a number of の意味知ってた?

英語人生は非常に長い私ですが、今頃自分の間違いに気付いたことがありました。

それがタイトルの a number of の意味です。

ちょっと恥ずかしいのですが、もしかしたらこれ読んでくださっている皆さんの中にも、間違って解釈されている方がいるかもしれないと思い、書くことにします。

先日、ある方(Aさんとしましょう)がa number of と the number of のあとにくる動詞が単数か複数かを、よく間違ってしまうということをお話されていました。

①The number of accidents (has been) steadily increasing in recent years.
②A number of students (were) studying very hard in the classroom even after school.

それで、①のThe number of accidentは「事故の数」だから単数の has been で受けて、②の A number of students は「多くの生徒 many students」という意味だから複数の were で受けるんですよねって、その場にいたBさんがお話をされました。私は「そうそう」とうなずいたのですが、それをきいていたCさんが 「a number of = manyって本当?違うと思います。several の意味です。」っておっしゃったのです。

「ええ~!several?私は a number of = many しか知らないよ。w(*゚o゚*)w」と心の中で叫んでしまいました。

a number of は昔々、高校生の時に「多くの」という意味で複数受けるのだと先生に教わって以来、それしか頭の中にありませんでした。

まあ、これを「馬鹿のひとつおぼえ」というのでしょうか?
私の故郷では「馬鹿のいっちょおぼえ」と言いますが。。。σ(^_^;)アセアセ...

とにかく、この際調べようと思い、a number of について調べました。

★まずジーニアス英和大辞典を見ると
「多数の」、「若干の」のいずれの意味かは前後の文脈によるが、(米)では「多くの」の意に用いるのが普通。いずれの場合も否定文・疑問文には用いられない。
(引用ここまで)


これ読んで「若干の」という意味があることに初めて気付いたわけです。
うーん、知りませんでした。(恥)

★また COBUILD を見ると
If there are a number of things or people, there are several of them. If there are any number of things or people, there is a large quantity of them.
(引用ここまで)


ああ、私は間違っていましたね。完璧に。
a number of = many ではないのです。いえ、ジーニアスには「多くの」とあるので間違いではないのでしょうが、COBUILD には一切 many の文字はありません。several の意味合いなんですね。

とどめはマーク・ピーターセン先生が解説されているということを知りました。

「表現のための実践ロイヤル英文法」の P.450に書いてあるそうです。
私はもっていないのですが、おもちの方はご覧になってみてください。

引用ここから)
たとえば、「喜んだ人が何人かいた」には、some、a number of、a few、several のどれでも使えるが、Some people were happy. とすると「喜んだ人もいた」といった感じになり、A few people were happy. とすると「喜んだ人もいたが、大した数ではなかった」といった感じになる。

この2つに対して A number of people were happy. と Several people ware happy. はどちらも「喜んだ人は〔数人しかいなかったが、それでも〕意外と多かった」といった感じで、「喜んだ人も結構いましたよ」というような場合によく使われる。
(ここまで)


ここまで読んでさらにわかったことは、 several の意味自体に「結構な数」というニュアンスがあるということです。話者の頭の中では、several は some より「多め」という感覚があるのでしょうね。

はふっ、とっても勉強になりました。
まだまだ修行が足りない私を自覚しました。

みなさんも思い込みにご注意くださいね。
by ladysatin | 2013-12-25 22:08 | 語法_English Usage | Comments(0)