avoid の使い方

もうすぐ Golden Week ですね。
みなさんのご予定は?(^^)
私は故郷へ帰ります。まっ、すぐ戻ってきますが。

今日は英作文やりましょうか。

Golden Weekの話が出たついでに、こんな文を作ってみますね。

出張は、ゴールデンウイークの時期を避けて行ってください。

連休に出張に行く人はかわいそうですね。(p_q*)

ま、それはおいといて、この文をを英文にしてみましょう。

この文に「避けて」という箇所がありますね。
「避ける」といえば、すぐに思いつくのが avoid でしょうね。いいと思います。

その avoid を使う時は注意してねっていうお話をします。

「ゴールデンウイークの時期を避ける」は日本語では全く問題ないのですが、avoid は危険や望ましくないものが起こるのを避ける場合に使うのが第一義です。

なので、accident や risk of fire などを直接目的語にするのは正しい用法なのですが、「ゴールデンウィークの時期」というのは、一般に楽しい時期なので、これを目的語にして "avoid Golden Week holidays (×)" とはしないようにしてくださいね。

avoid を使う場合は日本語を咀嚼して「ゴールデンウィークの時期に出張することを避ける」という文がよいでしょう。

とすると試訳ですが
Please avoid travelling on business during Golden Week period.

このように travelling を目的語にするといいと思います。

Golden Weekがネィティブの方になじみのない表現であれば "during Japanese consecutive holiday(s) period in May" のように書いてもよいと思います。

avoid は動名詞をとり to 不定詞はとりませんのでこちらもご注意をくださいね。

もうひとつ avoid には「~に近寄らない=stay away from」という意味もあります。
「Johnには近寄らない方がいいよ。」というときは You should avoid John.
なんていう使い方があります。

※今思い出しましたけど avoid と prevent を気分次第で使っちゃう人がいますが、この二つは意味が違いますので注意が必要です。またそのうちに書きたいと思います。

皆様、良い連休をお過ごしくださいね。
by ladysatin | 2013-04-19 21:16 | 日英 Translation | Comments(0)