yasu さん

Hey Jude を久しぶりに聴きました。
start と begin が使われていることに今頃気づきました。σ(^_^;)

start と begin にはニュアンスに違いがありますが、交換可能な場合も多いです。
この曲に限っては意味は同じものと思います。
使い分けをしているのは韻を踏むためではないでしょうか。

Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better
ここでは heart と start が韻をふんでいます。

The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better
ここでは skin と begin が韻を踏んでいます。

start と begin の違いについては、また皆さんと共有したいと思います。
近いうちに独立した記事を書こうかなと思っているところです。
Commented at 2016-10-04 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2016-10-05 12:46
yasuさん
動画をアップしてくださってありがとうございます。
素晴らしいと思いました。文句なしです。(^^)/

Sending Valentine love your way
あなたの元へバレンタインの愛を送ります

Valentine’s Day Your Way
あなたのやり方でバレンタインデーを過ごす

ということだと思いました。
Commented at 2016-10-06 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2016-10-08 12:20
yasuさん
You are welcome.
ところでリンク先は、音楽だけしか再生されませんでした。
スライドもあるのですか?
Commented at 2016-10-09 13:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ladysatin at 2016-10-10 12:15
yasu さん
今回は大丈夫でした。ロマンチックなスライドもとっても素敵でした。
ありがとうございます♪
Commented by そーずら at 2017-01-31 22:01 x
初めまして。大好きな曲の歌詞の意味を調べたくて、たどり着きました!
歌詞にとても深い意味があるということを知り、とても感銘を受けました。
自分のブログに、こちらのページを貼らせてもらいました。
後からのご報告で申し訳ありません。
たまたま、いまのご時世にあっていて、驚いています。
ありがとうございました。
Commented by ladysatin at 2017-02-01 20:09
そーずらさん
初めまして。コメントをありがとうございます。
リンクを貼ってくださったのですね。^^
そーずらさんのブログの読者の皆様にも、読んでいただけるとうれしいです。
こちらこそありがとうございました。
by ladysatin | 2014-05-01 17:36 | Music & English_2 | Comments(45)