come with me vs. go with me

今日は「おお、そうだったのか (*'0'*)」と思っていただける内容。。。かな?

come と go の違いについてです。

なあんだ。そんなの知ってるよ~とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

今日書くのは
参考書にはほとんど載っていない come とgo の違いです。(^0^ゞ

じゃ行きま~す。

一般に come と go の違いはこんな説明がされますね。
「come は話し手・聞き手のいる場所に近づく場合を表し go は話し手・聞き手のいる場所ではない別の方向へ遠ざかることを表す。」

言い換えると、目的地に聞き手がいる場合は come、いない場合は go ということになるのだけれど、果たして常にその通りなのかな?

下記の2つの文を見てみましょう。
1) Come with me to see the movie.
2) I'll come with you to the store.


これらの文について質問してきた人がいました。
「この2つの文では、聞き手は同伴していて、目的地には特定の対象者がいない。ゆえに go を使うべきではないか。」というものです。

なるほど、上記の理屈からいえば、1)と2)の文は go の方がよさそうに思えます。しかし、口に出してしゃべってみると、英会話に慣れ親しんでいる人にはわかるでしょう。

come with me
go with me
come with you
go with you


4つのフレーズをあげましたが、おそらくどれも違和感ないはず。

結論から言えば、目的地に特定の対象者がいるのかいないのかは関係ないのです。この場合は、何を重視しているかによって come でも go でも実は使えるんです。

come with と go with について、はっきりと説明してくれている辞書がありました。

プログレッシブ和英中辞典です。リンク貼っておきます。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/3/2na/04483600/

<例文>
I'll go with you as far as San Francisco. (サンフランシスコまでは、ご一緒に行きます。)

<解説>
「一緒に行く」という場合、同行することに重点を置いている時は come、目的地を主として考えている時は go を用いる。


まとめると
come with は、同伴者重視

go with は、目的地重視


きわめて明快。これ、覚えておくといいと思います。

もう一つ例をあげてみます。

I'll go to New York. Wanna come with me?

に対して

Yes, I'll come with you to New York. 「あなたとニューヨークに行くわ」
Yes, I'll go with you to New York 「一緒にニューヨークに行くわ」

こんな風に重点の置き方でニュアンスも変わるということなんですね。

(*^^*)
by ladysatin | 2013-11-29 21:11 | 語法_English Usage | Comments(0)