heavy を使いたくないと言われて

今日は最近のお仕事の話題です。=^-^=

私は翻訳の仕事をしているのですが、量としては圧倒的に英→日よりも日→英が多いです。

日英翻訳の場合、ベースの日本語があってそれを英語に翻訳することが多いのですが、ときどき英文のリライトを依頼されることがあります。文法・語法ミスの修正や、より自然な英文への書き直しなどです。

それがね。今回のリライトの依頼は、そういった修正とはちょっと違っていました。
おもしろい依頼だったので書いてみますね。

*****************************

テレビの設置に関する内容です。

イラストには、テレビに取り付ける台座を、両手で持ち上げている男性が描かれています。
その下に英語で説明が書かれています。


英文は以下の通りです。

The pedestal is heavy. Hold it with both hands.
「台座は重いです。両手で持ってください。」

どうでしょうか。この英文は特に変なところはなさそうです。
メーカーの取説で昔から使いまわしてきた文のようです。

この英文を、そのメーカーの取説担当の方が書き直してほしいと言ってきました。
その理由は heavy を使いたくないのだとのこと。
何故かというと、heavy という単語にはネガティブさが漂っていると。。。

このコメントを読んで私は「そんなことはないでしょう~ (゚0゚)」と思いました。
heavy はニュートラルな言葉です。この単語自体にはネガティブさはないです。
「重い」という主観を表すとき、普通は heavy を使いますよね。

メーカーのご担当者も色々、考えたようです。
「heavy の代わりに weighty はいかがですか。」と一筆書かれていました。

weighty … ですか。。。
確かにこれも「重い」という意味ですね。
でも。。。あんまり見ない、いや見たことがない。
weighty を使うくらいなら heavy を使いますから。
だって、ユーザーは一般の人なんですもの。
weighty なんてもって回ったような言い方しなくてもよかろうに。

それと weighty を調べてみたら、weighty dictionary のように、名詞を前から修飾する限定用法しかないようです。weighty はやっぱり使えないみたい。

いずれにせよ、ご担当者はどうしても heavy を使いたくないご様子。
そんなに heavy がいやなのなら仕方がありません。
何とかしなくちゃですね~。

もう一度、元の英文を見てみましょう。

The pedestal is heavy. Hold it with both hands.
「台座は重いです。両手で持ってください。」

この文は、もうこれ以上どうすることもできないみたいですね。
そこでどうしようかなと思い、日本語の発想を変えることにしました。

そこで。。。

「両手で持ってください。」はひっくり返すと「片手で持つな」ということ。
どうして?「重たいから」。。。ああ、やっぱり「重たい heavy」になっちゃう。

もう一度!

「片手で持つな」は「片手で持てません」にしちゃう?
ほうほう。で、どうして?
「重たいから」。。。じゃなくて「その重さのために」としたらどう?
おお、これはいけるぞ。

「片手で持つことはできません」→ cannot be held by one hand

「その重さのために」→ because of its weight

いけたか?。。。いけたでしょうとも!

ということで、以下の文になりました。

072.gif The pedestal cannot be held by one hand because of its weight.
   台座は、重さがあるため片手で持つことができません。


「両手で持て」は、イラストが明瞭に表しています。
だから、注意書きとしてイラストの下にこの文を入れれば、ユーザーにわかるであろうと思いました。

さて、メーカーのご担当者に送ったところ。。。

「いいですやん。heavy も入っていないし。。。気に入りました!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪」

と言ってくださって、ほっ。。。としました。

ふぅ。042.gif 

こんな仕事が結構あります。

「あーせー、こーせー」と無理難題を言ってくる人々に、広い心で接する私なのでございます。

お客様は神様ですから。

ということで、本日は私の仕事のひとコマでございました。
Commented by Yu at 2014-02-05 20:10 x
こんばんは。翻訳の仕事ってよく分からないことが多いのですが、そういうこともあるんですね。生徒にするのなら、なるべく簡潔に書くように指導しますが、heavyを使わずにどう表現するかって、なぞなぞみたいですね。そういう経験を積んで上手な表現が身につくんでしょうね。
Commented by ladysatin at 2014-02-05 23:07
Yuさん こんばんは。

昨日までは暖かったのに、また今日は真冬に逆戻りですね。
風邪など引かれてないとよいのですが。

ほんとになぞなぞみたいでしょう?
おもしろい依頼でした。「heavy を使わないで表現してください。」と書いてあって、驚きました。いろいろ考えてあの表現になったのですが、お客様が喜んでくださったので私も「やれやれ」と思いました。ときどき「えっ」と思うことを依頼されることがあるので、そんなときは冷や汗です。

と言いつつ、一番楽しんでいるのは私自身かもしれません。(*^-^*)
Commented by Yu at 2014-02-07 22:44 x
こんばんは。おかげさまで風邪はひいていませんが、勤務している高校ではインフルエンザの生徒が増えています。ここ数日寒いですよね。

英語をあまり理解していないと思われる人から翻訳の指示があったときは、その人の指示になるべく沿うように翻訳するのですか?今回のheavyもそうだったのかなと思ったのですが、なるべく相手の指示を尊重して翻訳するのがプロなのでしょうね。

勤務する高校は進学校ではないので、頑張りたいと思う生徒にとってはいい環境とも言えます。教師を独占できますから。半年以上前から英検の指導をしてきた2年生の生徒が準2級の1次試験に合格しました。なかなか準2級に合格する生徒がいないので、とてもうれしく思いました。2次試験の指導は自信があるので、なんとか合格できるように手助けしたいと思っています。
Commented by ladysatin at 2014-02-08 15:33
Yuさん こんにちは。

今回の heavy の件は、おっしゃる通りであまり英語をご理解されていない方からのものでした。言われてみると heavy は「体重が重たい」とか「気分が重たい」とかあまり喜ばしくない場合に使う場合が多いのも事実ですね。おそらくそのイメージが先にきてしまい、ネガティブだと思われたのかもしれません。

ご担当の生徒さんが準2級の1次試験に合格されたとは、Yuさんもうれしかったでしょう。やはり教え子の良い話をきくと自分までうれしくなってしまいますものね。2次試験も頑張っていただきたいです。

またいつか書こうと思っていますが、以前、私は英検の面接委員をしていたことがあります。2005年に引っ越しをするまで2級、準2級、3級の面接を担当していました。今の評価システムはどうかわかりませんが、当時は面接委員の問いに10秒沈黙すると減点だったような記憶があります。

Yuさんの生徒さんには、緊張せず落ち着いて取り組んでいただきたいです。
合格されるとよいですね。
Commented by Yu at 2014-02-08 23:07 x
こんばんは。勉強に興味を持てない生徒が多い学校で検定に挑戦しようと頑張る生徒は頼もしく感じます。なんとか応援したいと思います。1次試験に合格したと知ったときは、当然うれしく思いましたね。生徒の努力が結果になったということですし、私がした指導もそれなりに役に立った、間違っていなかったということですから。

アドバイスありがとうございます。自信をもって2次試験を迎えられるように指導します。
Commented by ladysatin at 2014-02-09 15:33
2次試験の対策は模擬面接をされると思うので、生徒さんは安心すると思います。頑張ろうという思いが良い結果を生むのだと思います。面接にはリラックスして臨んでほしいです。
by ladysatin | 2014-01-31 22:31 | 日英 Translation | Comments(6)